MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 通園バス内に3歳女児が約5時間置き去りに 死亡確認
ニュース

更新

通園バス内に3歳女児が約5時間置き去りに 死亡確認

車内での熱中症による死亡事故が発生

2022年9月5日、静岡県牧之原市で、認定こども園の駐車場に停めていた通園バスの車内にて、3歳の女の子が意識不明の状態で発見され、病院に運ばれましたがおよそ1時間半後に死亡が確認されました。

警察は、5日の登園からおよそ5時間も置き去りにされていた可能性があるとみて、詳しく調べています。

車内には8人が乗車していたが…

イメージ画像

通園バスは18人乗りの大型ワゴン車で、冒頭でお伝えした通り園付近の駐車場に停められていました。発見したのは園職員で、園児を自宅に送り届ける際に気が付き、警察に通報したとのこと。

5日朝の送迎では70代の理事長が運転しており、女の子を含む6人の園児と70代の女性の派遣職員の合わせて8人が乗車していたといいます。

理事長はこの件に対して謝罪するとともに、いつもバスから全員降りていることを確認していて、なぜ園児が車内に残されていたかは不明だと説明しています。

今回のような事故は過去にも

今回のように車内に取り残されたことによる死亡事故は、過去に福岡県でも発生しています。

これを受けて国は全国の保育園や幼稚園などに対し、登園時には複数の職員で子どもの人数を確認するなど、安全管理の徹底を求める通知を出すことで再発防止を図っています。

当時は最高気温30度を超える真夏日

イメージ画像
@scottchan/stock.adobe.com

なお、5日の牧之原市は最高気温が30.5度にも達する真夏日。

炎天下における車内は非常に高温になります。JAFの検証によると、晴天かつ外気温35℃の状況下において、昼12時から16時の4時間、車内温度を測定したところ、15時には55℃を超えたといいます。

窓を3cmほど開けた状態であっても15時の時点では約45℃と、脱水症状や熱中症を招く恐れがある非常に危険な環境であることに変わりはなかったとのこと。3歳の女の子であればなおさら危険な状況です。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード