MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > ヒョンデ アイオニック6にホットモデル追加?『N』が追加で打倒タイカンGTS?
新型車・モデルチェンジ

更新

ヒョンデ アイオニック6にホットモデル追加?『N』が追加で打倒タイカンGTS?

ヒョンデの新型BEV『アイオニック6』に高性能モデル追加?

2022年6月28日に韓国の自動車メーカー『ヒョンデ』が、新型バッテリーEV(BEV)の新型車『アイオニック6』のデザインを公開しました。

BEV専門ブランドの『アイオニック』のシリーズ第2弾モデルとして登場するアイオニック6は、繭から着想を得たインテリアや流線型のボディなど、ユニークなデザインを採用するEVです。

2022年7月にワールドプレミアを予定しており、より詳細な情報の公開を控えていますが、そのアイオニック6にヒョンデパフォーマンスモデルを示す『N』が追加されるかもしれません。

アイオニック6のデザイン公開!

ニュルで鍛えた走りに期待…アイオニック6N

出典:drive.com.au

ヒョンデのハイパフォーマンスブランドであることを示す『N』は、第1弾『i30N』が2017年に登場しました。Nは、ヒョンデのR&Dセンターがある南陽郡と、ドイツのサーキット『ニュルブルクリンク』に由来する高性能ブランドです。

海外メディアがアイオニック6に追加される『N』の姿として描かれたモデルが公開されています。

『アイオニック6N』では最高出力430kW、最大トルク740Nmを誇るパワフルなBEVになると言われており、ポルシェのBEV『タイカン』に迫る性能を発揮するとも予想されています。

保険会社はヒョンデお断り?うわさの真相

ヒョンデとラリーのつながりが感じられる?

出典:drive.com.au

アイオニック6のデザインで特徴的な2段式のリアスポイラーは、アイオニック6Nでさらに大型化。

ヒョンデのモータースポーツ活動で得た知見や技術が投入される『N』らしく、往年のラリーカーを思わせるシルエットとなっています。

報道しない自由?日本では称賛ばかりのアイオニック5が炎上

日本人の韓国離れ?日本では人気がない韓国車は世界では人気?!

「メイド・イン・ジャパンはもはや『低スペック』の代名詞」日本メーカーは勝ち目ある?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード