MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > 新庄剛志さんの現役時代のスーパーカーがすごい!トライアウトでプロ野球復帰なるか
エンタメ総合

更新

新庄剛志さんの現役時代のスーパーカーがすごい!トライアウトでプロ野球復帰なるか

新庄剛志さんとは

新庄剛志さんは、元プロ野球選手で、現在はタレントやYouTuberとしても活動しています。

90年代の阪神タイガースを代表する野手だった新庄さんは、デビュー10年目の2000年にタイガースが提示した12億円以上の年俸額を蹴って、メジャーリーグ球団のニューヨーク・メッツへ移籍。移籍時の年俸はなんと2,200万円だったといいます。ちなみに同年、イチローさんもシアトル・マリナーズでメジャーデビューを果たしています。

イチローは愛車の日産マーチに1000万円を改造していたって本当?【芸能人の愛車】

メッツ時代には愉快にプレーするという理由で「新庄(Shinjo)」と「楽しむ(Enjoy)」をかけたて「SHINJOY」と呼ばれた新庄さん。メジャーという舞台でも才能を発揮し、2,200万円だった年俸は最終的に1億3,500万円になったといいます。

マー君こと、田中将大さんの愛車は?【芸能人の愛車】

独特のパフォーマンス「新庄劇場」

新庄さんはニューヨークから帰国した後、ジャイアンツ、ニューヨーク・メッツ(2度目)、日本ハムと球団を渡ります。日本ハム時代には入団時から独特のパフォーマンスを開始。アメコミヒーローの「スパイダーマン」をモデルにした被り物を着用したパフォーマンスで話題になりました。

特に有名なのが入場ショー。バイクやゴンドラ、イリュージョンショーなど今までにない破天荒振りを披露。

こういったパフォーマンスを行う際は事前に関係者に許可を得るといった気配りも忘れなかったそうです。また、「パフォーマンスは結果を出して何ぼ」という信条で挑んでおり、ショーなどを行った試合ではチームの勝敗・自身の成績を人一倍気にしたと語っています。

元木大介さんの愛車とは?高級車は一流の証【芸能人の愛車】

金銭トラブルで超ハングリーな生活に!

プロ野球時代はいわゆる成金キャラのような振る舞いをしていた新庄さんですが、2017年放送のテレビ朝日「しくじり先生」にて、お金を管理していた叔父から横領被害に遭っていたことを明かしました。その被害額はなんと20億円以上だったといいます。

平成ノブシコブシ 吉村崇さんに直撃インタビュー!2,000万円超えのクルマに初心者マーク!?

その後新庄さんは日本を離れ、インドネシアのバリ島に移住。8,000万円かけて豪邸を改装。ガレージに総額1,000万円を超える7台のバイクやガラス張りのトレーニングルーム、サウナなどを備える地上3階建ての8LDKに住んでいました。

TBS「炎の体育会TV」で紹介された時はすでにその豪邸は引き払われており、家賃3万円の6畳ワンルームに住んでいました。

雨上がり決死隊 宮迫博之さんの愛車まとめ【芸能人の愛車】

新庄剛志さんの愛車は?

新庄剛志さんといえばスーパーカーに乗っているイメージがある方も多いでしょう。

毎年違うスーパーカーに買い替えていたという心情さんですが、実は「借金して買い替えていた」とのこと。しかし、ただの浪費癖ではなく「子供たちに夢を与えたい。そのためにです」と語っています。

新庄さんの愛車遍歴は凄まじく、車種数も多いため、プロ野球選手時代と引退後に分けて紹介していきます。

マエケンこと前田健太選手の愛車って?【芸能人の愛車】

プロ野球選手時代の愛車

新庄さんがプロ野球選手として活躍していたのは1990年~2006年の間。スーパーカーを毎年買い替えていた時期です。

メルセデス・ベンツ Sクラス 600SEL

フジテレビの番組「ジャンクSPORTS」に出演した際に、「当時の年俸が2,200万円で、2,000円のベンツを買った。残りの200万円で暮せばいいと思っていたが、税金を考慮しなかったため借金するハメになった」という話をして、ダウンタウンの浜田雅功さんから「お前、アホやろ!」とツッコミを入れられていました。

具体的な車種名は明かされていませんが、新庄さんが年俸2,200万円の時(1992~1993年)に2,000万円するベンツはこの車種のみ。

浜田雅功さんの車まとめ!ダウンタウン浜ちゃんの愛車とは【芸能人の愛車】

ランボルギーニ カウンタック LP400 S

1980年代に巻き起こったスーパーカーブームの火付け役として、自動車史に名を残す名車中の名車。スーパーカーといったらこのカウンタックを連想する方も少なくありません。

個性的な開き方をする「シザードア」、普段は格納されていて使用時だけ現れる「リトラクタブルヘッドライト」など、当時の少年の心をつかむギミックが盛りだくさん。特に後者は、近年では見かけないものの、その後の国産車にも大きく影響を与えました。

発売当時の価格は2000〜2500万円でしたが、現在の価値ではなんと5,000万円にも及びます。

ランボルギーニ LM002

新庄さんが乗っていたLM002は白いボディカラーだと思われる

生産数400台未満の超激レア車。イタリアの有名スポーツカーメーカー「ランボルギーニ」のピックアップトラック。

無骨な外観に加え、先ほど紹介したカウンタックと同じ5.2LのV12エンジンを搭載したハイスペック仕様ですが、内装は本革をふんだんに使用し、エアコンやオーディオ、カーペットなどを完備するなど、高級車らしいプレミアムな仕上がりになっています。

ランボルギーニが2018年に発売した「スーパーSUV」ウルスの前身とも言われる歴史的な車種です。

アメ車好きの中尾明慶・仲里依紗夫妻の愛車は?ランボルギーニ ウルスも所有!

フェラーリ 360 モデナ F1

フェラーリのデザインが直線的なものから曲線的なものに変わっていく中で生産されたモデルで、当時の車両価格は2,200万円です。

メジャーリーグ直前に行ったオークションで出品した際は、 3億円の値が付いたにも関わらず売却されませんでした。この理由について新庄さんは「高すぎて悪いなって気がして」と語っています。

ちなみにこの360モデナの先代モデル・F355はあの工藤静香さんがかつて乗っていたことで知られています。

工藤静香さんの愛車が古今東西のラインアップで凄い!接触事故の情報も

ベントレー コンチネンタルGT

コンチネンタルGTは2003年に初代がデビューした2ドアクーペで、フォルクスワーゲン製の6.0L W12エンジンを搭載しています。当時の車両価格は1,900万円からですが、現在販売されている最新モデルは2,700万円以上します。

ベントレーを所有する芸能人・有名人まとめ!【芸能人の愛車】

現役引退後の愛車

現役を引退してすぐの2007年、新庄剛志さんはインドネシアのバリ島という場所に移住します。その後に乗っている車種を紹介します。

マツダ BT-50

バリ島移住後、愛犬を載せてドライブするために購入したというピックアップトラック。マツダのトラックは日本では販売されておらず、珍しいと思った方もいるでしょう。5メートル以上の全長という巨大なボディサイズのため、日本国内で運転すると窮屈に感じそうです。

新庄さんのBT-50は2代目ですが、現行モデルは2020年にフルモデルチェンジした3代目。3代目BT-50は、いすゞが海外で販売している「D-MAX」のOEMです。

OEM車はパクリではない?同じ車なのにエンブレムも車名も違う理由を解説!

ホンダ インスパイア

従来のトヨタ・クラウン、日産・フーガなどの対抗馬として登場した高級セダン。すでに生産は終了していますが、新庄さんが乗っているのは最も新しい5代目モデル。

フジテレビの「直撃! シンソウ坂上」で紹介されたときには、新庄さん「1万8000円でステッカーを買ってきて僕が全部貼った」と語った車種がこれです。”人と同じものが嫌い”とのこと。

坂上忍さんの愛車を調査!現在は国産と外車を2台持ち?当て逃げ事故についても【芸能人の愛車】

メルセデス・ベンツ Eクラスワゴン

日本帰国後に確認されたメルセデス・ベンツのワゴンです。以前公開されたInstagramの投稿に写っていたグリルの形状から、1世代前の4代目なのではと推測されます。

竹内力さんの愛車が意外なあの車|こわもて俳優の車が可愛い!【芸能人の愛車】

2021年に球界復帰なるか!?

しばらく日本を離れ、インドネシア・バリ島に移住していた新庄剛志さんですが、実は日本のプロ野球界に復帰するためにトレーニングをしていました。テレビでもその様子と年齢を感じさせない作り込まれた肉体が放送され、話題になっています。

2020年12月の12球団合同トライアウトの結果は?

2020年12月に「プロ野球12球団合同トライアウト」という、プロ野球関係者が一堂に会する場で、なんと48歳にも関わらずタイムリーヒットを記録。

2021年の1月には49歳となる新庄さん。仮に2021年に球界復帰、試合に出場したとなると、歴代最年長選手・山本昌さん(50歳で引退)に続く記録となります。まさに「生けるレジェンド」を継ぐ選手になること間違いなしですね。

今後の新庄さんの活躍に目がはなせません!

名投手山本昌さんの愛車について!幸運を呼ぶ相棒は1億円超え?【芸能人の愛車】

他の芸能人の愛車情報はこちらから!

【150人超え】芸能人・有名人所有の愛車図鑑!ジャニーズや芸人、女優やスポーツ選手など

すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード