MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 2019年最新版「自動車保険満足度ランキング」オリコンが発表
自動車業界速報

更新

2019年最新版「自動車保険満足度ランキング」オリコンが発表

2019年最新の「自動車保険 満足度ランキング」が発表

自動車保険
©shutterstock / BLACKWHITEPAILYN

2019年1月4日に株式会社oricon MEは、サービスを実際に利用したユーザーの満足度調査を行う「オリコン顧客満足度(R)」にて、 「自動車保険」についての調査結果をランキング形式で発表しました。

自動車保険部門は2008年から調査が開始され、今回が12回目。対象企業は自動車保険を取り扱う19社で、回答者は16,378人でした。回答者は「過去4年以内に自分が運転していて自動車保険を適用したことがあり、 かつ、 自動車保険へ加入する際に選定に関与した人」という条件を満たす日本全国の18歳以上の男女が対象です。

ランキング結果は下記のとおりです。

自動車保険
1位 ソニー損害保険
2位 共栄火災海上保険
3位 東京海上日動火災保険
4位 チューリッヒ保険
5位 セゾン自動車火災保険

評価項目別ランキング

また、今回設定された評価項目は「加入・更新手続き」「商品内容の充実度」「保険料」「事故対応」「調査・認定結果」「受取額・支払いスピード」「ロードサービス」の7つで、各項目でもランキングが設定されました。

各項目のランキング結果は下記のとおりです。

・加入・更新手続き
1位 ソニー損害保険
2位 アクサ損害保険
3位 共栄火災海上保険

・商品内容の充実度
1位 ソニー損害保険
2位 セゾン自動車火災保険
3位 チューリッヒ保険

・保険料
1位 セゾン自動車火災保険
2位 ソニー損害保険
3位 チューリッヒ保険

・事故対応
1位 ソニー損害保険
2位 東京海上日動火災保険
3位 損保ジャパン日本興亜

・調査・認定結果
1位 ソニー損害保険
2位 共栄火災海上保険
3位 東京海上日動火災保険

・受取額・支払いスピード
1位 ソニー損害保険
2位 東京海上日動火災保険
3位 共栄火災海上保険

・ロードサービス
1位 ソニー損害保険
2位 東京海上日動火災保険
3位 共栄火災海上保険

総合ランキングで1位から5位に輝いた5社をご紹介します。

1位 ソニー損害保険

調査対象19社の中から栄えある総合1位に選ばれたのは「ソニー損害保険」です。同社が首位を獲得するのは2年連続で、これまでにも総合1位を5回も受賞しています。なお上位3社のうち唯一のダイレクト型を取り扱う企業です。

7つの評価項目のうち6つ(「商品内容の充実度」「事故対応」「調査・認定結果」「受取額・支払いスピード」「ロードサービス」)でも1位を獲得しており、絶大な評価を得ています。

ソニー損害保険

2位 共栄火災海上保険

前回13位だった共栄火災海上保険は初のTOP10入りにして2位を獲得しました。

評価項目別ランキングでも4項目(「加入・更新手続き」「調査・認定結果」「受取額・支払いスピード」「ロードサービス」)でランクインしており、代理店型の企業では総合1位となっています。

共栄火災海上保険

3位 東京海上日動火災保険

これまで8位が最高位だった東京海上日動火災保険も初のTOP3入りを果たしました。

年代別部門の20代の項目ではソニー損害保険を抑えて1位となっており、評価項目のうち4項目(「事故対応」「調査・認定結果」「受取額・支払いスピード」「ロードサービス」)でTOP3入りしています。

東京海上日動火災保険

4位 チューリッヒ保険

4位はチューリッヒ保険です。ダイレクト型部門においてはソニー損害保険に次ぐ2位となっています。

評価項目別では2項目(「商品内容の充実度」「保険料」)でランクインしています。年代別部門では30代~40代、60代で3位を獲得しています。

チューリッヒ自動車保険

5位 セゾン自動車火災保険

5位にランクインしたのはセゾン自動車火災保険です。ダイレクト型部門では3位となっています。

同社は評価項目のうち2項目(「商品内容の充実度」「保険料」)でランクインしており、中でも「保険料」部門では1位を獲得しています。

年代別部門では40~60代部門でランクインしており、60代部門は1位でした。同社は40代、50代向けの保険に注力しており、中高年層から高い支持を得ています。

セゾン自動車火災保険

(MOBY編集部)

【みんなの意見】投票受付中!

Q. あなたが電気自動車や水素燃料電池車、EV走行モードを備えたハイブリッド車を買った理由はどれ?

バッテリーに蓄えた電力でモーターを駆動する「バッテリーEV」エンジンとモーターをそれぞれ使い分けて走行する「シリーズ・...

  • 環境負荷の少なさをもっとも重視した
  • 最重要ではないが理由のひとつにはなった
  • それによる燃費や減税などの実利が理由になった
  • 購入した車がたまたま環境負荷が少ない車だった
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る
執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

コメント

利用規約

関連する記事