MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 「屋外退避を」米運輸省要請…ヒョンデと起亜の28万台が車両火災のおそれとリコール
ニュース

更新

「屋外退避を」米運輸省要請…ヒョンデと起亜の28万台が車両火災のおそれとリコール

韓国の自動車メーカー『ヒョンデ』『起亜』で約28万台のリコール

ヒョンデ パリセード

韓国の自動車メーカー、ヒョンデおよびその傘下の起亜は、アメリカ国内で2022年8月18日までに2つのSUVモデルのリコールを発表しました。

リコールの対象となっているのは、2019年4月から2022年5月までに製造されたヒョンデ パリセード245,030台と、2019年1月から2022年8月までに製造された起亜 テルライド36,417台の合計281,447台です。

過去にもリコール…韓国車の品質は大丈夫?

米運輸省が「修理するまで屋外に駐車を」と要請

車が停まっている駐車場

また、このリコールを受け、アメリカ国内で自動車交通の安全管理を受け持っている米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は、リコールの対象となっているヒョンデ パリセードと起亜 テルライドの所有者に対して要請を出しました。

NHTSAはこの2台の所有者に、車の修理が完了するまで、家やほかの建造物から離れた屋外に駐車するように呼びかけています。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード