MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > MINI JCW(ジョン・クーパー・ワークス)コンバーチブルの大幅改良をスクープ!
新型車・モデルチェンジ

更新

MINI JCW(ジョン・クーパー・ワークス)コンバーチブルの大幅改良をスクープ!

元はイギリスの小型車ブランド「MINI」、現在はドイツの高級車メーカーBMWが製造する、MINIのハイパフォーマンスバージョン「ジョン・クーパー・ワークス(JCW)・コンバーチブル」が大幅改良するようです。改良新型「クーパーS」とあわせた2モデルのコンバーチブルのプロトタイプが同時にスパイショットされ、スクープ情報とともにMOBY編集部に入ってきました。

ジョン・クーパー・ワークス(JCW)とクーパーSのコンバーチブルのダブルスクープ、フロントマスクを大幅刷新

改良新型MINI クーパーSとジョン・クーパー・ワークス(JCW)コンバーチブル プロトタイプ スパイショット
フロント・リアともに厳重なカモフラージュが施されており判別が難しいが、スパイショットを撮影したカメラマンによるとカモフラージュが薄い手前がクーパーS・コンバーチブル、奥がジョン・クーパー・ワークス(JCW)・コンバーチブルのようとのこと。背景画像がトリミングされているため、前回のMINI クーパーのスパイショット、スクープと同様、BMWのテスト施設内で撮影された可能性がある。
改良新型MINI ジョン・クーパー・ワークス(JCW)コンバーチブル プロトタイプ スパイショット
フロントマスクでは大型のエアインテークを備え、現行モデルより少し大型化したグリルになる模様。
MINIクーパーS 現行モデル
MINIクーパーS 現行モデル
(画像:BMWジャパン 広報)
改良新型MINI クーパーSとジョン・クーパー・ワークス(JCW)コンバーチブル プロトタイプ スパイショット
フロント
ヘッドライトのデザインも刷新される予定とのこと。
改良新型MINI クーパーSとジョン・クーパー・ワークス(JCW)コンバーチブル プロトタイプ スパイショット
ボディサイド
サイドマーカーが新デザインに変更されている。
改良新型MINI クーパーSとジョン・クーパー・ワークス(JCW)コンバーチブル プロトタイプ スパイショット
リア
リアコンビネーションランプ、リアバンパーのデザインも変更される様子とのこと。バックライトはエキゾーストパイプ上部へ移動されている。

パワートレイン

パワートレインは現行モデルに搭載される、BMW製直列4気筒2.0Lガソリンターボエンジンを改良新型にも継承、クーパーSの最高出力は240PS、最大トルクは330N・mへパワーアップされるといううわさもあるとのことです。現行モデルのジョン・クーパー・ワークス(JCW)の最高出力は、306PSとなっていますが、改良新型ではどうなるかの情報はありませんでした。

発表時期

改良新型MINI クーパーS・コンバーチブル、ジョン・クーパー・ワークス(JCW)・コンバーチブルのデビューは、両方ともに2021年前半の予想とのことです。

MINI クーパーS/ジョン・クーパー・ワークス(JCW)とは?

MINI クーパーS 現行モデル
MINI クーパーS 現行モデル
(画像:BMW ジャパン 広報)

イギリスの名車「MINI」のブランドは2001年にBMWの傘下となり、通称「BMW MINI」がデビューしています。現行モデルのMINIは2013年にフルモデルチェンジを受けた3代目(BMW・MINIとして)で3ドアと5ドアのハイスペックモデルが「Cooper(クーパー)」で、さらに性能向上をしたモデルが「クーパーS」、またさらに性能向上した最強モデルに「ジョン・クーパー・ワークス(JCW)」の名が与えられます。「ジョン・クーパー」はMINIの開発者の名前でモータースポーツでも高名となっています。当時、ボディの小さいMINIが世界的なラリーを制したことは自動車の歴史に刻まれています。

現行モデルMINI クーパーS・コンバーチブルの新車車両価格は、448万円、ジョン・クーパー・ワークス(JCW)が540万円となっています。

※2020年に発売が予想される新型車をカレンダー形式でこちらにまとめています。続けてご覧ください。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム