MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > AIタイヤ点検ツールをダンロップが正式に導入!AIがタイヤを点検する時代に!
自動車業界速報

更新

AIタイヤ点検ツールをダンロップが正式に導入!AIがタイヤを点検する時代に!

プロの目線+AIによる点検でタイヤの安全を守る

住友ゴム工業は、10月8日(金)~24日(日)までの間、全国展開するタイヤセレクト直営店が行う「DUNLOP全国タイヤ安全点検」で、新たにAIタイヤ点検ツールを使用することを発表しました。

従来の点検は、タイヤを知り尽くしたプロがあらゆる方向からタイヤを確認し、タイヤが原因になる事故を防ぐような問題はないかを判断していました。今回の安全点検では、AI・ディープラーニング技術の開発事業をしている株式会社Ridge-i(リッジアイ)が協力して導入されたAIによる点検を、従来の方法とあわせて行われます。

AIによる検査の方法はいたってシンプルで、店舗スタッフがスマートフォンで撮影したタイヤの写真を読み込み、溝の深さや編摩耗の具合を判定します。段階は3段階に分かれており。撮影した画像を見ながら実際にどこが悪いのかを説明することにも使われる予定です。

AIによる判定は、道路信号と同じく赤・黄・青の3段階表示で示されます。問題がないものから順に青、黄、赤の順で、店舗スタッフによる点検結果と総合して、最終的に「問題なし」「ローテーション推奨」「交換が必要」の3段階の結果を示すようになっています。

また、点検後に渡される「AIタイヤ点検カード」についているQRコードをスマートフォンで読み込むと、オンライン上でも点検結果を知ることができるようになっています。

今回採用された「DUNLOP全国タイヤ安全点検」は、タイヤが原因の事故を未然に防ぐために住友ゴム工業が主催で行っている活動で、今回のAI導入の背景には、より高いレベルでの安全性を提供する目的があり、その実現の第一歩と位置づけられています。

環境性能にばかり目が行きがちな自動車業界ですが、同時に車の安全性についても議論が重ねられています。クルマ本体の安全性能が年々向上しているのはもちろんのこと、それを支えるタイヤにも、同じように高い安全性が求められているのです。事故ゼロ社会の実現に向けて、住友ゴム工業が動きを見せた形になりました。

今後、継続してAIタイヤ点検ツールが使われるかは未定ですが、AIの機能がより向上すれば、日常的に使われる可能性も高くなってきました。人の目とAIのダブルチェックで行うため、診断結果にも寄り正確性が出てくるでしょう。ほかのタイヤメーカーに先駆けて導入されたAIタイヤ点検ツールの実力に期待です。

「高速道路では空気圧を高くする」はウソ?

AI失業が現実化する?高速道路では96%が機械観測

高齢ドライバー対象のAI教習システムが導入!

執筆者プロフィール
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード