MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 携帯で注意喚起?ホンダとソフトバンクによる事故低減技術が最先端すぎると話題
自動車業界速報

更新

携帯で注意喚起?ホンダとソフトバンクによる事故低減技術が最先端すぎると話題

5G SAおよびセルラーV2Xを活用

ソフトバンクと、ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所は、スタンドアローン方式による5G SAおよびセルラーV2Xを活用して、歩行者とクルマによる事故低減に向けた技術のユースケース検証を開始しました。これにより、歩行者とクルマが安全で安心して移動できる社会の実現を目指します。

本田技術研究所の鷹栖プルービンググラウンド(北海道上川郡鷹栖町)に設置したソフトバンクの5G SAの実験用基地局と、本田技術研究所が持つ認識技術を活用。3つのユースケースにおける技術検証を進めています。

1つ目のユースケースは、車から目視できる歩行者の事故低減です。

走行する車両から歩行者を目視できる環境において、車載カメラで歩行者が車道へ進入するなど事故の危険性を認識した場合、車両から直接もしくはMECサーバーを介して、歩行者が所持する携帯端末に注意喚起を促す警報通知を行います。歩行者が回避行動をとることで、車両と歩行者の接触事故を防止します。

2つ目のユースケースは、車両から目視できない歩行者の事故低減です。

走行する車両が、障害物によって、歩行者を目視できない環境にいる場合、見通しが悪いエリア内に歩行者がいる・いないという問い合わせを、周辺の携帯端末および他の車両に行います。歩行者がいる場合は、歩行者に走行車両の接近を通知するとともに、歩行者の携帯端末から走行車両に対して、見通しが悪いエリア内に歩行者がいることを通知します。

また、見通しが悪いエリア内の歩行者を目視できる位置に他の車両がある場合は、その車両から走行車両に対して、見通しが悪いエリア内に歩行者がいることを通知します。このように走行車両と歩行者、他の車両が高速でデータ通信を行うことで、接触事故を防止します。

3つ目のユースケースは、車両から目視できないエリア内の情報の共有による歩行者の事故低減です。

走行する車両からMECサーバーに対して、見通しが悪いエリア内の情報を送信し、MECサーバーは情報を整理して、周辺を走行する車両に通知します。通知を受けた車両は、見通しが悪いエリアに近づいた際に、歩行者がいる・いないという問い合わせをMECサーバーに対して行い、歩行者がいる場合はMECサーバーから車両および歩行者に警報通知を行います。

このようにMECサーバーと車両、歩行者が高速でデータ通信を行うことで、接触事故を防止します。このユースケースでは、カメラによる認識機能を持たない車両にも見通しが悪いエリア内の情報を送信することで、認識機能の有無にかかわらず、車両と歩行者の接触事故を防止することが可能となっています。

今回の検証により以上のユースケースの事故低減が実現すれば、最近声が上がっている高齢者の運転事故も減ってくるのではないでしょうか。今後より進化していくカーテクノロジーから目が離せません。

【ホンダ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ

【新車情報カレンダー 2021~2022年】新型車デビュー・フルモデルチェンジ予想&リーク&スクープ

新型シビックシリーズ4車種が出揃った

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード