MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ドライブ > ドライブスポット・コース > 【関東甲信越】混浴温泉 全81施設&おすすめランキングTOP10|2020年最新情報

【関東甲信越】混浴温泉 全81施設&おすすめランキングTOP10|2020年最新情報

関東甲信越地方の混浴温泉一覧

都道府県 温泉名 施設名 施設形態 入浴方法
群馬県 法師温泉 長寿館 宿泊施設-日帰りあり
群馬県 沢渡温泉 まるほん旅館 宿泊施設-日帰りあり 水着着用
群馬県 四万温泉 積善館 宿泊施設-日帰りあり 湯浴み着着用
群馬県 四万温泉 中生館 宿泊施設-日帰りあり バスタオル着用
群馬県 四万温泉 たむら 宿泊施設-日帰りあり 水着着用
群馬県 四万温泉 つばたや旅館 宿泊施設-日帰りあり 水着着用
群馬県 四万温泉 鍾寿館 宿泊施設-宿泊客のみ
群馬県 水上温泉郷 汪泉閣 宿泊施設-日帰りあり 湯浴み着着用
群馬県 水上温泉郷 天狗の湯 きむら苑 宿泊施設-日帰りあり
群馬県 水上温泉郷 金盛館せせらぎ 宿泊施設-宿泊客のみ
群馬県 万座温泉 万座プリンスホテル 宿泊施設-日帰りあり
群馬県 万座温泉 豊国館 宿泊施設-日帰りあり
群馬県 猿ヶ京温泉 湖城閣 宿泊施設-日帰りあり
群馬県 老神温泉 金龍園 宿泊施設-日帰りあり
群馬県 老神温泉 伍楼閣 宿泊施設-日帰りあり 湯浴み着着用
群馬県 川古温泉 浜屋旅館 宿泊施設-日帰りあり 湯浴み着着用
群馬県 半出来温泉 登喜和荘 宿泊施設-日帰りあり
群馬県 川中温泉 かど半旅館 宿泊施設-宿泊客のみ
群馬県 湯宿温泉 湯本館 宿泊施設-日帰りあり
群馬県 草津温泉 西の河原露天風呂 日帰り入浴施設 水着着用
群馬県 八塩温泉 神水館 宿泊施設-日帰りあり
群馬県 京塚温泉 しゃくなげ露天風呂 日帰り入浴施設
群馬県 赤城温泉 御宿総本家 宿泊施設-日帰りあり
栃木県 那須温泉郷 北温泉旅館 宿泊施設-日帰りあり 水着着用
栃木県 那須温泉郷 水清館 宿泊施設-宿泊客のみ
栃木県 那須温泉郷 大丸温泉旅館 宿泊施設-日帰りあり
栃木県 那須温泉郷 煙草屋旅館 宿泊施設-宿泊客のみ
栃木県 湯西川温泉 湯の季 宿泊施設-日帰りあり
栃木県 川治温泉 薬師の湯 日帰り入浴施設
栃木県 塩原温泉郷 湯荘白樺 宿泊施設-日帰りあり
栃木県 塩原温泉郷 共同浴場 寺の湯 日帰り入浴施設
栃木県 塩原温泉郷 大出館 宿泊施設-日帰りあり
栃木県 塩原温泉郷 明賀屋本館 宿泊施設-日帰りあり
栃木県 塩原温泉郷 湯守田中屋 宿泊施設-日帰りあり
栃木県 塩原温泉郷 元泉館 宿泊施設-日帰りあり
栃木県 塩原温泉郷 ゑびすや 宿泊施設-日帰りあり
栃木県 塩原温泉郷 共同浴場 もみじの湯 日帰り入浴施設 バスタオル着用
栃木県 塩原温泉郷 和楽遊苑 宿泊施設-宿泊客のみ 水着着用
栃木県 塩原温泉郷 和泉屋旅館 宿泊施設-日帰りあり
栃木県 塩原温泉郷 東や 宿泊施設-日帰りあり
栃木県 川俣温泉 こまゆみの里 宿泊施設-日帰りあり
栃木県 川俣温泉 仙心亭 調査不能
栃木県 鬼怒川温泉 仁王尊プラザ 宿泊施設-日帰りあり 水着着用
栃木県 奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 宿泊施設-日帰りあり バスタオル着用
栃木県 奥鬼怒温泉郷 加仁湯 宿泊施設-日帰りあり バスタオル着用
栃木県 奥鬼怒温泉郷 日光澤温泉 宿泊施設-日帰りあり
栃木県 湯西川温泉 金井旅館 宿泊施設-日帰りあり
埼玉県 熊谷温泉 ホテルヘリテイジ 宿泊施設-日帰りあり 水着着用
千葉県 浦安温泉 大江戸温泉物語 浦安万華郷 宿泊施設-日帰りあり 水着着用
東京都 八丈島 裏見ヶ滝温泉 日帰り入浴施設 水着着用
東京都 式根島 松ヶ下雅湯 日帰り入浴施設 水着着用
東京都 式根島 足付温泉 日帰り入浴施設 水着着用
東京都 式根島 地鉈温泉 日帰り入浴施設 水着着用
東京都 神津島 温泉保養センター 日帰り入浴施設 水着着用
東京都 大島温泉 浜の湯 日帰り入浴施設 水着着用
東京都 新島温泉 湯の浜露天温泉 日帰り入浴施設 水着着用
神奈川県 箱根温泉 湯さか荘 宿泊施設-日帰りあり 湯浴み着着用
神奈川県 箱根温泉 箱根小涌園ユネッサン 日帰り入浴施設 水着着用
神奈川県 三浦マホロバ温泉 マホロバマインズ三浦 宿泊施設-日帰りあり 水着着用
山梨県 裂石温泉 雲峰荘 宿泊施設-日帰りあり
山梨県 川浦温泉 山県館 宿泊施設-日帰りあり
山梨県 赤石温泉 赤石温泉 宿泊施設-日帰りあり
山梨県 下部温泉 旅館いしもと 宿泊施設-宿泊客のみ
山梨県 下部温泉 古湯坊 源泉館 宿泊施設-宿泊客のみ
山梨県 増富温泉 不老閣 宿泊施設-宿泊客のみ
長野県 松代温泉 一陽館 宿泊施設-日帰りあり
長野県 角間温泉 岩屋館 宿泊施設-日帰りあり
長野県 高山温泉郷 滝の湯 宿泊施設-日帰りあり
長野県 屋敷温泉 秀清館 宿泊施設-日帰りあり
長野県 白骨温泉 泡の湯旅館 宿泊施設-日帰りあり
長野県 白骨温泉 丸永旅館 宿泊施設-日帰りあり バスタオル着用
長野県 湯田中渋温泉郷 くつの館 宿泊施設-日帰りあり
長野県 湯田中渋温泉郷 後楽園 宿泊施設-日帰りあり
長野県 本沢温泉 八ヶ岳 本沢温泉 宿泊施設-宿泊客のみ 水着着用
長野県 鹿教湯温泉 河鹿荘 宿泊施設-日帰りあり
長野県 鹿教湯温泉 つるや旅館 宿泊施設-日帰りあり 湯浴み着着用
長野県 切明温泉 雄川閣 宿泊施設-日帰りあり 水着着用
長野県 葛温泉 仙人閣 宿泊施設-日帰りあり
長野県 中房温泉 中房温泉 宿泊施設-宿泊客のみ
長野県 上林温泉 塵表閣本店 宿泊施設-日帰りあり 湯浴み着着用
長野県 白樺湖温泉 池の平ホテル 宿泊施設-日帰りあり 水着着用

関東甲信越地方の混浴温泉おすすめランキング TOP10

数ある関東甲信越地方の混浴温泉の中から、MOBY編集部温泉チームが選ぶおすすめ混浴温泉をランキングで紹介します。「関東県内の混浴温泉に行ってみたいけど、意外に数が多すぎてどこを選んでいいかわからない…」という方はぜひ参考にしてみてください。人それぞれ重要視する箇所は違うと思いますが、温泉の質はもちろん、雰囲気や施設の数など様々な観点から選んでいます。

【1位】栃木県・塩原温泉郷

栃木県那須塩原市にある「塩原温泉郷」。古くから湯治場として有名な「板室温泉」をはじめ、約11のそれぞれ異なった泉質を持つ温泉が集まった温泉地です。山間の箒川沿いを中心に広がる温泉地は、四季折々の自然が楽しめ、ゆっくりとした時間を過ごせます。混浴温泉の数もかなりのものです。

湯荘白樺(ゆそうしらかば)

標高約970mに位置する塩原温泉郷のひとつ「新湯温泉」にある「湯荘白樺」。天然の硫黄泉をそのまま掛け流しで注入しており、泉質は「単純酸性硫黄温泉」です。乳白色の湯が特徴で、きりきず、慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病、動脈硬化症などに良いとされています。混浴専用の露天風呂「七福の湯」では、四季折々の豊かな自然を感じながら湯あみを楽しめます。内湯は男性、女性専用に別れており、天然硫黄泉掛け流し。気軽に立ち寄り湯を楽しめる他にも、ゆっくりと食事も楽しめる客室や大広間での休憩プランも利用できます。

入浴時間・料金

入浴時間:10:00~20:00
料金:500円

湯荘白樺公式サイト
http://www.mmjp.or.jp/sirakaba/

大出館(おおいでかん)

日本で唯一「墨の湯」が楽しめる「大出館」。通常、鉄分が豊富な温泉は赤茶色のものがほとんどですが、ここの温泉は真っ黒の湯が特徴です。泉質は「炭酸水素塩温泉」で、効能はリュウマチ、糖尿病、関節痛に神経痛、さらに貧血気味の方には飲泉も良いと言われています。お湯に浸かると黒い湯花が付着するため、真っ黒に染まったタオルを温泉の想い出に持ち帰る人も。その他にも、天候や季節によってエメラルドグリーンや乳白色、灰色などに色が変化する「五色の湯」、子宝の湯とも呼ばれている「高尾の湯(女性専用)」なども楽しめます。日帰り入浴でも、全ての種類の温泉を堪能できます。

入浴時間・料金

入浴時間:10:00~16:00(受付終了時間14:00)
料金:大人700円/子供(3歳~15歳未満)400円

大出館公式サイト
https://www.ooidekan.com/

明賀屋本館(みょうがやほんかん)

川のすぐそばにある「川岸露天風呂」が自慢の「明賀屋本館」。泉質は「ナトリウム塩化物泉」と「単純温泉」の浴槽があり、ナトリウム塩化物泉は保温効果、単純温泉は美肌効果とそれぞれ違った効能が楽しめます。全ての浴槽は源泉かけ流しとなっており、2色のにごり湯が特徴。混浴専用と女性専用の川岸露天風呂で、川のせせらぎを聴きながらの湯あみは格別。内湯や貸切風呂も利用できます。敷地内には飲泉所もあり、明賀屋本館の温泉は、胃腸の消火液分泌及び運動の促進、胃腸病や慢性便秘に効果が期待できると言われています。

入浴時間・料金

入浴時間:11:00~14:30(90分間)
料金:大人1,500円(2名以上は1人につき1,000円)/子供(小学生)700円

明賀屋本館公式サイト
http://www.myogaya.com/

湯守田中屋(ゆもりたなかや)

箒川(ほうきがわ)の渓谷の雄大な自然の中に佇む「湯守田中屋」。野天風呂をはじめ、展望風呂や渓谷風呂など、全ての温泉が源泉かけ流しの100%天然温泉です。泉質は「硫酸塩温泉」で動脈硬化症やきりきず、火傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱児童に効能があると言われています。日帰り入浴で楽しめる野天風呂は、約300段の階段を下った渓谷内にあり、その名の通り大自然の木々に囲まれながら湯あみを堪能できます。開放感あふれる「仙郷湯」をはじめ、三種類の混浴風呂が利用できます。

入浴時間・料金

入浴時間:10:00~16:00(受付終了時間14:00)
料金:大人1,100円/子供(6歳~)660円/幼児(3歳~)440円

湯守田中屋公式サイト
http://tnky.jp/

元泉館(げんせんかん)

塩原温泉発祥の地、奥塩原元湯温泉を流れる赤川渓谷沿いにある「元泉館」。乳白色や緑色の自家源泉をかけ流しで楽しめます。日帰りで利用できる「高尾の湯」の泉質は「炭酸水素塩温泉」で、リウマチ性疾患、神経痛、運動障害などに効能があるとされています。渓流露天風呂では、赤川のせせらぎを聴きながらゆっくりと湯あみを堪能することが可能。夜になると渓流が美しくライトアップされるため、夜間の湯あみも格別です。美人の湯として知られており、湯上りにはお肌がスベスベになりますので女性にもおすすめです。

入浴時間・料金

入浴時間:8:00~20:00(120分)
料金:800円

元泉館公式サイト
https://gensenkan.com/

ゑびすや

通称「ラムネの湯」(炭酸泉)と呼ばれる、梶原の湯が自慢の「ゑびすや」。温泉の泉質は「炭酸水素塩温泉」で、胃腸病や高血圧症、糖尿病、神経痛、切り傷、火傷、リュウマチ、婦人病、皮膚病などに効能があるとされています。熱めの「弘法の湯」とぬるめの「梶原の湯」のふたつの混浴風呂があり、これぞ温泉といった硫黄の香りが漂います。女性専用の婦人風呂も利用可能。自然に囲まれた環境にあり、付近には渓谷遊歩道もありますので、自然の中を散策した後に温泉に…といった楽しみ方もできます。

入浴時間・料金

入浴時間:10:00~14:00
料金:大人800円/子供300円

ゑびすや公式サイト
http://ebisuya3.sakura.ne.jp/

和泉屋旅館(いずみやりょかん)

歴史に名を残す、多くの文人、画人に愛された宿「和泉屋」。温泉の泉質は「硫酸塩温泉」で、神経痛や関節痛、運動麻痺や打ち身、慢性消化器病、疲労回復、慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷に火傷などの効能があります。三か所の貸切風呂と女性用大浴場、男性用大浴場、露天風呂の他に、名物の混浴風呂「大ぶろ」が利用できます。大ぶろはその名の通り、プールのように広々とした浴槽のお風呂。解放感あふれる中での混浴が楽しめます。別館の「文学亭」では、過去に宿泊した文人、画人の墨跡、筆跡を展示紹介していますので、興味のある方は足を運んでみるのもいいでしょう。

入浴時間・料金

入浴時間:14:00~17:00
料金:800円

和泉屋旅館公式サイト
http://www.e-izumiya.jp/

東や(あずまや)

アットホームな雰囲気の家族経営の温泉宿「東や」。温泉の泉質は「塩化物温泉」で、加温や加水、循環等を一切おこなっていない、すべて源泉かけ流しの湯です。無色透明の温泉はとろりとして柔らかく、肌触りの良さが特徴。自慢の露天風呂は混浴で、上段、下段に別れており、周囲は林に囲まれているため静かな時間を過ごせます。その他にも、天然の溶岩で壁を塞いだという男性専用の「源氏風呂」や女性専用温泉風呂、家族風呂なども利用できます。

入浴時間・料金

入浴時間:10:00~17:00(120分)
料金:500円

東や公式サイト
http://www.azuma-ya.net/

和楽遊苑(わらくゆうえん)

「しわけしの湯」と呼ばれる源泉かけ流しの温泉が楽しめる「和楽遊苑」。「しわけし」の名前の通り、美肌の湯として親しまれている温泉のため、美容に気を使う女性の方に特におすすめです。温泉の泉質は「弱アルカリ泉」、「炭酸水素塩泉」で、運動機能障害、美肌効果、疲労回復などの効能があります。露天風呂では四季折々の景色を楽しめ、蛍の季節になると蛍が飛び交う様子まで眺めることも。水着、または湯あみ着を着用して入浴できますので、仲の良いグループなどで利用するのにもぴったりです。

入浴時間・料金

※宿泊客のみ利用可能

和楽遊苑公式サイト
https://www.waraku32.com/

共同浴場 寺の湯(てらのゆ)

塩原温泉郷の新湯地区にある共同浴場のひとつ「寺の湯」。同地区のその他の共同浴場は、すべて男女別になっていますが、この寺の湯だけは男女混浴です。新湯のシンボルでもある硫黄山のすぐ下にある温泉のため、やや熱めの湯が特徴。泉質は「硫酸塩泉」で、硫黄を含む乳白色の温泉になっています。入り口の脇にある料金箱に料金を入れてはいる、無人のこぢんまりとした共同浴場ですので気軽に利用できます。

入浴時間・料金

入浴時間:7:00~18:00
料金:300円

塩原温泉郷公式ホームページ
http://www.siobara.or.jp/viewhigaeri.htm

共同浴場 もみじの湯

塩原温泉郷の古町地区にある共同浴場「もみじの湯」。その名の通り、周辺はもみじの木立に囲まれており、新緑や紅葉などの四季折々の木々の中、入浴できます。泉質は「炭酸水素塩泉」で、源泉の温度が高いため、加水による温度調節がしてあります。男女混浴ですので、女性はバスタオル、または湯あみ着の着用を。遊歩道のすぐ近くにあるため、散策の後の温泉にもおすすめです。

入浴時間・料金

利用時間:日中(19:00~7:00は湯が抜いてあります)
料金:100円

塩原温泉郷公式ホームページ
http://www.siobara.or.jp/viewhigaeri.htm

【2位】群馬県・四万温泉

群馬県の「四万温泉」は、四万川沿いに温泉街が広がっており、5つの温泉街で構成されています。昭和29年に国民保養温泉地として国からはじめて認められた温泉地で、全42箇所もの源泉がある豊富な湯量も特徴。標高1,000mを超える山々に囲まれた場所にありますので、年間を通して涼しく、避暑地としても人気があります。混浴温泉の数もかなりのものです。

