MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 既存オーナーはハラハラ?「MAZDA CX-5」の大幅商品改良の中身はこんなに凄い!
自動車業界速報

更新

既存オーナーはハラハラ?「MAZDA CX-5」の大幅商品改良の中身はこんなに凄い!

デザインとダイナミクス性能を進化

マツダは、「MAZDA CX-5」の大幅な商品改良を行い、11月8日より予約を開始しました。発売は12月上旬予定となっています。

今回の商品改良では、デザイン表現の進化、ダイナミクス性能の進化や利便性と安全性の向上に加え、ユーザーの趣向に幅広く対応することを目指した2種の特別仕様車が追加されました。

デザイン面においては、エクステリアでは、キャラクターラインの使用を極力抑え、面の動きと外光を反射した時に見せるリフレクションによって造形や質感を強調しています。

フロントフェイス・フロントグリルでは意匠が一新され、前後ランプもランプ外形とランプユニットのデザインが変更されました。また、新たなボディカラー「ジルコンサンドメタリック」も追加されました。

ダイナミクス性能の進化においては、「MAZDA3」にも採用している「スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー」の趣向が取り入れられており、快適性・静粛性が向上しています。また、「マツダ インテリジェント ドライブ セレクト」が新採用され、走行シーンに応じて最適な走行モードを選ぶことができます。

さらに、荷室のフラット化やフロア下のサブトランクの容量拡大、防水加工に加えハンズフリー機能付きパワーリフトゲートが設定されるなど利便性の面でも向上しています。

特別仕様車については、ユーザーのライフスタイル・価値観の多様化に対応するため、スポーティな気持ちの昂ぶりや都会性を求める人のために「スポーツアピアランス」、家族や仲間と日常生活もアウトドアライフも楽しみ、都会と自然を自由に行き来する方のために「フィールドジャーニー」の2種が追加されました。

価格は、スポーツアピアランスが348万7,000〜380万6,000円、フィールドジャーニーが323万4,000〜355万3,000円となっています。

マツダのグローバル販売台数の約3分の1を占めるCX-5ですが、SUVが主流になりライバル車が多い中で、今回の改良で他社のSUVと差をつけることはできるのか、注目です。

国産車の新型車デビュー・フルモデルチェンジ予想はコチラ!

【マツダ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ

マツダ CX-50が北米で11月15日デビュー!

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード