MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > その他 > 日本自動車初期品質調査 No.1はホンダ。J.D. パワー ジャパンが結果報告
その他

更新

日本自動車初期品質調査 No.1はホンダ。J.D. パワー ジャパンが結果報告

2020年8月19日、CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー ジャパンが2020年日本自動車初期品質調査の結果を発表しました。

この調査は、新車購入後2~9ヶ月経過したユーザーを対象に8分野233項目でユーザーの不具合経験を聴取。すべての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数として集計され、数値が低いほど品質が高いことを示しています。

J.D.パワー ジャパンは、ブランドにより品質改善状況にばらつきがあると報告。輸入車ではMINI、ボルボ、国産車ではマツダが大きく改善しているとのこと。また、調査対象となったほとんどのブランドで2014年よりも不具合指摘件数が減少し品質の改善が進んでいることも伝えています。この中で特に改善幅が大きいブランドは、MINI(69ポイント減)、ボルボ(56ポイント減)、マツダ(45ポイント減)だったとのこと。この3ブランドは競合に比べ、 品質改善の成果が大きく、 2014年調査よりブランドランキングを向上させていると伝えています。

車種別では上記のような結果となっています。

この他、調査結果の詳細はJ.Dパワー ジャパン公式サイトのリリースにてご確認ください。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード