MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ドライブ > ドライブスポット・コース > 【河口湖】厳選おすすめグルメ・見どころ・撮影スポット案内|かき氷は要チェック!

【河口湖】厳選おすすめグルメ・見どころ・撮影スポット案内|かき氷は要チェック!

見どころが多い河口湖。クルマで1日で回れるおすすめスポットを厳選してお届け。

河口湖湖畔に止まるマツダ6

河口湖とは?

  • 富士五湖ヒエラルキーでは最も上に属する。観光スポット、温泉宿泊施設、飲食店などが最も多い。富士急行線河口湖駅が近くにあることも大きな要因。富士五湖の内、河口湖が最も早く観光開発されたのも大きい。
  • 富士山のほぼ真北に位置する。所在地は山梨県南都留郡富士河口湖町。
  • 富士五湖の中では最も海岸線が長く、面積は2番目の広さを誇る。標高は最も低い。
  • 世界遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一つ。構成No.12。
河口湖畔の温泉宿街
河口湖岸東側は温泉宿が立ち並ぶ。

河口湖のスペック

河口湖大橋と河口湖
面積(平方km)5.48
周囲長(km)19.08
湖面標高(m)833
最大水深(m)14.6
貯水量(万t)5,300
透明度(m)7.0

アクセス

マップ左上のメニューで、見どころ、グルメ、おみやげ・地産、撮影スポットとこの記事で紹介するお店、スポットを分けています。

東名高速道路から

御殿場ICを降りて国道138号線を富士吉田方面へ。須走から有料道路「東富士五湖道路」を通って約35km、約50分で河口湖大橋に到着。下道でも距離はほとんど変わらず所要時間プラス15分程度。山中湖に寄り道したい。

中央高速道路から

河口湖インターを降りて国道139号線を河口湖方面へ。河口湖大橋まで約4.5km、約10分。

富士急行で河口湖まで行ってレンタカーもおすすめ

富士急行線「富士登山電車」
着席券200円で乗れる「富士登山電車」工業デザイナーの水戸岡鋭治がデザインしたレトロモダンな電車。

フジサン特急、富士登山電車など多彩な観光列車を有する富士急行線に乗って、河口湖駅近くのレンタカーを借りてドライブもおすすめ。帰り道で渋滞する高速道路とおさらば。東京からは新宿駅から乗り換え不要の直行特急「富士回遊」号もおすすめ。河口湖駅から河口湖まではすぐ近く。

見どころ・遊びどころ

遊覧船「アンソレイユ号」

河口湖の遊覧船「アンソレイユ号」の乗り場
「アンソレイユ号」遊覧船乗り場。
タイミング悪く沖合に出航中で観光船は撮影できず。
アンソレイユ号。背景は富士山
「アンソレイユ号」運航会社の富士五湖汽船メディア向け画像

河口湖観光のど定番、遊覧船。フランス語で「日当たり良好」の意味の「アンソレイユ号」。フランス風のデザインの観光船。乗船料金は、おとな1,000円、こども500円。基本的に毎日運行、季節により運航時間が異なるが午前9時〜16時台に30分間隔で運航が中心。運行状況は公式HPでご確認を。

富士パノラマロープウェイ

富士パノラマロープウェイ

富士パノラマロープウェイも河口湖のど定番。頂上の展望台からは富士山と河口湖を見下ろす絶景ポイント。紅葉シーズンはさらに絶景。昔話の「カチカチ山」の聖地巡礼でもある。山頂の標高は1,075m。河口湖の湖面標高は833mなので、約200m登ることになる。往復運賃は、おとな900円、こども450円。運行時間は午前9時〜午後17時(通常期)。運行状況は公式HPで確認を。

【ライブ配信】山頂展望台から

美術館

河口湖周辺には幾つかの美術館、ミュージアムが存在。その中でも「河口湖美術館」、「音楽と森の美術館」がおすすめ。この2つの美術館は双方近くに位置する。

音楽と森の美術館の駐車場。車はマツダ6

河口湖美術館

常設展示はなく、期間毎にテーマが設けられる非常設美術館。主に富士山にちなむ美術作品を展示。

開館時間:AM9:30〜PM5:00(最終入館16:30)
入館料:おとな800円、中・高校生500円、小学生以下無料。
休館日:毎週火曜、年末等。
最新情報は公式HPをご確認ください。

音楽と森の美術館

文字通り音楽がテーマの美術館。公式HPによれば「急ぎ足なら90分、じっくり回れば一日中楽しめる」とのこと。世界的に貴重なオルゴールや自動演奏楽器がメイン。タイタニック号に搭載予定だった自動演奏楽器も。日本有数の規模を誇るローズガーデンを筆頭に四季を通じて花も楽しめる。

開館時間:AM10:00〜PM5:30(最終入館5:00)
入館料:おとな1,800円、大学・高校生1,300円、小・中学生1,000円。
休館日:不定
最新情報は公式HPをご確認ください。

富士御室浅間神社

冨士御室浅間神社の本殿と門

富士御室浅間神社は「ふじおむろせんげんじんじゃ」と読む。世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の1つに登録されている。

撮影スポット

河口湖畔から河口湖と富士山を望む。マツダ6のリアとともに

やはり河口湖では湖と富士山を画角に収めて撮影したい。河口湖北側の湖畔に沿って走れば、いくつか車を安全かつ駐車違反にならない撮影スポットを容易く見つけることができる。とりわけ、おすすめしたいのは次の2ヶ所。

大石公園

大石公園から望む富士山と河口湖

河口湖北岸にある公園で、ラベンダー畑が広がる富士山の撮影ポイント。カフェ、おみやげ屋などの「河口湖自然生活館」(後述)が大石公園の入り口にある。広い駐車場も完備。

奥河口湖さくらの里公園近くの旧道

奥河口湖の旧道から望む富士山と河口湖

河口湖北側湖畔沿いの「湖北ビューライン(県道21号線)」、奥河口湖さくらの里公園の近くにトンネルが2ヶ所あり、それぞれのトンネルを迂回する旧道も撮影スポット。旧道といっても最近整備がきちんとされた様子。富士山の手前に河口湖南岸の丘があるが、静かな湖らしい写真を撮ることができる。

富士山を画角に入れない撮影もまた良し

シッコゴ公園と河口湖と雪化粧の山

奥河口湖南岸の「シッコゴ公園」からは侘び寂びを感じる原風景を撮影できる。すぐ近くに前述の「富士御室浅間神社」があるので、ついでに参拝するのも良し。

地産・おみやげ

河口湖自然生活館

河口湖自然生活館の建物と富士山

「ブルーベリーの里」というサブタイトルがついている。富士山が見えるカフェや土産物、地産ショップがある。ブルーベリージャム作り体験もここで(要予約)。入館無料。営業時間はAM9時〜PM5時。詳細、最新情報は公式HPをご確認ください。

河口湖チーズガーデン

河口湖チーズガーデン店舗外観

富士山麓の朝霧高原で育った乳牛のミルクが原材料のチーズ。一番人気は「朝霧高原チーズケーキ」。「河口湖ガーデンロール」、「サワーフロマージュ」も人気。

地元の野菜、フルーツはロードサイドの「激安市場お店で

地元で採れた新鮮な野菜、フルーツを段ボール箱ごと激安価格で購入するなら「激安市場バイパス店」。河口湖大橋北側などロードサイドに複数店舗を構える。まとめ買いしてお土産にも良し。

おすすめグルメは「ほうとう不動」とかき氷専門店「信水堂」

ほうとう不動

ほうとう不動のほうとうとメニュー
ほうとう一択のメニュー。出汁がしっかりした素朴な味噌仕立て。

山梨名物「ほうとう」は簡単にいえば太いうどん。歯ごたえあり、食べごたえ十分な郷土料理。「ほうとう不動」は文字通りほうとう専門、ほうとうのメニューは1つのみの真剣勝負。河口湖周辺に複数店舗あるが、ほうとうを切り分ける前の塊を表現した建物、かまくらの内部で食べる雰囲気を楽しめる「東恋路店」がおすすめ。

ほうとう不動の建物外観と内装
独特な外観と内装

「信水堂」かき氷

信水堂のかき氷。信玄氷と貴陽みるく
左は一番人気の「信玄氷」は練乳ときな粉と黒蜜。信玄餅は山梨名物。右は「貴陽みるく」。貴陽は世界一重いすもも。

河口湖の玄関口、河口湖大橋から約3.5km、車で7分程のところにある一軒家のかき氷専門店。アンジャッシュ渡部さんも足を運んだ名店。富士山の天然水をじっくり凍らせた口溶け良く頭がキーンとならないかき氷に自家製の絶品ソースをたっぷりと。

信水堂建物外観

取材の足は「Mazda6」

大石公園駐車場に停まるマツダ6。背景は富士山と河口湖

2.5Lターボエンジンで余裕の走りのMazda6(マツダ6)25T セダンで取材。試乗レポートは下記をご覧ください。

河口湖から足を伸ばして富士五湖巡りはいかが?

隣接の西湖の湖畔を走って「子抱き富士」の精進湖、からの千円札裏に描かれる富士山と同じ景色が望める本栖湖へ…

すべての画像を見る (20枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード