MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > 東海オンエア・しばゆーさん人生初マイカー「理想のシバ車」が過激カスタムで話題に
エンタメ総合

更新

東海オンエア・しばゆーさん人生初マイカー「理想のシバ車」が過激カスタムで話題に

しばゆーさん人生初のマイカーを入手

大人気YouTuberグループ「東海オンエア」が2022年1月18日に投稿した動画にて公開した過激カスタム「理想のシバ車」が話題になっています。

東海オンエアといえば各メンバーがBMW i8やメルセデス・ベンツ Gクラスといった高級車を所有していますが、しばゆーさんのみ車を所有しませんでした。そんなしばゆーさんに愛車をプレゼントする、というのが今回の動画の趣旨となります。

どういった車がいいかと尋ねられたしばゆーさんは当初、「一人乗りだけはNG」「大きすぎる車はNG」「シンプルな色はNG」という3つの要望を提示。メンバーからは、この世の自動車のほとんどが当てはまると指摘されていました。

そこでもう一つ「内装をワイルドに」という要望を追加し、その筆頭に手回しウインドウを要求しました。手回しウインドウといえば商用車などに採用される機能で、多くの場合は最も安いグレードなどに設定される装備。普通はスイッチで窓ガラスを開閉する「パワーウィンドウ」が一般的です。

ちなみに、しばゆーさんが自分の車を持つのは約3年ぶりとのこと。その車両も家族のものだったので、マイカーとしては人生初のようです。

しばゆーさん以外のメンバーで制作開始

「シバ車」のベースとなるスズキ エブリイ

プレゼントされる側となるしばゆーさんは一旦企画から離脱し、残る5人のメンバーで車両を決めることに。

提示された4つの要望を踏まえ、予算200万円で車種選定に入るメンバー。りょうさんの友人である車屋と相談しながら、しばゆーさんの母が乗っていたものと同じ型の「スズキ エブリイ」に決定しました。

その後半年の期間を経て、ようやく理想のシバ車が完成します。

「理想のシバ車」に施された過激カスタム

理想のシバ車として公開されたエブリイは、内外装がしばゆーさんのイメージカラーであるイエローに変更されており、存在感抜群の仕上がりに。

外観は最小サイズのホイールを装着しているほか、車高を10cm上昇、バンパーを短くするといったカスタムが施されています。

内装には、要望のあった手回しウインドウをはじめ、メンバーが工夫した様々なギミックを搭載。

本来カーナビなどがあるはずの場所には、スロットが流れるだけのディスプレイを配置し、ナビ機能は利用できなくなりました。さらに、オーディオ関係はまるごとトランクに詰め込まれ、CDは再生できるが基本取り出し不可能。デフォルトでは軍歌しか視聴できず、CDを取り出すにはショップに連絡が必要だといいます。

それ以外にも、好みの音声を再生できる特注レバーを備え、グリル部分に内蔵されたスピーカーからパトカー音も再生可能(公道走行時は利用不可)。

エンジン始動時にはてつやさんの声で始動ボイスが鳴り響きます。これまでカスタムに困惑していたしばゆーさんも、「これはいいね」とご満悦でした。

総額はなんと250万!

今回、理想のシバ車の製作に要した費用は総額250万。エブリイの価格が50万円だったので、車両価格の4倍となる200万円をカスタムに施したことになります。さすがトップYouTuberグループだけあって、お金の使い方が豪快です。

しばゆーさんが今回プレゼントされた愛車に乗って、どういった動画を公開してくれるのか注目です。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード