MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 知る人は少ない【電気自動車の火災に必要不可欠な道具】とは?今までとは別次元!
自動車業界速報

更新

知る人は少ない【電気自動車の火災に必要不可欠な道具】とは?今までとは別次元!

BEVの消火は「プールに沈める」が有効

画像引用元:WapCar

前述のアイオニック5の車両火災では、消防が車の周りを囲む仮設プールを作り、そこに水を貯め車を水に浸し続けることでバッテリーを冷やしました。

また、プラグインハイブリッドやBEVが多く利用されているオランダでは、電気自動車の火災を鎮めるために、水で満たされたコンテナに車両を沈め24時間放置するという方法を利用。

衝突など事故があった電気自動車のバッテリーパックは、3週間経った後でも再び発火するおそれがあるため、液浸させバッテリーの熱を完全に取り去らなければそのリスクを抑えることができないとしています。

保険会社は「リスクが高い」と判断?

車両火災のリスクはガソリン車のほうが高い?

日産 リーフ

バッテリーの熱暴走は、モデルSやフォルクスワーゲン ID.3といった電気自動車でも発生しているため、ヒョンデ アイオニック5だけに起きた事象とは言えず、電気自動車全体の課題であると言えます。

ただし、日産が2010年から販売しているバッテリーEVの『リーフ』は、これまでにバッテリーが原因の車両火災が1件もないと言われていて、実際に調べてみたところ、内燃機関を搭載する車でも起こり得る原因の車両火災自体はあるものの、バッテリーの熱暴走が原因による火災は確かにないようです。

また、アメリカの自動車保険情報提供会社の調査によれば、ハイブリッド、ガソリンエンジン、EVの3タイプでの火災件数を10万台あたりになおすと、ハイブリッドが3475件(約0.0348%)、ガソリン車が1530件(約0.0153%)だったのに対してEVはわずか25件(約0.0003%)だとしていて、車両火災のリスクはEVが最も少ないと結論付けています。

しかし、イギリス・ロンドンの消防機関の調査ではガソリンおよびディーゼルエンジン車の火災発生率は0.04%なのに対して、電気自動車の火災発生率は0.1%だったと、アメリカとは異なる結果を示しました。

充電性能で日本メーカーを圧倒!

過去には売れず日本撤退…アフターサービスは大丈夫?

乗員はすべて帰らぬ人に…原因は「ドライバーに問題あった」

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード