MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > 平成元年生まれのドリフトナンバーワンはどの車?70スープラやスカイラインも登場
エンタメ総合

更新

平成元年生まれのドリフトナンバーワンはどの車?70スープラやスカイラインも登場

平成と令和のスポーツカーはどこが違う?

トヨタ GRスープラ 発表会
新型GRスープラ発表会のステージ。

自動車のスペックやデザインは、日々更新されていくもの。令和のスポーツカーと平成のスポーツカーでは全く違う特徴があります。

平成初期のスポーツカーは、1.6~1.8Lのエンジンに軽いボディが特徴。当時は「ライトウェイトスポーツカー」という名称の、コンパクトで速い車が人気でした。価格も今と比べて安く、若者も気軽に購入して走りを楽しむことができました。

対して、平成の終わりから令和にかけて発表された新型スポーツカーのエンジンは、2.0~3.0Lの排気量が主流に。ターボの搭載やハイブリッド化も当たり前のようになりました。大排気量エンジンがもてはやされた時代を経て、今はエンジン自体の排気量を抑えつつ、ターボなどでパワーを出す方法が用いられています。
また、電動スポーツカー(EVスポーツカー)も登場するなど、各メーカーの個性や技術が際立っていることも特徴です。

さらに、懐かしの車名の復活も話題に。令和元年にデビューした「スープラ」や「RAV4」といった車名は、かつてのファンの心を弾ませました。新型スープラなど、令和元年(2019年)にデビューする新型車については以下をご覧ください。

2019年の新型車・フルモデルチェンジ・新車情報総まとめ【最新版】

平成元年 ドリフトナンバーワンはどのクルマ?

ベストモータリング 平成ドリフトナンバーワン08
©YouTube / Best MOTORing

Best MOTORing(ベストモータリング)では、平成元年に発売された車の中から、ドリキンこと土屋圭市がドリフトナンバーワンを決定。フィーリングだけでなく、最後には「ドリフトのコストパフォーマンス」を算出!安く、楽しくドリフトできる車を選出しています。

エントリーした6台はいずれも、令和の今となっては旧車と呼ばれるにふさわしい車ばかり。令和のスポーツカーとの違いを探しながら動画を見てみると楽しいかもしれません。

エントリーする6台を簡単にご紹介します。

トヨタ スープラ 2.0 GT

セリカから独立した、いわゆる「70スープラ」。平成元年に一部変更。翌年には70スープラとして最後のマイナーチェンジを行う。2.0Lエンジンを搭載したFR車。

最新「スープラ」中古車情報
本日の在庫数 177台
平均価格 516万円
本体価格 50~1,080万円
スープラの中古車一覧へ

【トヨタ スープラ 総まとめ】初代A70型、A80型の中古車相場価格から新型A90型まで

ユーノス ロードスター

ベストモータリング 平成ドリフトナンバーワン05 ユーノス ロードスター

平成元年に発売された、マツダのスポーツカーチャネル「ユーノス」第一弾車種。1.6L 120馬力のFRスポーツカー。当時は人気のあまり、手に入れるまで半年待ちだったとも。

スカイライン GTS-t

平成元年に発売された8代目スカイラインで、いわゆるR32型。エントリーしたのは4WDのGT-Rではなく、FRのGTS。なかでもGTS-tは、直6 2.0L 215馬力のエンジンを搭載したハイパフォーマンスモデル。
ちなみにFRグレードの発売後、スカイラインとして16年ぶりに4WDグレード「GT-R」が復活したことも、平成元年の話題となった。

最新「スカイライン」中古車情報
本日の在庫数 1504台
平均価格 232万円
本体価格 8~2,980万円
スカイラインの中古車一覧へ

ホンダ インテグラ XSi

平成元年にフルモデルチェンジされ、「カッコインテグラ」「調子インテグラ」などの愛称で親しまれた2代目。1.6L 160馬力VTECエンジンを搭載したFF車。2代目インテグラは、前の天皇陛下(今の上皇)の愛車だったことでも有名。

最新「インテグラ」中古車情報
本日の在庫数 52台
平均価格 59万円
本体価格 22~160万円
インテグラの中古車一覧へ

【御料車】令和のトヨタセンチュリーオープンカーから大正の初代からセンチュリーロイヤルまで

三菱 ランサー GSR RS

ベストモータリング 平成ドリフトナンバーワン01 三菱 ランサー GSR RS

平成元年にマイナーチェンジされたランサー。今回エントリーしたのは1.6L 160馬力 4WDモデル。

最新「ランサー」中古車情報
本日の在庫数 422台
平均価格 239万円
本体価格 13~715万円
ランサーの中古車一覧へ

マツダ ファミリア 4WD GT-X

ベストモータリング 平成ドリフトナンバーワン04 マツダ ファミリア 4WD GT-X

平成元年に7代目が発売される。GT-Xはラリー参戦のためのモデルで、1.8L 180馬力のフルタイム4WD

最新「ファミリア」中古車情報
本日の在庫数 10台
平均価格 81万円
本体価格 39~129万円
ファミリアの中古車一覧へ

ドリフトナンバーワンは?詳しくは動画をご覧ください

【YouTube】ベストモータリング公式チャンネル

ベストモータリング公式チャンネル
©YouTube / Best MOTORing

Best MOTORing(ベストモータリング)は、YouTube 自動車動画チャンネルでユーザー登録数 No1
スポーツカーを中心に、サーキットや峠でのバトルを多数公開しています!あの「頭文字D」をオマージュしたシリーズ企画も。毎週金曜・土曜 21時に更新しています!ぜひ、チャンネル登録してご覧ください!

Best MOTORing official ベストモータリング公式チャンネル

MOBYは、歴史ある「ベストモータリング」と共にクルマの楽しさを発信していきます。
今後の記事も、どうぞお楽しみに!

ベストモータリング名動画を紹介する記事はこちら

アウトバーン時速300km/hで日産 GT-Rとポルシェ ターボがバトル!勝者は?

マツダ ロータリーの歴史とその裏側が明かされる!RX-7(FD)がGT-Rとポルシェ944とバトルも

【湾岸ミッドナイト 実車バトル】悪魔のZがポルシェとフェラーリに挑む!スープラやGT-Rも

すべての画像を見る (9枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!