MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > ランエボ復活?それともギャランVR-4?ガスタービンPHEVの新型デビューか?
三菱・ギャラン VR-4 新型予想CG
新型車・モデルチェンジ

更新

ランエボ復活?それともギャランVR-4?ガスタービンPHEVの新型デビューか?

バブル期真っ最中に三菱が世に送り出したハイテクセダン「ギャラン VR-4」が復活するかもしれないというスクープ情報とともに、予想CGがMOBY編集部に入ってきました!

ガスタービンPHEVを搭載か?

三菱・ギャラン VR-4 新型予想CG
三菱・ギャラン VR-4 新型予想CG

フロントマスクは三菱の共通デザイン「ダイナミック・シールド」でスポーティーでアグレッシブな印象。薄型のLEDヘッドライトを採用しフロントバンパーには大型の開口部と、アンダースポイラーを装備。フロントとリアの両方のフェンダーは膨らみがありタイヤハウスが張り出した押し出しの強い迫力のあるデザインに。ボディサイドには、LEDライトで加飾されたディフューザー、アンダースカートもそれに合わせてデザインされています。

パワートレインは、2019年開催の東京モーターショー2019で世界初公開された「MI-TECH CONCEPT」に搭載されると言われたガスタービンをエンジンにしたPHEV(プラグインハイブリッド)が搭載されると予想されています。

三菱 mi-techコンセプト 東京モーターショー2019
東京モーターショー2019で日本初披露された三菱 mi-techコンセプト
(MOBY編集部撮影)

ギャラン VR-4の復活は、海外の自動車ニュースサイト「CARSCOOPS」もスクープしていました。ランエボ(ランサーエボリューション)の車名復活の可能性も高く市販化に期待が高まります。

ギャラン VR-4とは?

三菱・ギャラン VR-4
三菱・ギャラン VR-4 (パブリック・ドメイン 出典:wikipedia.org

1987年にデビューした6代目ギャランの最上級スポーツセダンに名付けられたのが「VR-4」。この数字の4は、4バルブ、4WD、4WS、4IS、4ABSを「アクティブ・フォー」と称した当時のハイテクを結集して搭載していることを意味しています。

当時、直列4気筒エンジンとしては最強の最高出力205psでデビュー、以降、マイナーチェンジの度に出力アップし、最終モデルでは240psまでに引き上げられました。また、市販車としては世界初となる電子制御式アクティブサスペンションを採用したことでも注目を集めました。ハイパワースポーツセダン四輪駆動車のVR-4の後世は「ランサーエボリューション」にバトンが渡されました。

ランサーエボリューションとは?

ランサーエボリューションは前述の「ギャラン VR-4」ハイパワー四輪駆動スポーツセダンの血を受け継いで、1992年にデビュー。軽量なボディにハイパワーエンジン、フルタイム4WDという武闘派のスポーツセダンとして非常に高い人気を博しました。モデルチェンジは3回、途中改良は繰り返され、バージョンは10まで上げられました。最終型は「ランサーエボリューション X」、2015年4月に限定発売された特別仕様車「ファイナル・エディション」の発売を持って生産が終了しました。このランエボの生産終了は、三菱自動車のセダン生産、開発の終了にもなりました。

その他新型車の最新情報はこちら!

スバル新型BRZに続報が!?

トヨタランドクルーザー新型情報

トヨタMR2も新型登場か?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード