MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 災害医療対応車「メディカル・コネクス」って知ってる?その規模と内容が話題
自動車業界速報

更新

災害医療対応車「メディカル・コネクス」って知ってる?その規模と内容が話題

世界初、CT装置と生化学・免疫装置を同時搭載

医療法人伯鳳会は、東京都指定災害拠点病院ならびに東京DMAT指定病院である医療法人伯鳳会 東京曳舟病院に、新しいモビリティ・ソリューション「メディカル・コネクス」の1号機を導入しました。

メディカル・コネクスは、自然災害やテロなど緊急性の高い現場に医療を迅速に届けること、また、高齢化・過疎化によって顕在化する高度医療へのアクセス格差を減らすことを目指し、長年グローバルで培ってきた軍事医療分野でのノウハウや、パートナーシップを結ぶ国内医療機関との意見交換をもとに日本国内で開発されました。

大型車両の中にはCT装置、免疫生化学分析装置、自動血球装置、血液ガス分析装置、超音波画像診断装置、AI画像解析ソフトウェア、ITクラウドシステム、診療情報管理システム、ベッドサイドモニターなどが搭載されています。

検査用車両と電源車両を独立させたことで、それぞれ単独で使用したり、用途に応じて他の車両と組み合わせたりするなど、多様なニーズに対応できる設計となっています。

本ソリューションは、医療業界が抱える多様なニーズ・課題に対応しており、災害医療、発熱外来、健康診断/へき地医療といったシーンで活躍されることが期待されています。また、新型コロナウイルス対策医療においても活用されるかもしれません。

地震の多いこの日本において、災害発生時の迅速な対応というのは絶対に欠かせないものです。今回のような移動型で被災地に駆けつけることができるソリューションの開発は、被害者を一人でも多く助けるという面で期待されます。

火事以外でも消防車が出動する理由は?

日本初のEV救急車、ついに出動!

捕まってもちょっと嬉しい?世界のスーパーポリスカー!

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード