MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 「ALENZA 001」が新型カローラ クロスで採用!車の性能を支える新作タイヤの実力はいかに!
自動車業界速報

更新

「ALENZA 001」が新型カローラ クロスで採用!車の性能を支える新作タイヤの実力はいかに!

カローラ初のSUVに装着されるプレミアムSUVタイヤ!

大手タイヤメーカーのブリヂストンは、10月4日付でトヨタの新型コンパクトSUV「カローラ クロス」に、同社の「ALENZA 001(アレンザ ゼロゼロワン)」を納入することを発表しました。新車装着タイヤとして採用され、SUVの走行性能を支えるタイヤとして開発されています。

今回「ALENZA 001」を装着する新型カローラ クロスは、カローラシリーズ初となるSUVモデル。「新空間・新感覚COROLLA」をコンセプトに開発されています。コンセプトどおりの広い室内空間や高いユーティリティはもちろんのこと、環境への配慮から燃費性能に力が入れられています。

一方で、SUVらしい力強い走りも忘れてはいません。これらの要素を実現するために導入されたプラットフォーム「TNGA(Toyota New Global Architecture)」によって、上質な走りも実現できています。

そんなカローラ クロスに装着されることになった「ALENZA 001」は、ブリヂストンが誇るオンロード領域で有名なプレミアムSUVタイヤのひとつ。一般的にタイヤの「溝」と呼ばれるパタンに最新の技術を投入しただけではなく、転がり抵抗を低減する技術を使ったトレッドゴムでできており、高い運動性能を誇っています。また、燃費性能の向上にも貢献しており、同じく低燃費化を図ったカローラ クロスとの相性は抜群と言えるでしょう。タイヤサイズは215/60R17 96Hです。

今回タイヤを納入することになったブリヂストンおよびグループ会社は、中期事業計画(2021~2023年)として「ALENZA 001」のようなタイヤの研究・開発を進めています。最終的には「2050年 サステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している会社へ」をビジョンとしており、その中核事業として「断トツ商品戦略強化」も実施中です。

タイヤは自動車にとって燃費や走行性能を支える大事な装備であるとともに、ドライバーや同乗者の安心・安全を守るための基本装備でもあります。今後、ブリヂストンではさまざまな車種の性能に適合した、魅力を引き出せるタイヤの開発に注力するとも発表。2050年へ向けたビジョン実現のため、今後も新しいタイヤの研究・開発を通じて社会へ貢献していくでしょう。自動車本体の進化はもちろんのこと、さらなるタイヤの進化にも注目です。

カローラクロスに関する記事はこちら!

「カローラクロス」の新CMは驚きの手法で撮影!?

カローラに「50ミリオン」特別仕様車が登場か?

執筆者プロフィール
すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード