MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > ランドローバーがゲレンデジャック?スキー場に車名を冠したリフトとコースが誕生
自動車業界速報

更新

ランドローバーがゲレンデジャック?スキー場に車名を冠したリフトとコースが誕生

ランドローバーオーナーを対象にした各種特典も用意

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、スキー場「エイブル白馬五竜IIMORI」の運営を行う大糸とネーミングライツ契約を締結しました。

白馬五竜の麓に位置する「エイブル白馬五竜IIMORI」は、ランドローバーにとって関わりの深い場所。

2018年にはランドローバー70周年を記念したイベント「70TH アニバーサリー ジャパン ランドローバー デイ」、2021年には「DEFENDER」の魅力を体感する特別イベント「ランドローバー ディフェンダー デイ 2021」が開催されています。

「ABOVE & BEYOND」をブランド精神に掲げさらなる高みを目指すランドローバーにとって、「楽しむなら挑戦!」をコンセプトにアクティブなスキーヤー・スノーボーダーが果敢に挑むコースを擁するエイブル白馬五竜IIMORIは、スノーシーズンの移動に欠かせない卓越した悪路走破性能を誇るランドローバー車と親和性が高いとして、今回のコラボレーションが実現したということです。

今回の契約により、「エイブル白馬五竜IIMORI」の中央に、5種類の難易度の異なるコースへの移動をスムーズに行うリフトが「ランドローバー コスモフォーリフト」、非圧雪が多く難易度の高い名物コースが「ディフェンダーコース」、急斜面ながらも整備の行き届いたコースが「ディスカバリーコース」、全長1,000mと斜面変化に富んだ滑り応えのあるコースが「ディスカバリー スポーツコース」と命名されました。

今回の契約期間は2021年スキー場オープンから2022年スキー場クローズまで。ランドローバーオーナーには、スキー場にてホットコーヒー1杯無料や、ホテルにて、ワインやピザなどのサービスといった特典もついています。

雪道に強い車おすすめランキングTOP10!雪道の安全な走り方のコツも

街乗りだけじゃもったいない!オフロード車を楽しもう!

ランドローバーとレンジローバーの名前が似ている理由知ってる?

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード