MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 新型ヒュンダイ「i20N」デビューをスクープ!WRCと同じく市販車でもライバルはGRヤリス
新型車・モデルチェンジ

更新

新型ヒュンダイ「i20N」デビューをスクープ!WRCと同じく市販車でもライバルはGRヤリス

韓国の自動車メーカー、ヒュンダイのコンパクトハッチバック「i20」に新たにラインナップ追加となるハイパフォーマンスモデル「i20N」がデビューするようです。プロトタイプのスパイショットとともに、スクープ情報がMOBY編集部に入ってきました。

ライバルはGRヤリスか?最終デザインが明らかとなる

新型 ヒュンダイ i20n プロトタイプ スパイショット
フロント
ドイツ・ニュルブルクリンクで高速テストを行う、ヒュンダイ i20N プロトタイプをスパイショット。
ヒュンダイ i20 現行モデル
ヒュンダイ i20 現行モデル
(画像:ヒュンダイ 広報)
新型 ヒュンダイ i20n プロトタイプ スパイショット
フロントとサイド
今回のスパイショットされたプロトタイプは、カモフラージュが大幅に削ぎ落とされている。ベースモデルとは異なるデザインの六角形グリルが初めて露出したとのこと。
新型 ヒュンダイ i20n プロトタイプ スパイショット
ボディサイド
車高はローダウンされ、深いサイドスカートと赤のブレーキキャリパーが確認できる。
新型 ヒュンダイ i20n プロトタイプ スパイショット
リアサイド
インテリアでは、スポーツシート、スポーツステアリングホイール、カーボンファイバーのトリムなどが採用されるよう。
新型 ヒュンダイ i20n プロトタイプ スパイショット
リア
リアエンドでは、ベースモデルと同じデザインのLEDリアコンビネーションランプ、i20N専用のリアウィング、アウディRSシリーズを彷彿とさせる楕円形の大型エキゾーストパイプ、バンパー下のディフューザーなどとアグレッシブなデザインとなっている。

パワートレイン

パワートレインは、最高出力200ps以上とされる直列4気筒1.6Lガソリンターボに6速MTの組み合わせ、駆動方式は前輪駆動となるようです。また、リミテッド・スリップ・ディファレンシャルも装備される可能性があるとのことです。

発表時期

ヒュンダイ i20Nのワールドプレミアは最速で2020年内、ないしは2021年初頭の予想とのことです。デビューすればライバルはトヨタの「GRヤリス」、フォルクスワーゲン「ポロ GTI」あたりとなる模様です。

ヒュンダイ i20 とは?

ヒュンダイ i20 WRCマシン
ヒュンダイ i20 WRCマシン
(画像:ヒュンダイ i20)

i20はヒュンダイのBセグメントに属するコンパクトカーで、2008年にデビューしています。ボディサイズは全長4mを切り、全幅は1,7m程度とトヨタ・ヤリスとほぼ同じボディサイズとなっています。

i20はWRC(世界ラリー選手権)に参戦しており、ライバルのトヨタ・ヤリスなどとともに戦っています。

※2020年に発売が予想される新型車をカレンダー形式でこちらにまとめています。続けてご覧ください。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!