MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 太陽光で100km近い走行が可能!新型EV「ハンブル・ワン」予約受付開始
新型車・モデルチェンジ

更新

太陽光で100km近い走行が可能!新型EV「ハンブル・ワン」予約受付開始

実用的な太陽光発電が可能な新型EV

ハンブル ワン(Humble One)

2021年3月28日、米カリフォルニア洲を拠点とするスタートアップ企業「ハンブル・モータース(Humble Motors)」が、太陽光発電SUV「ワン(One))」の予約受付を開始しました。

ハンブル・モータースはワンを世界初の太陽光発電SUVであると伝えています。

ワンの航続距離は約800km。ルーフと窓に約7.65平方メートルのソーラーパネルを搭載し、日中は最大約97kmもの充電が可能とのことです。

当然ながら、AC充電及びDC充電といった従来のEV通りの充電も可能です。

ソーラーパネル自体は新しい技術ではない

トヨタ プリウスPHV(2016年)
トヨタは世界初のソーラー充電システムを備えると伝えている

ソーラーパネルを備えた車はワンが初めてではなく、トヨタ プリウスPHVなどもオプションで採用しています。

しかし、発電量はごくわずかで、航続距離にそれほど影響するものではなかったため、広く認知されているとはいえません。

それに対してワンは太陽光発電で100km近い走行が可能であるため、従来のものと比べてかなり実用性が高いと言えます。

詳細なスペックは未公開

ワンのスペックの多くは明らかにおらず、現在公表されているのは以下表の数値のみとなっています。

走行性能

航続距離500マイル(約800km)
最高出力1020馬力
抗力係数0.25

ソーラーパネル

搭載位置ルーフ/サイドライト/
助手席ドア/ウイング
総面積80平方フィート
(約7.65平方メートル)
走行可能距離10〜60マイル/日
(約16km~100km/日)

価格は1,200万円から

冒頭でもお伝えしたとおり、ワンはすでに予約の受付を開始しています。

ベースグレードの価格は税抜で109,000ドルで、日本円に換算すると約1,200万円ほど。かなり高額な部類に入ります。

予約金はすでに20億円以上に

ハンブル・モータースによると、予約注文はすでに22億円を上回っているとのこと。ベースグレードの価格に換算すると、180台ほどの受注があったということになります。

デリバリーは2024年初頭を予定していると伝えています。

すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード