MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 2,000万円の税金が溶ける?「無免当て逃げ」木下都議が「辞職しない」とキッパリ
ニュース

更新

2,000万円の税金が溶ける?「無免当て逃げ」木下都議が「辞職しない」とキッパリ

木下都議会議員が辞職しない意向を示す

©yumeyume/stock.adobe.com

2021年7月の東京都議選挙運動期間中に無免許運転で事故を起こしたにも関わらず、その後の都議会に欠席し続けただけでなく都議会から2度の辞職勧告決議を受けた木下富美子都議会議員。本日9日に再選後初めて議会に出席し、その際に辞職しない意向を示しました。

「無免当て逃げ」木下都議に免許取り消し処分が

©yavdat/stock.adobe.com

東京都公安委員会は2021年10月28日、木下ふみこ都議会議員の免許取り消しの手続きを進めていると報じられました。これをうけて木下都議は、通常、免許取り消しをされる対象者が参加する意見聴取の場への出席を辞退する意向を示しているとのことです。

木下都議は2021年7月に無免許運転で書類送検され、再選後も都議会に一度も出席せず、無免許運転についての釈明も一切ありませんでした。このことから東京都議会から今までの一連の報道についての報告や見解を明らかにするように打診がありましたが、体調不良により応じる事はありませんでした。

これまでの経緯

©naftizin/stock.adobe.com

木下ふみこ都議会議員は、2021年7月2日に東京都議会議員選挙中に当時免許停止期間中の無免許状態にあったにも関わらず、車を後退中に衝突事故を起こしていました。

衝突後、木下都議会議員は衝突事故を起こした相手側に確認する事もなく、青信号になった途端に直進。衝突された被害者側が追いかけて停止させたと報道されています。

この事故を受けて木下都議会議員は免許停止になったのは認識していましたが、事故当時は既に停止期間を過ぎていたものと誤認していたと報道陣に説明。その後の警視庁の調査の結果、防犯カメラや関係者の証言などにより免許停止期間の間に合計で6回もの無免許運転を繰り返していたとされています。

今後も都議会議員を続ける場合、今までも含めて総額2,000万円もの給与が振り込まれるとも言われている木下議員の今後に注目です。

木下都議はなぜ逮捕されない?

東京のみならず、日本全国で大きな話題となっているこのニュース。そもそも、木下都議は「無免許」で「当て逃げ=人身事故」を起こしていて、書類送検されている状況です。

木下都議の違反を見ると、無免許運転を繰り返し行なった上、人身事故を起こして措置義務を怠っているので、「10年以下の懲役または100万円以下の罰金」の違反が2つ成立しています。仮に起訴されて実刑判決が下された場合、上記の刑罰を受けることに。とはいえ、執行猶予になる可能性が高く、即座に懲役や罰金が課されることは無いと思われます。

現在逮捕されていない理由としては、議員という立場的に逃走や証拠の隠滅を図る恐れが無いと判断されたことが挙げられます。あくまで身柄を拘束されていないだけで書類送検はされているので、今後近いうちに何らかの進展があるでしょう。

未だ議員の座にしがみつく姿勢に否定的な意見が集まる木下都議。今後の展開に注目が集まっています。

関連するおすすめの記事

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード