MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 空は新しい道路?「ルノー4」の誕生60周年を記念して空飛ぶ車「AIR4」を発表
自動車業界速報

更新

空は新しい道路?「ルノー4」の誕生60周年を記念して空飛ぶ車「AIR4」を発表

空は新しい道路? ルノーが示唆する未来

ルノーは、現地時間11月26日に「ルノー4」の誕生60周年を記念して、飛行可能なショーカー「AIR4」を欧州で発表しました。

AIR4はアメリカのデザイン会社「TheArsenale(アルセナーレ)」と共同で開発されたもので、ルノー4を空飛ぶ車=フライングカーに仕立てたものです。ルノー4は1961年の誕生から30年以上に渡り、世界100ヶ国以上で800万台以上販売された、まさにルノーのアイコン的存在のモデルです。

ルノーはAIR4について「独立と自由の象徴であり、交通量が増えても、空には何の障害もないという現実から生まれたもの」と発表しており、空中を未来の新しい道路として捉えた主張をしています。

また、ルノー・ブランドのグローバル・マーケティング・ディレクターを務めるアルノー・ベローニ氏は、「1年間のお祝いの後、ルノー4の60周年を締めくくるために、何か型破りなものを作りたいと思っていました。アルセナーレとのコラボレーションは自然な流れでした。空飛ぶショーカーAIR4は、まだ見たことのないものであり、このアイコンの60年後の姿を示唆しています」とコメントしています。

デザイン面としては、ボディはカーボンファイバー製となっており、お馴染みのラインと形状を踏襲しながらも、近未来的なデザインに仕上げられています。また、AIR4にはタイヤの代わりに2ブレードプロペラが4箇所に取り付けられています。

AIR4は2022年、パリのラトリエ・ルノー博物館をはじめ、マイアミ、ニューヨーク、マカオで展示される予定です。

AIR4のスペック

  • 総出力:9万mAh(2万2,000mAhのリチウムポリマー電池を搭載)
  • 最大推力:380kg(プロペラ1枚あたり95kg)
  • 水平方向の最高速度:26m/s(飛行中は45°、最大で70°傾斜可能)
  • 最大離陸速度:14m/s(安全のため4m/sに抑制)
  • 最大着陸速度:3m/s
  • 最大到達高度:700m

開発&販売中の空飛ぶ車!スカイカー11選

空飛ぶ車が実現した未来を示した動画が公開!

「FFニュル最速」の称号は内燃機関としては永久保持か?

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード