MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > イベント > 車のイベント > 【TOM’S】東京オートサロン2020でスープラ、センチュリー限定車を発表・受注開始
車のイベント

更新

【TOM’S】東京オートサロン2020でスープラ、センチュリー限定車を発表・受注開始

“世界最高水準”の2台の特別限定車を同時発表・同日受注開始

東京オートサロン2020で発表されたTOM'S スープラ
東京オートサロン2020で発表されたTOM’S スープラ
東京オートサロン2020で発表されたTOM'S センチュリー
東京オートサロン2020で発表されたTOM’S センチュリー

2019年のSUPER GTでチームランキング1位になるなど、モータスポーツを牽引するTOM’S(株式会社トムス)が東京オートサロン2020で2台の特別限定車を発表、同日受注開始すると報じました。

TOM’S スープラ(限定99台)

TOM'S スープラ フロント
ボディカラー(特別色):レジェンド・グリーン

耐久性のためエンジン内部に手を入れず、 大きな風量を稼ぐ、 「ハイフロータービン」、インタークーラーの性能を向上させる「ヒートエクスチェンジャー」、エキゾーストシステム「トムス・バレル」に換装、ECU(エンジンの電子制御装置)をチューニングし、ノーマルの340ps/51.0kgfmから大幅にパワーアップさせています。

専用ブレースでボディを補強、ハンドリングのレスポンスを向上、コーナリング、ブレーキング時のボディのねじれを低減、足回りは細部に渡りすべて見直され、前後で減衰力を独立して調整できるダンパーシステムを採用しています。ブレーキはブレンボ製6ピストンキャリパーと380mmの大型ローターで強化されています。

TOM'S スープラ リア

高性能素材、ドライカーボンのフロント、リア、サイドのディフューザーを採用し空力性能を向上、GTウイングをリアに装着し強力なダウンフォースを生み出しコーナリング性能も向上、デザインも精悍に変化しています。ボディはワイド化され、2020年SUPER GT500のマシンと同じ1,950mm(ノーマル比+85mm)となっています。

車両本体価格は、1,423万円(予価・税別)としています。

最新「スープラ」中古車情報
本日の在庫数 162台
平均価格 545万円
本体価格 50~1,080万円
スープラの中古車一覧へ

TOM’S センチュリー(36台限定)

TOM'S センチュリー フロント

エンジンは標準のハイブリッドエンジン(システム総合最高出力:605ps、最大トルク:82.6kgf・m)のまま、スポーティーな走行ができるよう、トムス独自開発の「トムス・バレル」を採用、スロットルレスポンスを向上させ、排気音も上質で重厚なサウンドにしたとのことです。

TOM'S センチュリー サイド

外装はエアロパーツで武装、空力を高めて走行安定性を向上、フロントバンパーにはデイタイムランプを採用、リアは4本の楕円テールエクゾーストでさらに演出効果を高めています。

内装はフルオーダーメイド、最高級のナッパレザーをはじめとするマテリアル、無数のカラーとステッチの組み合わせで国内のシート職人がオーナーの好みに仕上げます。

車両本体価格は、2,816万円(税別、予価)としています。

TOM'S センチュリー リア

トムスは日本のトップレーシングチームとして46年が経過、レースで培った「ヒト」「技術」「ノウハウ」をスープラとセンチュリーのハイパフォーマンス・コンプリートカーに仕上げたと告げています。

最新「センチュリー」中古車情報
本日の在庫数 96台
平均価格 142万円
本体価格 15~1,550万円
センチュリーの中古車一覧へ
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 ニュース記事制作チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!