MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 航続距離1,600kmの3輪EV「アプテラ」量産に向け4,000万ドル調達に成功
新型車・モデルチェンジ

更新

航続距離1,600kmの3輪EV「アプテラ」量産に向け4,000万ドル調達に成功

アプテラが量産に向け4,000万ドル調達

2021年製造された3台のプロトタイプ

電気自動車メーカーのアプテラ・モーターズが2022年6月、ソーラー電気自動車「Aptera(アプテラ)」の生産を今年後半に開始するために4,000万ドル(約53億円)を調達したと発表しました。

アプテラ・モーターズ(Aptera Motors)は、2005年に設立された米カリフォルニア州を拠点とするスタートアップ企業です。創業から2度の経営破綻を経て、2019年に再び再編成。そこからアプテラの開発するための資金調達を開始し、現在に至ります。

正式な発売はまだですが、2020年後半にはアプテラの初期生産モデルが予約開始から24時間で完売したとアナウンスされています。

BTTFで知られる「デロリアン」がイタルデザインとタッグを組んで復活

アプテラとは

アプテラはソーラー充電が可能なバッテリー式電気自動車です。前輪が2つ、後輪が1つの3輪自動車で、小型飛行機から着想を得た近未来的な外観が特徴。

ボディ素材にはカーボンファイバーなどを用いており、大型3Dプリンターで製造することで生産コストの低減を実現しています。

アプテラの内観

内部は2シーターで大人2人とペットが1匹が乗車でき、インパネ中央には15インチの大型ディスプレイを備えています。

2021年公開された3台のプロトタイプでは室内空間の拡大や、足回りの改良などが施されました。

アプテラの詳細はこちらから

現時点で日本発売はなさそう

米国の行動を走行するアプテラ

アプテラのボディサイズは、全長4,368mm全高1,447mmだけみるとコンパクトなのですが、全幅が2,235mmと規格外の横幅。間違いなく日本の道路には適しておらず、かつEVインフラが発展途上なことを考えると、日本市場への導入は今のところ考えられません。

なお、現地での価格はエントリーモデルの40kWhモデルが25,900ドル(約345万円)、最上級モデルの100kW版で4万4900ドル(約597万円)です。

日本でも発売した韓国EV「アイオニック」、驚愕スペックには裏がある?

「性差別的な車」と批判?女性ユーザーに寄せに寄せた中国EV

カッコ良すぎる近未来SUV、価格は1,200万円とかなり高額

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード