MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 2050年には交通事故死者が0人になる?ホンダが世界初公開した先進技術とは?
自動車業界速報

更新

2050年には交通事故死者が0人になる?ホンダが世界初公開した先進技術とは?

AIや通信技術を活用 安全な社会に向けて

ホンダは、11月25日、現在開発中である先進の将来安全技術を世界初公開しました。

これについてホンダは以下のように話します。

「一人ひとりの能力や状態に合わせ、運転ミスやリスクを減らし安全・安心な運転へと誘導できる世界初のAI活用による『知能化運転支援技術』と、全ての交通参加者である人とモビリティが通信でつながることで、事故が起きる手前でリスクを予兆・回避をサポートする『安全・安心ネットワーク技術』により、ホンダが目標に掲げる『2050年に全世界でホンダの二輪・四輪が関与する交通事故死者ゼロ』の実現を目指します」

交通事故死者ゼロに向けたシナリオ

今回発表された、「知能化運転支援技術」は、fMRIを用いた独自の脳活動とリスク行動の解析により、ヒューマンエラー要因を解明するほか、ドライバーモニタリングカメラや運転操作から運転中に生じるミスの予兆を推定するなどして一人ひとりがミスを軽減し、不安を感じることがない移動を目指すといいます。

2020年代前半に要素技術の確立、2020年代後半の実用化を目指すようです。

知能化運転支援技術:提供価値

一方の「安心・安全ネットワーク技術」は、ドライバーや全ての交通参加者の個々の状態、周囲環境をシステムで理解、認識し、通信によりリスク情報をサーバーへ集約し、仮想空間上の交通環境でリスクを予測するもの。そこから導き出された最適な支援情報を交通参加者一人ひとりへ配信、未然にリスク回避行動を促すといいます。

今後は、2030年以降の社会実装に向け、業界・官民一体の取り組みを加速させ、2020年代前半にシステム構築、効果検証を完了し、2020年代後半の標準化を目指すようです。

安全・安心ネットワーク技術:提供価値

今回の発表では、ホンダが目指す、安心して自由に移動できる社会の実現に向けて具体的な技術、ビジョンが見えました。今回の発表により、ホンダは多くの人から、この先の未来の事故削減の動きに期待が寄せられるでしょう。

ホンダの新型車情報はこちらから

3台の次期型ステップワゴンが撮影された

ホンダの新車で買える現行車種全21モデル一覧

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード