MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > カー用品だけじゃない!オートバックスセブンがAIカメラを利用した各種実験を実施
自動車業界速報

更新

カー用品だけじゃない!オートバックスセブンがAIカメラを利用した各種実験を実施

人による交通量調査がなくなる日も近い?

オートバックスセブンは、11月16日に、大分市内にて「AIカメラによる交通量調査実証実験」を実施しました。

今回の実験は、国土交通省が自治体と共同で5年に1度実施している「全国道路・街路交通情勢調査」に伴う試みであり、大分県としては初めてです。

AIカメラでの観測は、車両の特徴を事前に学習したAIにより、交通量を計測し、長時間連続調査や簡易的な調査でも手軽に実施することができ、調査箇所を増やすことでより精度の高い観測データが得られます。今後、商業施設や集合住宅、店舗出店のための事前調査などにも、プライバシー情報を削除したデータをオープンデータとして利活用することを視野に検討するとされています。

また、オートバックスセブンは、大分県由布市との包括連携における「地域防災と防犯対策の推進に関すること」の取り組みとして、今年度、河川水位監視 AI カメラを用いた危険水位の自動検知に関する実証実験を実施しています。

AI搭載の河川水位監視カメラは、従来のセンサーを用いた水位測定と比べ低コストで、中小規模の河川の見守りに適しており、警戒水位などに達した場合、関係者に通知する機能も搭載しています。

オートバックスは今回の実験について以下のようにコメントします。

「このサービスを導入することで、人手不足の解消、業務の効率化、コスト削減だけでなく、データ連携基盤などを活用し、地域社会の活性化や県民サービスの向上につながる新たなプロジェクトの創出を目指します」

「今後も『常にお客様に最適なカーライフを提案し、豊かで健全な車社会の創造を使命とする』という当グループの経営理念に基づき、新たなライフスタイルを提供してまいります」

AI技術が著しく発展している世の中で、今後は、国土交通省の全国道路・街路交通情勢調査を筆頭に交通量調査はAIが担っていくのかもしれません。そうなると、よく目にする、調査員が椅子に座ってカチカチとボタンを押す姿もだんだんみられなくなっていくでしょう。

AI失業が現実化する?最近交通量調査員が消えている理由とは

路線バスにAIが車掌として乗車?乗客を見守るAI技術が凄い

SNSで話題になった”渋滞吸収車”とは?

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード