MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 先進的なPHEV技術で「RJCテクノロジーオブザイヤー」を受賞したのはあの車!
自動車業界速報

更新

先進的なPHEV技術で「RJCテクノロジーオブザイヤー」を受賞したのはあの車!

8年ぶり5度目の受賞の三菱

11月9日、三菱クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に搭載している「進化したPHEVシステムとS-AWC」が、NPO法人日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)が主催する2022年次RJCカー オブ ザ イヤーにおいて「RJCテクノロジー オブ ザ イヤー」を受賞しました。

受賞に際しRJCは、「世界各国で発売され、高い評価を得ているアウトランダーPHEVのツインモーター4WD+車両運動走行制御システムのS-AWCをエクリプスクロス用に最適化したこと」と、「PHEVモデルならではの高い静粛性や力強く安定した走行性能を引き出し、車両重量を感じさせない軽快な加速感ときびきびとしたハンドリングをもたらす技術」を評価しています。

電動化技術と四輪制御技術は三菱自動車の中心となる技術。エクリプス クロスのPHEVモデルに搭載する「進化したPHEVシステムとS-AWC」にも凝縮されています。

三菱自動車が「RJC テクノロジー オブ ザ イヤー」を受賞するのは、「ギャラン」「エテルナ」のINVECS(1993年次)、「FTO」のINVECS II+スポーツモードAT(1995年次)、「ギャラン」「レグナム」のGDIエンジン(1997年次)、「アウトランダーPHEV」のプラグインハイブリッドEVシステム(2014年次)に続き、8年ぶり5度目の受賞となります。

三菱自動車には、これからもその技術を生かした高テクノロジーの開発が期待されます。EVが推進されているこの世の中で大きな役割を果たすかもしれません。

PHV・PHEVを検討している人におすすめの記事

国産SUVの人気おすすめ車種マップはコチラ!

国産車の新型車デビュー・フルモデルチェンジ予想はコチラ!

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード