初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【レクサス】自動運転搭載のコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」を世界初公開

レクサスはデトロイトモーターショーで新型コンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」を世界初公開しました。Lexus LF-1 Limitlessは自動運転技術を搭載するクロスオーバーモデルで、将来的にPHEV・EV・FCV化を見据えています。

おすすめ関連記事

デトロイトモーターショーの出展車をチェック!

【デトロイトモーターショー2019】注目の出展車&出展予想まとめ

自動運転についてはこちら

自動運転とは?なぜレベル2が限界なのか?各レベルの定義を解説

レクサスが新型コンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」を世界初公開

レクサスは北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で、新型コンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」を世界初公開しました。

Lexus LF-1 Limitlessは、新しいラグジュアリーの方向性を提案するフラッグシップ・クロスオーバーです。
レクサスの次世代デザインの可能性を示すとともに、自動運転技術の搭載およびEV・FCV化を見据えて設計されています。

レクサスが提案する自動運転技術は、「4Dナビゲーションシステム」による、目的地までの運転操作を車両側が担う「ショーファーモード」です。
ナビに時間の概念を導入することで、状況に応じて休憩やレストランの提案、ホテルの予約などが可能です。

また、レクサスは2025年頃までに全モデルをEV化またはモデルラインナップにEVグレードを設定することを見据えています。
Lexus LF-1 Limitlessもガソリン、ハイブリッドはもちろん、プラグインハイブリッド(PHV)、さらには電気(EV)や燃料電池(FCV)を含めたパワートレーンの搭載を想定されています。

Lexus LF-1 Limitlessのイントロダクション

Lexus LF-1 Limitlessのエクステリア(外装)

クロスオーバーでありながら重心を低く感じさせるボディで、走りを予感させる力強いプロポーションを実現しています。

エクステリアデザイン(外装)は鍛え抜かれた日本刀にインスピレーションを受けており、どこから見ても流れるような動きを持つしなやかな造形です。

Lexus LF-1 Limitlessの外装ディテール

Lexus LF-1 Limitlessのインテリア(内装)

ドライバーのジェスチャーを検知することで操作を行うモーションコントローラーや、直感的なディスプレイ表示など、最先端のインターフェイスを採用しました。

シフトレバーをなくし、ステアリング上にパーキングやリバースなどを含めたシフト操作を集約させています。

リヤシートエンターテインメントシステムや快適機能などは、マルチオペレーションパネルで一括操作が可能。
後席はくつろぎの空間と高い利便性・快適性を両立させています。

デトロイトモーターショーに出展された注目の車についてはこちら

2018年の新型車情報はこちら

自動運転についてはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す