MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > これで煽り運転や事故も怖くない?スズキが新サービス「スズキコネクト」を開始
自動車業界速報

更新

これで煽り運転や事故も怖くない?スズキが新サービス「スズキコネクト」を開始

安心のオペレーターサービスと充実したアプリ操作

スズキは、車両に様々なデータの送受信を可能とする車載通信機を搭載し、オペレーターサービスやスマートフォンのアプリと通信するコネクテッドサービス「スズキコネクト」を2021年12月3日に開始。12月24日に発売されるスペーシアシリーズより導入を開始すると発表しました。

スズキコネクトは、コネクテッド技術を活かしたオペレーターサービスやスマートフォンのアプリにより、事故や緊急時に消防・警察への通報をサポートする「スズキ緊急通報」、車両に発生したトラブル解消をオペレーターがサポートする「スズキトラブルサポート」、遠隔でのエアコン操作などのリモート操作、また駐車位置や運転履歴などの確認が可能な「スズキコネクトアプリ」で構成される新サービスです。

コネクテッドカーから送信される警告灯の点灯状態やメンテナンス情報の共有が可能な「スズキコネクト店」を新設し、ユーザーにより迅速で充実したアフターサービスの提供を可能としています。

緊急時の対策として、万が一の事故が起きた場合にユーザーの救命につながる先進事故自動通報システムを搭載。エアバッグが展開するような大きな衝撃を車両が検知すると自動で緊急通報が作動し、車両の衝突情報や位置情報がヘルプネットセンターへ送信されます。オペレーターの問いかけに返答が無い場合は、速やかに消防や警察等へ連絡を行います。

体調が悪くなった場合やあおり運転の被害にあった場合などに車内のSOSボタンを押すとヘルプネットセンターにつながり、オペレーターを通じて消防や警察等への連絡を任せることができます。

また警告灯の点灯、パンク、バッテリー上がり、操作方法が分からないなどのトラブルの際にはスズキコネクトアプリからスズキトラブルサポートへ連絡することで、オペレーターがユーザーの状況を確認しながら適切なアドバイスでトラブルの解消をサポートします。

スズキ緊急通報からの取次ぎにも対応し、万が一のときに必要な保険会社、ロードサービス、販売店などへの取次ぎや調整をサポートし、ユーザーの負担を軽減します。

スズキコネクトアプリを使用することで、スマートフォンからさまざまなことが行えるようになります。主な機能として、離れた場所からの車両状態の確認や、エアコンの操作、ドアロック、ハザードランプの消灯、車両の駐車位置の確認、過去の運転時間、走行距離、平均燃費、急発進、急ブレーキの回数や場所、運転開始時や終了時の場所の表示、警告灯の点灯やセキュリティアラームの作動、車検や法定12ヶ月点検の時期の通知などが挙げられます。

スズキは、「CASEの一つであるコネクテッドカーの技術を、広範囲かつ有効に活用できるよう車両の開発を行うとともに、スズキ製品をお使いいただくお客様のより豊かなカーライフを実現すべく、今後も取り組んでいく」としています。

初のスズキコネクト搭載車!スペーシアの情報はこちら

スズキの最新リーク情報はこちら

後部がウッドデッキ?スズキの軽ピックアップスタイルのコンセプトカー

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード