MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ランドローバー > ディフェンダー > 新型ディフェンダー日本上陸!車好きではない人にも伝えたい9つのポイント
ディフェンダー

更新

新型ディフェンダー日本上陸!車好きではない人にも伝えたい9つのポイント

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

6月16日に日本国内発売開始の公式発表がYouTubeのライブ配信で行われました。情報量の多い新型ディフェンダー、筆者が9つのポイントに絞ってお伝えします。

このオンラインイベントでは“笑わない男”稲垣啓太選手がランドローバーのブランドアンバサダーに就任、司会者からの意地悪な質問に答えています。その模様はこちらの記事をご覧ください。

① 3ドアショートボディ「90」と5ドアロングボディ「110」の2タイプ

ちなみに「110」は『ワンテン』と呼びます。

見出しのとおりの2つのボディタイプがラインナップされています。数字はホイールベースのインチ数となっています。このラインナップと車名の付け方は初代ディフェンダーからの伝統です。

両モデルともに2列5人乗りが標準、「110」はオプションで3列目シートを追加して乗車定員を2人増やすことができます。

② 可愛らしく力強いデザイン

水平と垂直のラインで構成されたわかりやすいデザインで力強さを演出しながら、愛らしい丸形ヘッドライトで可愛らしさも演出しています。

ヘッドライトだけを見ると、ちょっと瞼を閉じた眠そうな目
動物。
渡河性能については後述

③ ボディサイドに実用性を兼ね備えたアクセントデザイン

浮いているピラーからランドローバーは「フローティング・ピラー」と呼んでいるとのこと。(オンラインイベントYouTubeからのスクショ)

リアサイドウィンドウに正方形に近い太いピラーがあります。このピラーの中心線をそのままボディ下部へ落とすと、ちょうど後輪の中心線と重なるデザインとなっています。これは、安定感を演出する効果ももたらしているとのことです。

そのピラーにはオプションで収納ボックスが取り付けられるようになっています。このボックスは防水、内部は水洗い可能で水抜き用の栓も備えています。アウトドアに何かと便利なアイテムです。

ルーフキャリアへアクセスするはしごもオプション設定。

④ インテリアは無駄を配したシンプル設計、先進のインフォテイメントシステムを備える。

国内発売モデルは、右ハンドルの設定のみ。
助手席側のインパネの裏側は構造材となっており、悪路でスタックしたときなど、助手席側のドアを開けてインパネを押して脱出などという使い方も可能。

ランドローバー車はクリーンでシンプルで洗練されたデザインを特徴としています。新型ディフェンダーはランドローバーの中で最もシンプルなデザインと言えるでしょう。

標準機能でSpotifyアプリ、天気予報アプリ、Googleカレンダーアプリに対応、Apple Carplay、AndroidAutoも対応したタッチパネル式インフォテイメントシステムを備える。

⑤ ボディ剛性は10倍になったモノコック構造

新型ディフェンダー国内発売オンラインイベントの冒頭で挨拶と商品紹介をする、本国ランドローバー・プロダクト・ディレクターのニック・ロジャース氏。右に映り込むのは初代ディフェンダー。(オンラインイベントYouTubeからのスクショ)

これまでのディフェンダーは、ラダーフレームを採用していました。自動車の歴史で言えば、ラダーフレームが先発、後からモノコック構造が登場の順番になります

ラダー(はしご)フレームは頑丈ですが重たくなり、高速走行時の直進安定性などに優れない難点があります。クロカン4WD、オフローダーと呼ばれる四輪駆動車、SUVは高速走行性能より、悪路走破性、耐久性を重視するため、現行モデルでもトヨタ ランドクルーザースズキ ジムニージープ・ラングラーなどはラダーフレームを採用しています。

新型ディフェンダーは、本格的なオフローダー四輪駆動車ですが、オールアルミニウムで軽量化されたモノコック構造を採用。そのボディ剛性は従来の10倍とニック・ロジャース氏は伝えています。

⑥ 水深90cmの川を走行可能

冒頭でも書きましたが、エアサスペンション装備車で90cm、コイルサス装備車で85cmの渡河水深能力を有しています。それも長い距離を走行できるように設計されています。

⑦ 意外と速いぞ!0-100km/h加速8.0秒、300馬力。ディーゼルは「乞うご期待」

バリバリのオフロード車の新型ディフェンダーですが、高速道路のクルージングも問題なさそうです。エンジンは直列4気筒2.0Lガソリンで最高出力は300ps、最大トルクは400N・m、0-100km/h加速は8.0秒、最高速度は191km/hのカタログスペックとなっています。

新型ディフェンダーの欧州仕様ではディーゼルもラインナップされています。しかし、発表された新型ディフェンダーには、ディーゼルの設定はありませんでした。視聴者からはディーゼル導入についての質問があり、広報担当者は「本国と調整しています。期待してください。」とのことでした。

ディーゼルが出たら買う、という声がライブ配信中の視聴者が書き込みにもありました。

⑧ 豊富なパッケージとアクセサリー

アウトドアを重視したパッケージから、シティ派のパッケージまでのライフスタイルの合わせた4つのパッケージを設定、さらに豊富なアクセサリー・オプションを設定。情報量多すぎるので、詳しくは公式サイトで。

⑨ 意外に安いぞ!エントリーモデルなら499万円!中心は600万円台

「90」のベーシックグレードは税込499万円ちょうどの価格設定となっています。中核グレードは600万円台、てんこ盛りのファーストエディション(限定車)で90が739万円、110で820万円の価格設定となっています。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、新型コロナウィルスの影響による新しい生活様式に対応するため、オンライン商談ができるサービスを展開しています。

以上、新型ディフェンダーを9つのポイントに要約してお届けしました。近いうちにメディア向け試乗会の開催を広報担当が考えているとのことでしたので、続報をお楽しみに。

↓新型ディフェンダー ジャパンプレミア収録動画(1時間3分)

https://www.youtube.com/watch?v=9GX1EbvuKt8
すべての画像を見る (15枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!