MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 日野自動車のエンジン不正問題、小型トラックにも影響拡大へ
ニュース

更新

日野自動車のエンジン不正問題、小型トラックにも影響拡大へ

日野自動車のエンジン不正が拡大

2022年8月22日、日野自動車のエンジン不正問題について、今年3月と8月に公表済みの内容に加え、新たにエンジンの排出ガス認証申請に関わる追加不正行為が、国土交通省の立ち入り検査を通じた指摘で判明しました。

日野が開発を行ってきた平成28年排出ガス規制(ポスト・ポスト新長期規制)対象の車両用エンジンの全機種を対象に、同社が行った排出ガス性能の劣化耐久試験で以下の事項を明らかにしています。

  1. 各測定点において排出ガス測定を2回以上行う必要があるにも関わらず、測定回数が不足している測定点があった
  2. 劣化補正値の算出の際、それらの測定データを使った算出が求められるにも関わらず、各測定点で1回分の測定データにより算出していた

日野の国内トラック車種がほぼ消滅

出典:日野自動車公式ウェブサイト(2022年8月22日時点)

今回の不正発覚を受け、日野自動車は国内市場向けの小型トラック「日野デュトロ(2019年5月以降)」の出荷を停止します。対象台数は76,694台(※7月末時点の累計登録台数)です。

日野 デュトロ Z EV ウォークスルーバン型(2022年)

そうなると、2022年8月22時点で国内で購入できる日野自動車のトラック車種は「デュトロ Z EV」の1車種のみとなります。

トヨタ系のOEM車種にも影響

トヨタ ダイナ カーゴ 2トン積系(2021年)
トヨタ ダイナ カーゴ 2トン積系(2021年)

なお、デュトロと同じエンジン「N04C(HC-SCR)/2019年モデル」を搭載する「トヨタ・ダイナ」および「トヨタ・トヨエース(2020年3月まで販売)」の2トン積系についても対象となります。

トヨタは「現時点で、日野による技術検証では、排出ガス規制値超過の可能性は認められておりませんが、対応の要否を含め、日野側で引き続き確認を進めております。」としています。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード