MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 【最新モデル編】キャリア30年のオフロード乗りが心打たれたSUV・クロカン四駆
ニュース

更新

【最新モデル編】キャリア30年のオフロード乗りが心打たれたSUV・クロカン四駆

SUVがスタンダードなカテゴリーとなったことは、ある意味で自動車メーカーにとっては難しい局面となっていると言えます。かつてのSUVはやがてラダーフレームを捨て、ライトクロカンというカテゴリーを経て、現在のSUVへと進化してきました。

しかし、今やクロスオーバーと区別するラインはボディサイズだけとなっている感があり、ますます商品企画が難しくなっているのではないでしょうか。そんな中で、SUVの商品力のひとつとなっているのが「悪路走破性能」、つまりオフロード性能です。

あの腰高の箱形形状で、いかにオンロードを快適かつスポーティに走れるかという性能を追求してきたのが、SUVのこの20年。しかし、世界中の人の間で、自然回帰へのライフスタイルが再び広まっている中、SUVのオフロード性能も再び注目を集めています。

クルマのメカニズム、セッティングで言えば、オンロード性能とオフロード性能は相反する部分があります。その相反するものを解決に導いたのが、トラクションコントロールやテレインセレクトなどの電子デバイスです。

今回は、こうした電子デバイスなどの完成度も考慮した上で、現在発売されているクルマのなかから、筆者が欲しいと思うSUVを3台選びました。

e-BOXERが気持ちいい!ドライビングを楽むなら「フォレスター」

世界でも稀な水平対向エンジンメーカーとして、多くのファンを惹きつけているスバル。

かつてのような不等長ピッチエキゾーストマニホールドを採用していた頃の、ドロドロとした排気音はなくなってしまいましたが、日常ではボクサーエンジンを意識せずに乗れるのは、今のスバル車のいい部分なのでしょう。

そのスバルを代表するSUVが「フォレスター」。特に僕が気に入っているのは、「X-BREAK」というグレードです。

スポーティな配色と、アウトドアレジャーでの使用を意識した装備は、イマドキのアウトドアアイテムのような機能美を持っています。何よりも、2.0L直噴ガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e-BOXER」の気持ち良さは抜群です。

このハイブリッドシステムは環境性能を最優先したものではなく、モーターを新たな過給器として、気持ちのいいドライブフィールを追求したもの。特にSI-DRIVEをスポーツモードにした時のモーターアシスト制御は、ワンディングでのシフトチェンジやアクセルワーク、ブレーキングが苦手な人でも気持ち良く走ることができます。

フォレスターの4WDシステムは、ボクサーエンジンをコアとするシンメトリーな構造が特徴ですが、フォレスターの「X-MODE」は、各タイヤへの駆動トルクの配分や出力のコントロール、ブレーキングなどを自動制御してサポートします。

この電子デバイスには「スノー&ダート」と「ディープスノー&マッド」の2つのステージが選べるテレインセレクトに加えて、ヒルディセントコントロールが内包しています。

操作は至極カンタンで、センタートンネル上にあるダイヤルを軽く回すだけ。よく「切り替えたら、何か差が出るの?」と言われる方がいますが、これが結構変わります。

特にディープスノー&マッドでは、ブレーキLSDを強めにかけることで、普通ならノーマルタイヤではスタックしてしまうような路面でも、危なげなく走破できるのには驚かされました。

また、電子デバイスがドライバーの知らないうちに利いている…のではなく、適度に「いま介入して利かせていますよ」というのを、ドライバーに知らせてくれるのが、安心感に繋がっている気がします。

最低地上高は220㎜と十分で、オフロード走行に重要な車体の対地障害角(3アングル)も、十分に確保されています。ランドクルーザーのようなクロスカントリードライブは無理かもしれませんが、日本でありがちな路面の荒れた林道などは難なく走ることができます。

ハイブリッドSUVでありながら、価格も約300万円とお値頃。これで燃費が15km/Lほど走ってくれると、もはや申し分のないクルマです。

執筆者プロフィール
山崎 友貴
山崎 友貴
1966年生まれ。四輪駆動車専門誌やRV雑誌編集部を経て、編集ブロダクションを設立。現在はSUV生活研究家として、SUVやキャンピングカーを使った新たなアウトドアライフや車中泊ライフなどを探求中。現在の愛車は...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード