MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > 【公道を走行するカート】任天堂がマリカーに勝訴!コス禁止&損害賠償支払い命じへ
エンタメ総合

更新

【公道を走行するカート】任天堂がマリカーに勝訴!コス禁止&損害賠償支払い命じへ

【速報】任天堂が「公道を走行するカート」業者の「マリカー」に勝訴

任天堂キャラクターのコスプレをして走行する「公道を走行するカート」

マリカー
MIKI Yoshihito CC 表示 2.0 / CC BY 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

任天堂の発表によると、東京地裁は株式会社Mariモビリティ開発(旧社名 株式会社マリカー)に対して、任天堂キャラクターのコスチューム貸与の禁止や、損害賠償金の支払いを命じる判決を下したとのことです。

2017年から始まった「マリカー裁判」はこれで一旦任天堂の勝訴となりますが、マリカー側の今後の対応についてはまだ不明です。

「公道を走行するカート」「マリカー」とは?

「 MariCAR(マリカー)」とは、外国人観光客向けに運営されている、「公道を走行するカート」レンタルショップです。また、公道用カートを開発しているのが「株式会社Mariモビリティ開発(旧社名 株式会社マリカー)」であるため、「公道を走行するカート」は通称「マリカー」と呼ばれています。

テレビゲーム世代の人にとって「マリカー」と言えば、任天堂の人気レースゲームシリーズ「マリオカート」の略称として思い浮かぶでしょう。

しかし、MariCAR(マリカー)や、株式会社Mariモビリティ開発(旧社名 株式会社マリカー)は、任天堂とは何の関係もない会社です。
マリカー側は、輸送やレンタカーなどの区分で商標「マリカー」を2015年に出願、登録していました。

とはいえ任天堂からすればマリオカートを無断で利用してサービスを運営しているようなもの。任天堂もマリオシリーズの著作権の侵害および、マリカーという商標の使用が不正競争行為にあたるとして、2017年に株式会社マリカーと裁判になっていました。

「マリカー」は今後どうなる?

刑事処分 裁判

「マリカー」の商標登録については、マリカー側が輸送やレンタカーなどの区分で、任天堂がテレビゲーム等を含む区分で出願済みです。

しかし、今回の地裁では『「マリカー」という標章等が被告会社の需要者との関係で当社の商品等表示として広く知られている』とされ、マリカー側に非があることを言い渡す判決となりました。

今後、「マリカー」のサービスにおいては、マリオなどのコスプレができなくなる可能性が高いです。また、場合によってはサービス自体が停止となる可能性もあるでしょう。

いずれにせよ、マリカー側の対応方針について注目が集まります。

「マリカー」についてはこちら

カートに関する関連記事はこちら

すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!