MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 降車ボタンを押すと蒸気が!室内もモダン…移動型サウナバス「サバス」が話題
自動車業界速報

更新

降車ボタンを押すと蒸気が!室内もモダン…移動型サウナバス「サバス」が話題

バスの車内で本格サウナ体験

神姫バスからの出向起業によって設立されたリバースは11月4日、日本最大のサウナ検索サイト「サウナイキタイ」と連携し、どこでも本格的なサウナが体験できる移動型サウナバス「サバス」の製作を発表しました。

「バスをリブランディングする」をミッションに、新たなバス事業を提案するリバースによる、バスを活用した移動サービス企画の第1弾です。

サバスの車両には、兵庫県を拠点にバス事業を営む神姫バスで運行していた路線バスが使われています。「サバス」というネーミングは、「サウナバス」の略としています。

サバスは、バス車内の雰囲気を残した休憩スペース兼運営用事務スペースと、本格薪ストーブを使用したサウナ室の構成となっており、サウナ室内では降車ボタンを押すと熱したサウナストーンに水をかけて蒸気を発生させる「押しボタン式のオートロウリュ」(通称:「蒸気降りますボタン」)や、吊り革や座席配置など路線バスの名残を生かしたデザインが楽しめます。

サバスの完成は2022年2月を予定しており、完成後は大型駐車スペースのある施設やアウトドア施設など、企業や事業者向けに車両を貸与する形で多様な事業展開を行うとしています。

リバースでは、サバスの制作背景については以下のように発表しています。

「バス事業者は、自家用車の普及や人口減少による利用者の減少という課題を抱えていましたが、新型コロナウイルスの影響により、移動の自粛やリモートワークといった生活様式の変化で更なる影響を受けています」

「このままではバス事業が成り立たなくなるため、新しい様々な収入源の創出が必要となります。そこで、バス会社の資産であるバスにはバスならではの広い空間があり、単なる大型移動車両にとどまらない価値があると考え、まずはバス車両利活用の可能性、面白さをこのサバスで実証したいと考えました」

最近、利用客が急増し注目を集めているサウナ。中には予約待ちで入れなくなっている場所もあるといいます。サウナ愛好家は「サウナー」とも呼ばれますが、そんなサウナーにとってサバスは、これまでのサウナのイメージを覆すものとして、注目を浴びることが期待されます。

東京都周辺のサウナのオススメ施設5選をご紹介!

「バスは一人ではバックできない」はホント?

路線バスにAIが車掌として乗車?

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード