MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 髪盛って若作り…免取り中にオービス光らせた52歳の男が長男になりすまし免許証入手
ニュース

更新

髪盛って若作り…免取り中にオービス光らせた52歳の男が長男になりすまし免許証入手

ヘアスタイル盛り不正に免許証再交付受ける

©starmix/stock.adobe.com

大阪府警は2022年5月11日、大阪府和泉市の光明池運転免許試験場で運転免許証の再交付を不正に受けたとして、大阪府に住む会社役員の52歳の男を有印私文書偽造などの疑いで逮捕したと讀賣新聞などが報じました。

男は、2020年7月に当時24歳だった長男になりすまし、「運転免許を紛失した」とうそをついて運転免許証の再交付を申請。その際に、白髪を黒く染め、整髪剤などで髪のボリュームを出すなど若作りし撮影した写真を使いました。

免許取り消し中にスピード違反…出頭要請受け不正取得を計画

©Ichiro/stock.adobe.com

男は2020年、違反を積み重ねたことによる免許取り消し処分を受け当時無免許状態となっていたにもかかわらず車を運転し、速度違反取締装置での取り締まりによる速度違反の疑いから警察に出頭を求められていました。

そこで男は長男になりすまして運転免許証を不正に取得することを計画。その後、長男が大阪府門真市の門真運転免許試験場に免許更新のために訪れた際、再交付を受ける前の免許証を持参したことから不正が発覚したようです。

無免許運転より重い有印私文書偽造罪

©mapo/stock.adobe.com

免許取消中に車を運転した場合は無免許運転に該当します。自動車または原動機付自転車を無免許運転した者には3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます(道路交通法第117条2の2第1項)。

一方、男に疑いがかけられている有印私文書偽造の罪は刑法159条1項で規定されており、法定刑は3月以上5年以下の懲役です。罰金は定められていないため、起訴され有罪判決となった場合は、執行猶予が付かない限り刑務所へ収監されます。

運転免許証の写真はコスプレでもOK?写真を「盛る」方法はあるのか

合格しなければ免許失効。高齢ドライバーの「運転技能検査」が開始に

「免許証忘れた!」焦らなくても大丈夫!無免許運転と免許不携帯は大きく違う

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード