MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 【トヨタ】踏み間違い事故防止装置にビッグデータを活用し今年夏から導入へ
自動車業界速報

更新

【トヨタ】踏み間違い事故防止装置にビッグデータを活用し今年夏から導入へ

アクセル操作の異常を検知し、加速を抑制

障害物がない場合のペダル踏み間違い判定
障害物がない場合のペダル踏み間違い判定

トヨタは2020年2月3日、ペダル踏み間違いによる異常なアクセル操作を検知し、加速の抑制をする「急アクセル時加速抑制機能」を開発したことを発表しました。

同社はこれまで、ペダル踏み間違い事故の抑止と被害軽減のため、周囲にセンサーで検知可能な障害物がある場合の事故に対応した「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」を2012年以降の新型車に導入してきました。現在は32車種、83%の車両に搭載されています。一方、今回新たに開発が行われた装置では、他の車両や壁など障害物がない状態での踏み間違いを判定し、加速抑制を行うと伝えています。

技術開発にあたっては、実際に踏み間違い事故が発生した際にアクセル全開時の状況を分析、アクセルペダルの踏まれ方の特徴をビッグデータと照合したとのこと。

同社は現状のICSと今回の装置を組み合わせて活用することで、ドライバーによるペダル踏み間違い事故の減少につながると予測、本装置は2020年夏発売の新型車から順次導入される予定で、すでに販売された車種では、後付けの加速抑制システムが同時期に商品化されると伝えています。

トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト

画像ギャラリー

障害物がない場合でも急加速を抑制
障害物がない場合でも急加速を抑制
緊急時操舵支援PCS
緊急時操舵支援PCS
ドライバー異常時車両停車支援システム
ドライバー異常時車両停車支援システム
スピードマネージメント機能付きレーダークルーズコントロール&LTA
スピードマネージメント機能付きレーダークルーズコントロール&LTA
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 ニュース記事制作チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!