MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > 日本卓球初の金メダリスト水谷隼選手の愛車は「世界で戦うあの車」だった!
エンタメ総合

更新

日本卓球初の金メダリスト水谷隼選手の愛車は「世界で戦うあの車」だった!

卓球混合ダブルスで日本卓球史上初の金メダルを獲得した水谷隼選手。準々決勝のドイツ戦では大逆転勝利を飾ると、決勝戦では卓球常勝国である中国との対戦に見事勝利して日本卓球界初の金メダリストとなりました。そんな世界の強敵と戦う水谷選手の愛車もまた、世界でしのぎを削って戦う日本車なのはご存知ですか?今回は水谷選手の愛車についてご紹介します。

水谷隼選手について

水谷選手の卓球との出会いは早く、5歳から卓球を始められたそうです。ご両親が卓球経験者だった事もあり、めきめき頭角を現して小学校1年生の時に出場した全日本卓球選手権(小学2年生以下)で準優勝。

その後は順調にキャリアを重ねて2005年には男子史上最年少として卓球日本代表に選出されるなど、その類い稀なる才能を存分に発揮されていました。

水谷隼選手の愛車はレクサスIS

レクサス IS350 Fスポーツ(2020年)

水谷選手の愛車は、レクサスIS。しかもレクサスISの性能をさらにスポーティーにチューニングされた「Fスポーツ」とされています。

レクサスISはレクサスがラインアップする中でも非常に重要な位置を占める車の1つ。メルセデス・ベンツCクラスやBMW3シリーズ、アウディA4など、世界の名だたるスポーツセダンに真っ向から勝負を挑んでいる車種と言えます。

15歳から世界の卓球プレーヤーと戦ってきた水谷選手にとって、レクサスISの与えられたミッションに共感するような事があったのかもしれませんね。

レクサスISの魅力とは?

レクサスISはレクサスが日本で展開する前から海外で売られていたモデルであり、日本ではレクサスISと名付けられる前モデルのトヨタ・アルテッツァが存在していました。

2005年9月に日本でレクサスが展開されると同時に発売された2代目レクサスISでは世界中からデザイン・技術面から称賛され、2006年に「世界・カー・オブ・ザ・イヤー」最終候補まで残り、カナダ・「Car of the Year(テクノロジー賞)」をIS350で受賞、ドイツの「ゴールデン・ステアリング賞(高級車部門)」受賞など、他にもさまざまな賞を獲得し、世界戦略車として大成功を果たしました。

2013年5月にフルモデルチェンジされた3代目ISが登場しました。レクサスの新デザインアイコン「スピンドルグリル」を取り入れ、新たなヘッドランプユニットから独立したL字型のLEDクリアランスランプを装着など、外観は前モデルより一新されています。

今後の水谷隼選手の活躍は?

実は2020東京オリンピックでの引退を宣言している水谷選手。金メダリストとなった今回のオリンピック後に引退となると水谷選手にとっては有終の美になるのではないでしょうか。

今後の活動については現時点では明らかにされてはいませんが、その輝かしい功績と豊富な経験から今後の日本卓球界を牽引するなど活躍される事だと思います。今後の水谷選手にも注目ですね!

芸能人・有名人の愛車情報を公開中!

現在、MOBYでは150名を超える芸能人・有名人の愛車をお届けしています。中には本人に直接インタビューしたものも。詳細はこちらの記事から!

その他の最新情報

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

マツダの大本命!最も売れたマツダのSUV、CX-5のモデルチェンジは近い?

市販モデルがリーク!日産フェアレディZは2021年8月発表決定!

価格が判明?今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード