MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

ニュース

更新

後で泣きを見ない、査定金額で損しないために!暑さが原因の衝撃トラブルとは

夏の日差しによってダッシュボードに異変も……

トラブルとまではいかないものの、イギリス車を新車で購入した筆者の知人は、夏の日差しが車にこんな影響を与えたと言っていました。

©Ivan Kurmyshov/stock.adobe.com

「2010年にイギリス製のセダンを新車で購入しました。その3年後の夏、車に乗り込もうとしたところ、ダッシュボードがわずかに変色、変形していることに気づいたのです。

ダッシュボードやハンドルには、本革が巻き付けられていましたので、おそらく日差しや熱で変形してしまったのかもしれません。ハンドルも一番上の部分が少し変色していました。

イギリス車に限らず、すべての車に言えることですが、特に外車は車内の質感を向上させるために、本革や木材などが使われることがあります。

そのような素材を使用している車を停めておく場合は、日差しを遮るためのサンシェードや布などを敷いて、直射日光が当たらないようにするといいのかもしれません。

屋根付きの駐車場であれば問題ないかもしれませんが、私の場合、毎週のようにゴルフに出かけていて、屋根のない場所へ頻繁に駐車していたことも影響しているかもしれません。」

その後、この知人は車を売却することにして、ドイツ車に乗り換えることにしたそうですが、売却時にダッシュボードの変形、変色が査定額に少なからず影響したかもしれないと話していました。

夏は様々なトラブルが発生しやすい時期であると同時に、夏休みでドライブへ出かけることも増えると思います。出かける前に、車に異常がないか確認してから出かけるようにしてください。

オプションで後悔した経験ない?

アイオニック5が車両保険に加入できないって本当?

「358」はどういった意味がある?

執筆者プロフィール
室井大和
室井大和
1982年生まれ。ライター歴6年、自動車業界9年。合わせて約15年。雑誌編集、記者、指定自動車教習所員資格保有。愛車はスズキスイフトスポーツ(33型)、BMW323i(E90型)、ジムニー(JB23型)。車はセダンではじ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード