MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > キャンプもEVで!テスラのサイバートラックにソックリなトレーラー発売
新型車・モデルチェンジ

更新

キャンプもEVで!テスラのサイバートラックにソックリなトレーラー発売

EVに電力供給できるキャンピングトレーラー「P17A」が発売!

アメリカ・カリフォルニアのポリドロップ社は、キャンピングトレーラー「P17A」を発売しました。

見た目のインパクトが大きいですが、最も特筆すべきは屋根のソーラーパネルで発電し、牽引するEVに電力を供給機能を持っているということ。

トレーラー自体も軽量かつコンパクトで、小型~中型のEVでも牽引することができます。

もちろん、EVでなくともスポーツカーやセダン、コンパクトカーといったあらゆる車種で牽引可能。

大型のキャンピングカーやキャンピングトレーラーが主流のアメリカにおいては、一歩先をゆく異色のキャンピングトレーラーといえそうです。

カヌーが新型の完全EVピックアップを発表!キャンピングカーにも変身

まるで宇宙船!スタイリッシュでクールなデザイン

「P17A」は軽量化にこだわってアルミ仕上げ。直線を基調とした先進的なデザインは、まるで宇宙船のよう。

宇宙船っぽいキャンピングトレーラーといえば同じくアメリカの「エアストリーム」が老舗ですが、ポリドロップの「P17A」は宇宙カプセルのような雰囲気。ガルウィングドアも個性的です。

夢の超高級キャンピングトレーラー!銀の幌馬車「エアストリーム」

ホテルのようなオシャレな室内。簡易キッチンも追加可能

室内は大人2人がくつろげるベッドルーム。外観とは異なる、少しレトロな雰囲気があります。

テントを張って寝泊まりするのではなく、ホテルのような快適な空間でゆっくりしたいという人におすすめです。

小型クローゼットや5箇所の収納スペース、ベッド上の取り外し可能テーブルなど、便利な装備も充実。

エアコンやヒーター。インバーター、12Vシガーソケット、USBポートなどが一体になったコントロールパネルも標準装備されています。

太陽光パネルはEVだけでなく、トレーラー本体の床下に備えられているバッテリーにも電力を供給。フル蓄電状態から室内のエアコンを6日間付けっぱなしにできるという点も実用的です。

オプションで簡易キッチンや内蔵Bluetoothスピーカーも追加可能。

キッチンは車内外どちらからでも使用できるうえ、キッチン専用の収納スペースも追加されます。

ホンダのキャンピングカー「N-CAMP」が女子に大人気!人気のカスタマイズカーの魅力

価格は25,000ドル(約270万円)から!

ポリドロップの「P17A」の価格は24,990ドル(約270万円)。

オプションの簡易キッチンモジュールは1850ドル(約20万円)、内蔵Bluetoothスピーカーは500ドル(約54万円)です。

テスラ サイバートラック

テスラが発表した「サイバートラック」にそっくりなので、ぜひともサイバートラックに「P17A」を牽引してもらいたいものです。

テスラ サイバートラックの最新情報はこちら!

豪華すぎるキャンピングカーの装備がガチすぎてヤバい!

Appleが開発中の「アップルカー」最新情報はこちら!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (14枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード