MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 【号外?】2022年メルセデスベンツV型8気筒モデルの販売停止文書がリークされる
ニュース

更新

【号外?】2022年メルセデスベンツV型8気筒モデルの販売停止文書がリークされる

昨今、様々な変化が激しい自動車業界ですがまたしても大きなニュースがありました。それはMBUSA(Mercedes-Benz USA)においてV型8気筒エンジンを搭載した2022年モデルの販売が停止される予定というもの。果たしてその真相は?最新ニュースをお届けします。

2022年モデルのV8エンジンを生産停止する内部文書が話題に

出典:wikipedia.org Author:MikesPhotos from Pixabay CC0

ニュースの発端は海外の自動車愛好家コミュニティサイト「reddit.com」。

サイト内のスレッドに「メルセデスは、2022年に米国市場向けにほぼすべてのV8エンジンが停止されると発表しました。」という衝撃的な書き込みがされ、海外で瞬く間に話題となりました。

詳しく見ると、メルセデスベンツが米国で展開するV型8気筒エンジン搭載車のうち、ほぼすべての2022年モデルを販売停止する予定であるという内容で、実際にディーラーに提供されたメモを証拠として持っていると主張しています。

出典元:jalopnik

海外メディアもこのフォーラムの内容を取り上げているものの、V型8気筒モデルの生産停止が一時的なものなのか永続的(つまり今後生産しない)なのかについては、現時点ではメルセデスベンツからの返答もなく不明であるとしています。

生産停止の理由について

画像はBR205エンジン

MBUSA(Mercedes-Benz USA)における突然のV型8気筒モデル生産停止については、様々な原因が考えられますが、ここでは半導体不足や内燃機関に対する規制強化について解説します。

半導体不足の問題

新型コロナウィルス感染症の影響から工場閉鎖などを行った結果、半導体不足が発生しているニュースは周知の通り。この半導体不足が今回のV型8気筒エンジンモデルの供給停止に繋がったと一部では指摘されています。

自動車産業を取り巻く規制の問題

もう一つは、自動車のカーボンニュートラル化に伴う高効率エンジンから電動化への流れ、またはその変化に伴う様々な内燃機関車に対する規制強化です。

欧州連合(EU)では2035年までにEU域内の新車供給をゼロエミッション車( ハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)もNG)にするといったかなり厳しい方針を明らかにしています。

投稿サイトでは現地ディーラーとのやりとりが明らかにされている

パソコンに向かう人
©beeboys/stock.adobe.com

reddit.comでは、現地ディーラーとのやり取りも書き込みされているのが確認できます。

E63Sセダンの注文をしていたユーザーがE53に変更されたといった書き込みや、「S580」「S580マイバッハ」を除くほぼすべての2022年V8モデルが生産停止という通達の真意をディーラーに確認したところ「現状では一時停止か永久的な生産停止か分からない」との回答があったなどがあります。

いずれにしても、今回のニュースはアメリカ国内における話であり、またメルセデスベンツから公式な発表はまだされていません。今後のメルセデスベンツの動向に注目が集まります。

その他の最新情報

出るか?マツダ渾身のスポーツカー!

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

マツダの大本命!最も売れたマツダのSUV、CX-5のモデルチェンジは近い?

トヨタのフラッグシップミニバンもフルモデルチェンジ間近?

市販モデルがリーク!日産フェアレディZは2021年8月発表決定!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード