MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > ドアを開けたら隣のクルマに激突!ドアパンチ被害の対処法と防止策とは?
ニュース

更新

ドアを開けたら隣のクルマに激突!ドアパンチ被害の対処法と防止策とは?

本格的な寒さが到来し、冬の風が吹きすさぶ季節になりました。そんな時期に気をつけたいのが、強風によってドアが隣の車にぶつかってしまう「ドアパンチ」です。

特に、春や冬などの季節の変わり目には強風が吹きやすいうえ、気温が下がる冬は空気の密度が大きくなり、風が重く感じることも。車を停めてドアを開けたとき、思った以上に風が強くて、ドアが持っていかれた経験がある人もいるでしょう。

ドアパンチはよく起きるトラブルです。どんなことに気をつければ、ドアパンチの被害を未然に防ぐことができるのでしょうか?

強風時は大人でもドアを支えるのが困難

JAFでは、風速20m/s、30m/s、40m/sの風を人工的に起こし、子ども・30代女性・40代男性が、それぞれドアを開けたまま支えることができるかどうかをテストしています。

子どもの場合、風速20m/sでドアを支えることができませんでした。大人2名は、風速20m/sではなんとかドアを支えられたものの、40代男性は風速30m/s、30代女性は風速40m/sで支えることができなくなりました。

同時に、それぞれの風速でドアが隣の車にぶつかった際、車にどれほどのダメージを与えるかという実験もされています。

風速20m/sの場合は少しへこむ程度でしたが、30m/s、40m/sになるにつれて、へこみ具合が大きくなり、30m/sからは塗装が削られるほどの傷も伴います。車へのダメージは、車種や直撃箇所によっても変わってきますが、板金修理が必要となる可能性が非常に高いです。

実験結果から分かることは、強風時は大人であっても開けたドアを支えることは難しいということです。

夏などに発生する台風でも、暴風域では30m/s近い風が吹くこともあり、ドアパンチによる車へのダメージは非常に大きくなりますので、慎重にドアを開けることを心がけましょう。

また、子どもは風速20m/sでもドアを支えられなくなったことから、子どもが同乗しているケースでは、より注意が必要です。ドアが風にあおられ、車から転落する可能性もありますので、大人が先に降り、外からドアを開けるなどの工夫が必要となります。

ドアパンチ被害の対処法

©︎pandaclub23/stock.adobe.com

強風時にドアが勢いよく開いてしまい、ぶつかってしまった際は、どのように対処すればよいのでしょうか。

駐車場で起こりやすい事故とはいわれていますが、実際には加害者の特定が難しいため、被害を受けた側は「泣き寝入り」になることも多いようです。

そうならないためにも、自分が加害者・被害者になった場合の対処法について確認しておきましょう。

自分が加害者となってしまった場合

傷の大きさに関係なく、車の所有者に謝罪し、相手の車のナンバー、名前、住所、連絡先を聞いたら警察へ連絡して対応してもらいましょう。そして、自分が加入している保険会社へ一報を入れます。

車へのダメージがそこまで大きくない場合、当事者間の話し合いで解決しようとするケースもありますが、修理金額を水増しされたりなどのトラブルになることもあります。

示談で済ませる場合でも、保険会社を通したほうが確実といえるでしょう。

自分が被害を受けた場合

誰にドアパンチされたか分からない状況であっても、まずは警察へ連絡しましょう。

「交通事故証明書」を作成しておけば、後々加害者が出頭したときに連絡がきます。加害者が名乗り出た後の処理をスムーズに行うためにも、警察への連絡は忘れないようにしてください。

また、保険会社への連絡も忘れずに行いましょう。契約の内容によっては、相手が不明でも修理代が支払われることもあります。

ドアパンチを防ぐための対策グッズもおすすめ

日頃から少し気をつけるだけでも、ドアパンチはある程度防止できます。

風の強い日は、ドアを開けるときにドアグリップを持つのではなく、ドアの縁(ドアヒンジの反対位置)を持つだけでも、風に持っていかれることは非常に少なくなります。

また、駐車スペースでも、隣に車がない場所を見つけたり、極端に左右に寄っている車の隣に停めないことを意識するだけでも変わってきます。

それでも心配な人は、ドアパンチ対策のカー用品を使用するのも1つの手段です。

おすすめなのは、「ドアエッジモール」です。ドアのエッジに樹脂製のモールを付けるもので、ディーラーでの装着も可能です。万が一強風などでドアがぶつかった場合でも、傷を最小限にとどめることができます。

逆に「ドアディフェンダー」というものを使用すれば、隣からのドアパンチを防止できます。使い方も、マグネットでドアにくっつけておくだけと簡単。取り外しも可能なので非常に便利です。

カー用品店の関係者は、ドアパンチについて次のように話しています。

「ドアパンチは、油断したときに起こりやすいです。なかには、ビルの隙間風によってドアパンチしてしまったという人もいました。

どんな場面でも被害を防ぐため、普段から自分でできる対策を講じておくことが重要です。

対策のなかでも、ドアエッジモールやディフェンダーはとても有効です。少しぶつかった程度では、ほとんど傷はつきません。購入費用もそこまでかかりませんので、トラブルを未然に防ぐという意味でも、持っておいて損はないかと思います。」

ドアパンチを防ぐためには、ドアの開け方や駐車場の選び方も大切ですが、対策グッズの使用も有効であると考えられます。比較的よくあるトラブルなので、「自分の身は自分で守る」ということも大切でしょう。

風の強い日に不安を感じる場合は、ドアの開け方などを意識するとともに、対策グッズを検討してみるのもよいかもしれません。

ドアパンチしないためにスライドドアという選択肢も!

駐車場で当て逃げ被害にあったらどうする?

当て逃げ対策には駐車監視機能付きドライブレコーダーもおすすめ

執筆者プロフィール
成田 佑真
成田 佑真
1993年生まれ。普段は医療機器販売を行っているが、暇があれば自動車関連記事を読み漁る。愛車はマークX。子どもの頃からマークⅡに憧れ、社会人になりマークXを購入。週末は必ず手洗い洗車を行い、ドライブに出か...
すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード