MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 日産含む産学官連携のもと乗合型移送サービス「とみおかーと」の実証実験を開始
自動車業界速報

更新

日産含む産学官連携のもと乗合型移送サービス「とみおかーと」の実証実験を開始

産学官が連携した4年目のプロジェクト

京急電鉄は横浜国立大学、横浜市、日産の産学官連携のもと、横浜市金沢区富岡エリアで乗合型移送サービス「とみおかーと」の実証実験を、11月1日から開始します。この実証実験には、三井住友カード、小田原機器それにあいおいニッセイ同和損保が協力しています。

急勾配や坂道が多い富岡地区の問題解決のため、2018年から実証実験が開始された当プロジェクト。2019年から日産も参加し、地域のニーズや課題を解決するための運行方式の検証を進めています。

今回の実証実験は4回目。今回は過去3回の実証実験の結果を踏まえたうえでの最終段階と位置づけており、本格運用も視野に入れたものです。

過去の実験でニーズが多かった坂道を中心としたコースと駅から遠い住宅地のコースで運用される、手をあげて乗り降りする方式での有償実証実験になります。運行時間が朝夕の時間で本数を拡大し、子ども用の運賃も設定。また、キャッシュレス決済に対応できるように、Visaのタッチ決済と二次元バーコード決済の導入も行うことになりました。

また、今回この実証実験に協力することを表明したあいおいニッセイ同和損保と横浜国立大学の共同研究で開発した外出促進アプリ「とみおかーとMoove」も導入します。

とみおかーとに乗車するとポイントがたまるシステムで、貯まったポイントはカフェチェーン店やコンビニで使えるクーポンに交換可能。とみおかーとを利用しなくても。徒歩や自転車での移動もポイント獲得の対象となります。なお「とみおかーとMoove」で取得したユーザーの移動履歴は今回の実証実験の分析に使用されます。

地域活性化のために京急電鉄と横浜国立大学、横浜市がそれぞれ締結した地域活性化事業の協定に基づく今回の実証実験。日産やあいおいニッセイ同和損保が参画し、いよいよ最終段階に入っています。

運転免許証のこんな話、知ってる?

免許証で学科試験の点数がバレるのか?

これがあれば何でも乗れる!最強の免許証の取り方

ビックリキャンピングカー特集はコチラ

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード