MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > フェラーリ・ポルトフィーノ|発売日やスペックと価格は?
新型車・モデルチェンジ

更新

フェラーリ・ポルトフィーノ|発売日やスペックと価格は?

フェラーリ・ポルトフィーノ

フェラーリ・ジャパンは、2月19日に最新のV8GTモデル、ポルトフィーノを発表しました。

オープンスポーツ「ポルトフィーノ」は、V8エンジンを搭載したオープンスポーツです。

「ポルトフィーノ」という車名は、イタリア北部に位置する美しい漁村を由来とし、同社が2014年に発売した「カリフォルニアT」の後継車種となります。

フェラーリ・ポルトフィーノの公式動画はこちら

ポルトフィーノの注目ポイント

ポルトフィーノの注目ポイントは、以下の4点となります。

・カリフォルニアTの後継車種
・600馬力のV8ターボエンジンを搭載
・最高速度は320km/h以上
・クラス初の電動パワーステアリングを搭載

ポルトフィーノは、先代モデルであるカリフォルニアTと比較して、さまざまな面での大幅なパワーアップを果たしているようです。

フェラーリ・ポルトフィーノの外装(エクステリア)デザイン

ポルトフィーノの外装デザインは、フェラーリ・デザインセンターが手がけました。
開閉式のハードトップを持つボディは、連続した滑らかな曲面で構成され、視覚的な美しさと空力的に優れたボディ形状を両立しています。

シャシーは完全に新規設計となっており、カリフォルニアTからの大幅な軽量化を実現しました。
また、最新鋭の製造技術を導入することで、ボディシェルの全コンポーネントを再設計し、ねじれ剛性も大幅に強化されています。

フェラーリ・ポルトフィーノの外装

フェラーリ・ポルトフィーノの正面

フェラーリ・ポルトフィーノのホイール

ポルトフィーノのボディサイズ

全長全幅全高
4,5861,9381,318
ホイールベース車両重量(乾燥重量)乗車定員
2,6701,5454
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ポルトフィーノのリトラクタブル・ハードトップ

フェラーリ・ポルトフィーノの魅力でもあるルーフは、走行中でも格納することが可能なリトラクタブル・ハードトップです。
もちろん走行中と行っても稼働する速度帯は制限されていますが、低速走行中に自動でルーフを格納してくれるのは見どころでしょう。
急な雨や天気の変化に見舞われてもたった14秒でオープントップからクローズトップに変身するのは便利です。

https://www.youtube.com/watch?v=TC4J2ei8YHA&feature=emb_title

フェラーリ・ポルトフィーノの内装(インテリア)デザイン

フェラーリ・ポルトフィーノの運転席

フェラーリ・ポルトフィーノのハンドル

フェラーリ・ポルトフィーノのセンターコンソール

ポルトフィーノの内装には、10.25インチのタッチスクリーンを持つインフォテインメントシステムや、乗客用の専用ディスプレーが装備されます。
また、ルーフの開閉状態に関わらず、快適性を向上させたという新エアコンも採用されました。
シートも18通りの調整が可能な電動シートとなっています。

その他、前部座席の背もたれに新デザインを採用することで、後部座席の足元スペースを格段に拡げるなど、細かい点においてもカリフォルニアTからの改善があるようです。

フェラーリ・ポルトフィーノのトランクルーム

フェラーリ・ポルトフィーノのパワートレイン

フェラーリ・ポルトフィーノのエンジン

3.9L V型8気筒ターボエンジンを搭載

ポルトフィーノのパワートレインには、3.9L直噴V型8気筒ガソリンターボエンジンが搭載されます。
最高出力は、カリフォルニアTに搭載されていたエンジンから40ps向上して600psとなり、最大トルクも5Nm向上して760Nmとなりました。
その最高速度は320km/hにも達し、0-100km/h加速のタイムは3.5秒となっています。

上記の性能を実現するにあたって、ポルトフィーノのV8エンジンは新設計コンロッドやピストンの導入、インテークシステムの設計見直しなどにより、全面的に効率が改善されました。
また、ターボラグ(ターボの遅延)をゼロに抑え、自然吸気エンジンのようなレスポンスを実現しています。

カリフォルニアTを上回る加速・燃費・レスポンス

ポルトフィーノには、ギアごとにターボのブースト圧を最適に調整するシステム「バリアブル・ブースト・マネジメント」が搭載されています。
このシステムの搭載により、ポルトフィーノはすべてのギアにおいて最大限の力を発揮することが可能です。
加速と燃費性能においても、カリフォルニアTを上回っています。

また、第3世代の電子リアディファレンシャル(E-Diff3)を、F1マシンからのフィードバックを受けたトラクションコントロール(F1-Trac)と組み合わせることで、限界域におけるコントロール性を改善しました。

さらにポルトフィーノは、このクラスとしては初となる電動パワーステアリングも搭載しており、E-Diff3と統合制御することで、ステアリングレスポンスを向上させています。

ポルトフィーノのパワートレインスペック

エンジン種類 V型8気筒DOHCツインターボ
排気量 3.9L
最高出力 600PS/7,500rpm
最大トルク 760N・m/3,000-5,250rpm
トランスミッション 7速DCT
駆動方式 FR
使用燃料 ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

先代モデルであるフェラーリ カリフォルニアTとは?

カリフォルニアT

フェラーリ カリフォルニアT

カリフォルニアTとは、フェラーリが2014年から製造・販売しているオープンスポーツです。
2009年に発売された「カリフォルニア」の発展型であり、車名のTはターボを意味しています。
パワートレインには、3.9LのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載しており、ポルトフィーノに搭載されるエンジンは、これを改良したものとなります。

フェラーリ カリフォルニアTについてはこちら

フェラーリ・ポルトフィーノの発売日は?【予想】

カレンダー 日程 発売日
©Shutterstock.com/ Laborant

ポルトフィーノは、2017年9月から受注開始されており、納車時期は2018~2019年になると予想されます。

フェラーリ・ポルトフィーノの新車価格

⾃動⾞ローン

先代モデルであるカリフォルニアTの価格が、2,450万円に設定されていました。
今回のポルトフィーノの新車価格は、2530万円~となっています。

ポルトフィーノはフェラーリ好きなら注目必須な車

フェラーリ 新型 ポルトフィーノ

カリフォルニアTを、全てにおいて上回る性能を持つというポルトフィーノ。
フェラーリ好き、スポーツカー好きなら、期待せざるを得ない注目モデルだと言えるでしょう。

今後のフェラーリの動向にも目が離せません。

フェラーリの・車に関連する記事はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (13枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事