MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 新型フォード マスタング「マッハ1」伝統のマッスルV8・525馬力で16年ぶりの復活をスクープ!
新型車・モデルチェンジ

更新

新型フォード マスタング「マッハ1」伝統のマッスルV8・525馬力で16年ぶりの復活をスクープ!

2016年にフォードは日本から撤退しましたが、並行輸入ディーラーによって輸入販売がされており、国内では今もなお高い人気を保持しています。名車マッスルカー「マスタング マッハ1」が復活するとの米国フォードがプロトタイプを公表しました。その後、スペックなどのスクープ情報がMOBY編集部に入ってきました!

V8・5.0Lエンジンを搭載して復活か?

新型フォード マスタング マッハ1 プロトタイプ 公式リーク
フォードが公式リークしたマスタング「マッハ1」のプロトタイプ。フロントエンドが大きく変更されている。メッシュタイプのフロントグリルは両サイドに大きな円筒状のエアインテークを備え、バンパー下部両サイドにもエアインテークを備えているところが標準モデルと大きく異なるデザインになっている。
フォード マスタング 2020年モデル
北米を中心に販売中のフォード マスタング 2020年モデル。
新型フォード ムスタング マッハ1 ティザー
リア
キャビン内にはロールケージを配し、スパルコ製のスポーツシートが装備される。
リアエンドは大型で角度を強くつけたスポイラーを装備。4本出しエキゾーストパイプは大径化されている。
フォード マスタング 2020年モデル リアサイド
マスタング 2020年モデル
新型フォード ムスタング マッハ1 ティザー
ホイール・ブレーキ
ブレンボ製の大型キャリバーブレーキシステムを採用。タイヤはミシュラン パイロットスポーツ カップ2、複雑なデザインのマットブラックホイールを装着。

パワートレイン

パワートレインについてはフォードから発表されていませんが、MOBY編集部が入手したスクープ情報では、マスタング伝統のV8を採用、排気量は5.0Lで最高出力は525ps、最大トルクは610N・mになるとのことです。

発表時期

発表時期についてもフォードからの公式情報はありませんが、スクープ情報によると、2020年後半にワールドプレミアされる模様とのことです。

フォード マッハ1とは?

1969年型 フォード マスタング マッハ1 ファストバック
フロントサイド
1969年型 フォード マスタング マッハ1 ファストバック
1969年型 フォード マスタング マッハ1 ファストバック
リアサイド
1969年型 フォード マスタング マッハ1 ファストバック

アメリカの自動車メーカー、フォードが製造販売する「マスタング」は2ドアのスポーツカーで、1964年に初代モデルがデビューしています。デビューするや否や、多彩なエンジン、インテリアなどを自由に組み合わせるラインナップにより、あまりお金のない若年層から富裕層まで幅広く人気を獲得しました。

マスタングの現行モデルは2015年に新型となった7代目となります。そのうちいくつかの世代は日本でも正規輸入されており、2016年のフォード日本撤退直前も国内販売されていました。

「マッハ1」は2代目マスタングにスペシャルなハイスペックモデルとして追加ラインナップ、以降の世代で伝統的にラインナップされていましたが、6代目が最終となりました。本記事で紹介した次期新型マッハが2020年内にデビューすれば、実に16年ぶりの復活となります。

※マスタング次期新型のスクープの情報も入ってきています。詳しくはこちらからご覧ください。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!