MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 新型レンジローバー イヴォーク コンバーチブル日本で発売!SUVオープンカーを徹底解説
新型車・モデルチェンジ

更新

新型レンジローバー イヴォーク コンバーチブル日本で発売!SUVオープンカーを徹底解説

レンジローバー・イヴォークとはどんな車?

元となるレンジローバー・イヴォーク クーペ

レンジローバー イヴォーク クーペ 外装 2016年型

本記事で紹介するランドローバーのレンジローバー・イヴォーク・コンバーチブルの元となったイヴォークはSUVクーペの先駆けともいえるモデルです。ルーフの傾斜が強いデザインを採用しています。
レンジローバーはランドローバーの上級車種が冠するモデル名ですが、イヴォークはレンジローバーの中で最もコンパクトで最も安い価格帯(5,020,000円~)となっています。

イヴォークには5ドアと3ドアモデルがあり、3ドアモデルは「イヴォーク クーペ」という車種名が与えられています。クーペの名の通り、5ドアモデルに比べて、ルーフの傾斜がより強くなっており、独特のスタイルをつくりだしています。

新型レンジローバーイヴォーグに関してはこちら

新型レンジローバーイヴォーク最新情報!次期モデル発売日は2018年か?

オープンSUVについてはこちら

オープンSUV・SUVカブリオレってあるの?現行車から開発中まで全車種紹介

ライバル車になると噂の「X2 コンバーチブル」はこちら

BMW 新型X2カブリオレも登場!SUVオープンカーの価格やスペック・発売日は?

ランドローバーに関して詳しくは以下の記事をご覧ください!

【自動車の歴史】ランドローバーの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

ランドローバーの現行車種って全部で何種類?全て一覧で価格と特徴を紹介!

イヴォーク・コンバーチブルのエクステリアデザイン

クローズ状態

オープン状態

レンジローバー イヴォーク コンバーチブル 外装 2016年型

今や3ドアの車自体、買い手を選ぶ時代。その上、イヴォークコンバーチブルはルーフに幌を纏った非常にニッチなモデルとなっています。

イヴォークコンバーチブルはソフトトップでありながら、オリジナルのイヴォークが持つ、流れるようなスタイリングはしっかりと受け継がれています。

このソフトトップは時速48kmまでであれば走行中でも、21秒でオープン、18秒でルーフを格納することができます。

イヴォーク・コンバーチブルの内装・インテリアデザイン

レンジローバー イヴォーク コンバーチブル 内装 2016年型
レンジローバー イヴォーク コンバーチブル 2016年型 内装
レンジローバー イヴォーク コンバーチブル 2016年型 内装

イヴォークコンバーチブルのインテリアはレンジローバーらしいラグジュアリーな室内空間となっています。インパネに装備された10.2インチの大型モニターやイグニッションに連動して浮き上がってくるシフトダイヤルなど、高級車らしいギミックが至る所に施されています。

また、オープンカーの安全装備である後部座席後方のロールオーバーバーは横転を感知すると瞬時に作動する格納式なので、普段はスッキリとした後方視界が確保されています。

オープンカーの呼び方と意味の違いを解説!カブリオレ,コンバーチブル,ロードスター,スパイダーとは?

イヴォーク・コンバーチブルのユーティリティ

「3ドア」、「オープンカー」といえば実用性はネガティブな印象がありますが、コンパクトSUVであるイヴォークコンバーチブルはどうなのでしょうか。

同ブランド最小のSUVということもあり、開発陣は快適な居住空間を確保するために相当苦労したと言います。その甲斐あってイヴォークコンバーチブルは空間効率に優れたモデルとなっています。

後部座席は2名掛け

後部座席についてはオリジナルのイヴォークが3人掛けのベンチシートを採用していたのに対して、イヴォークコンバーチブルは2人用の独立シートを採用しています。前席と同じような豪華なシートが奢られているためロングライドも快適です。

また、十分な居住スペースが確保されているのでルーフがクローズ状態でも押し込められているような閉塞感はありません。

さらにトランクスルー機構が備わっているので、長尺物の積載や荷室へのアクセスも可能となっています。オープンカーは「狭い、不便」といった常識を覆しています。

日常使いでは十分なスペースのトランクも

レンジローバー イヴォーク コンバーチブル 2016年型

トランク開口部はオープンカー故にどうしても面積が狭くなってしまいます。しかし、ルーフの開閉に関わらず、オープンカーとは思えない251Lという普段使いでも十分な収納スペースが備えられています。

イヴォーク・コンバーチブルのボディサイズ

全長:4,385mm
全幅:1,900mm
全高: 1,650mm
最低地上高:210mm
車体重量:2,020kg

全長は日本でも気兼ねなく扱えるサイズです。
しかし、横サイズが1,900mmとやや気になるので、細い路地裏などには迷い込まないようにしたいですね。

オープンカーが欲しい人へ!デメリットや後悔、おすすめポイントは?

パワフルな2Lターボエンジンを搭載

カタログ燃費は9.6km/L

日本での価格は765万円から

イヴォーク・コンバーチブルのエンジンスペックは以下のようになっています。

エンジン:直列4気筒ターボ
排気量:1998cc
最高出力:240ps/5,500rpm
最大トルク:34.7kg・m/1,750rpm
トランスミッション:9速AT
最高速:209km/h
0-100km/h加速:8.6秒
燃費(JC08モード):9.6km/L

【新車価格】7,650,000円~

ボディの補強が入っているため重量はオリジナルに比べてそれなりに重くなっています。それでも、パワフルな2Lターボエンジンの恩恵でトルクフルかつスムーズな加速が行るようになっています。スポーティなスタイリングに恥じないスペックを備えていますね。

イヴォーグ コンバーチブルが欧州で人気!

ランドローバーの販売台数記録に貢献

レンジローバー イヴォーク コンバーチブル 2016年型

ジャガーランドローバー社は2016年8月、36,926台を販売し過去最高記録を達成しました。この数字は前年比でプラス26%となります。北米や欧州、中国での販売を伸ばしているようです。

イヴォーグ コンバーチブルも1200台が販売され、この販売台数記録に大きく貢献しています。欧州や北米での成功のように日本でもSUVコンバーチブルがヒットするのか、注目です。

イヴォーク・コンバーチブルで新たな冒険へ

日本でも受注開始!街で見れる日も近い

レンジローバー イヴォーク コンバーチブル 外装 2016年型

レンジローバーの新型イヴォークコンバーチブルはいかがでしたか?

SUVでありながらオープンというコンセプトは理解が難しい部分もあるかもしれません。しかし、雪原を駆け抜けたり、荒れた道を走ったりと、通常のオープンカーでは成し得ないことを実現しています。

イヴォークコンバーチブルは今までにない新しいカーライフを提案してくれる一台ではないでしょうか。

おすすめの関連記事!

SUVのオープンカーとは?現行車種とコンセプトモデルを一覧紹介!

ランドローバーの新型レンジローバースポーツクーペは11月に発表予定!ライバルはBMWX6!

外車&国産人気おすすめオープンカー全車種一覧比較&中古車情報|トヨタもホンダも日産も軽も

加速の速いSUVランキングTOP5|世界最速のSUVはスポーツカー顔負け?

すべての画像を見る (11枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード