MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 100%電動化前のガソリンモデル?ジャガー「XE」「XF」2022年モデル受注を開始
自動車業界速報

更新

100%電動化前のガソリンモデル?ジャガー「XE」「XF」2022年モデル受注を開始

標準装備やオプションを見直し

ジャガーは、「XE」「XF」および「XF スポーツブレイク」の2022年モデルを11月9日より受注を開始しました。

今回のモデルチェンジでは、グレードごとに標準装備やオプションの見直しを行い、両モデルに新グレード「R-ダイナミック ブラック」、新たなボディカラー「オストゥーニパールホワイト」が追加されました。

XEモデルは、新グレード「R-ダイナミック ブラック」に人気装備のスライディングパノラミックルーフ、プライバシーガラスを標準装備し、スタイリッシュな外観と利便性を向上させています。「R-ダイナミック HSE」では、プレミアムLEDヘッドライトがマトリックスLEDヘッドライトにグレードアップされています。

XFモデルは、ブラックエクステリアパック、ブラックサイドシル、19インチ「スタイル5106」5スプリットスポークアロイホイールを採用してエクステリア全体を黒で引き締めています。

さらに、スライディングパノラミックルーフや、エボニーパーフォレイテッドグレインレザースポーツシートを装備し、明るくもシックな雰囲気のインテリアに仕上げています。なお、スポーツブレイクモデルには固定式パノラミックルーフを装備しています。

さらに、新オプションとして、30色から選択できる「プレミアムキャビンライティング」も追加しています。

価格は、エンジンモデルやグレードによって異なり、XEモデルは569万〜、XFモデルはスポーツブレイクモデルを含め677万〜となっています。また、ボディカラーは新色のオストゥーニパールホワイトを含んだ11色から選ぶことが可能です。

今回のモデルチェンジでは、人気のオプションが標準装備され利便性が向上したほか、新グレード「R-ダイナミック ブラック」が設定されよりスタイリッシュな外観を実現するなど、注目の集まるサルーン&シューティングブレイクに仕上がっています。

国産車の新型車デビュー・フルモデルチェンジ予想はコチラ!

国内外メーカー別の新型情報記事一覧

スポーツセダンは「羊の皮を被った狼」!人気おススメのスポーツセダンとは?

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード