MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 軽自動車「ハッチバック」人気ランキング全4車種&評価口コミまとめ
新型車・モデルチェンジ

更新

軽自動車「ハッチバック」人気ランキング全4車種&評価口コミまとめ

MOBY編集部インターネット調査チームが総力を挙げて軽自動車「ハッチバック」について、2019年通年販売台数から人気ランキングを作成、各モデルの試乗評価やユーザーの声をインターネットから徹底情報収集しました。

軽ハッチバック人気ランキング(2019年通年)

順位メーカー名車名販売台数
1ダイハツミラ94,527
2スズキアルト72,033
3トヨタピクシス24,103
4スバルプレオ プラス4,371

全国軽自動車協会連合会が発表した2019年の通年販売台数ランキングから、ハッチバック車に絞って紹介します。どの車種もJC08モードでは1Lあたり30.0Km以上の燃費を記録する経済性が特徴です。

【1位】ダイハツ・ミラ(94,527台)

ダイハツ・ミライース第2世代
現行モデル発売年月:2017年05月09日フルモデルチェンジ
ミラ 新車価格:85万8,000円~145万2,000円
画像は、ミラ イース G“SAⅢ”

長年親しまれたダイハツ ミラシリーズですが、オリジナルの「ダイハツ ミラ」は2018年に惜しまれながら生産終了が発表されました。ダイハツの軽自動車エントリークラスは、現在はダイハツ ミライースに引き継がれています。モデルチェンジでさらなる軽量化を果たした、実用燃費や安全装備を装着しても比較的低価格で購入できる点に評価が集まっています。一方で、高速走行時のロードノイズが気になるという声もありました。燃費の良さや普通車に比肩する安全装備への高い評価がよく見られます。

【2位】スズキ・アルト(72,033台)

スズキ・アルト第8世代
現行モデル発売年月:2018年12月13日マイナーチェンジ
アルト 新車価格:73万7,000~168万6,300円
画像は、アルト40周年記念特別仕様車 Lリミテッド

スズキの軽エントリーモデルとなるスズキ アルトは、「原点回帰」をコンセプトにしたデザインが反響を呼びました。大幅に軽量化されながらも車体の突き上げも少なく、基本に忠実に作られた車という声が見られます。基本性能がしっかりしている一方、カタログ燃費と実燃費の乖離を指摘するレビューもありました。車体の軽さを活かした加速の良さや燃費の良さへの評価が多く見られます。

【3位】トヨタ・ピクシス(24,103台)

トヨタ・ピクシス エポック第2世代
現行モデル発売年月:2017年5月12日
新車価格:85万8,000~136万4,000円
画像は、ピクシスエポック G“SAⅢ”(2WD)

「トヨタの軽」として2011年から展開されているピクシスシリーズ。車両はトヨタ独自開発ではなく、ダイハツからのOEMです。画像のピクシスエポックはダイハツ ミライースがベースになります。650kgと軽量化された車重の恩恵を受け、NAエンジンでもパワフルに走れる走行性が評価を受ける一方、ロードノイズが気になるという指摘もありました。燃費の良さや想像よりもゆったりした前後座席にも満足という声が見られます。

【4位】スバル・プレオ プラス(4,371台)

スバル・プレオ プラス第2世代
現行モデル発売年月:2017年5月9日
新車価格:91万3,000円~137万5,000円
画像は、Gスマートアシスト

スバル プレオプラスもトヨタ ピクシスエポック同様、ダイハツ ミライースのOEM車です。ミライースの改良に準じ、安全性や走行性能などが強化されています。長距離ではカタログ以上の燃費を記録するといった燃費の良さを評価する声が見られました。

この記事の執筆者
MOBY編集部 第2グループ

関連キーワード