積善館(せきぜんかん)

四万温泉を代表すると言っても過言ではない温泉旅館「積善館」。群馬県の重要文化財にも指定されていることで有名です。温泉の泉質は「塩化物硫酸塩温泉」で、リウマチ性疾患、運動器障害、虚弱児童、慢性炎症、更年期障害などの効能があるとされています。保湿、美肌効果のある「美肌の湯」としても有名ですので、女性にもぴったり。立ち寄り湯では、重要文化財に指定されている「元禄の湯」と混浴可能の岩風呂を利用できます。個室での昼食がセットになった日帰りプランも、ゆっくりとした時間を楽しみたいという方におすすめです。

入浴時間・料金

利用時間:11:00~16:00(17:00まで入浴可能)
料金:大人1,200円/子供(3歳~11歳)800円/幼児(2歳)無料

積善館公式サイト
https://www.sekizenkan.co.jp/

中生館(ちゅうせいかん)

四万温泉の最奥、渓流や森などの自然に囲まれた静かな場所にある温泉宿「中生館」。川のせせらぎを聴きながら入浴が楽しめる露天風呂が自慢。泉質は無色透明の「塩化物硫酸塩温泉」で、慢性消化器病、神経痛、関節痛、疲労回復、婦人病などに効能があるとされています。混浴可能な「かじかの湯」は水着、もしくはバスタオル着用可能、女性専用の内風呂「槙の湯」もありますので、女性でも安心して利用できます。夜には自然の中で星を眺めながらの入浴も楽しめます。

入浴時間・料金

利用時間:10:00~14:00
料金:大人500円

中生館公式サイト
http://www.chuseikan.jp/kannai.html

四万たむら(しまたむら)

敷地内に七ヶ所もの鉱泉地を持つ温泉旅館「四万たむら」。四万グランドホテルと合わせて10種類ものお風呂を源泉かけ流しで24時間楽しめます。泉質は「硫酸塩温泉」で、効能は神経痛や関節痛、慢性消化器病、慢性皮膚病、慢性婦人病など。塩の成分が保湿、保温効果を高め、美肌成分「メタケイ酸」が通常の三倍以上含まれています。新湯川の川原に掘った露天風呂で混浴を楽しむことができ、夏はプールからそのまま水着で露天風呂を利用することもできます。

入浴時間・料金

日帰り入浴プランあり(要確認)

四万たむら公式サイト
http://www.shima-tamura.co.jp/

つばたや旅館

四万川の清流を眺めながら湯あみが楽しめる温泉旅館「つばたや旅館」。敷地内には自家源泉があり、加水なしの源泉100%かけ流しの温泉が楽しめます。温泉の効能は、神経痛、関節痛、運動麻痺、慢性消化器病、疲労回復、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など。開放感満点の手作り露天風呂では混浴が楽しめ、川の真横にありますので、爽やかな空気の中で入浴できます。水着や湯浴み着、バスタオルなどの着用もできますので、女性も安心して利用可能です。

入浴時間・料金

利用時間:12:00~15:00
料金:大人1,000円(2時間まで)

つばたや旅館公式サイト
http://www16.plala.or.jp/tubataya/

鍾寿館(しょうじゅかん)

木造りの情緒ある雰囲気の温泉宿「鍾寿館」。団体旅館ではないので、静かでゆっくりとした時間を過ごしたいという方にぴったりです。泉質は「石膏食塩泉」で無色透明、源泉湧出地からお風呂までが近いため、湧いてすぐの新鮮な温泉を楽しめます。露天風呂風の広い混浴風呂をはじめ、各湯を塀で仕切られた一組ごとの露天風呂もありますので、カップルや仲の良い友達同士での利用にも。周辺には昭和レトロな雰囲気の温泉街が広がっていますので、温泉後の散策もおすすめです。

入浴時間・料金

※宿泊客のみ利用可能

鍾寿館公式サイト
http://www.naf.co.jp/shojukan/onsenroten.stm

【3位】群馬県・那須温泉郷

開湯1300年以上の歴史と栃木県内最大の湧出量を誇る、栃木県の「那須温泉郷」。「那須湯元温泉」をはじめ、「大丸温泉」、「弁天温泉」、「北温泉」、「八幡温泉」、「高尾温泉」、「三斗小屋温泉」、「板室温泉」などの温泉地が集まって、温泉郷を形成しています。温泉地を大相撲の番付に見立ててランキングにした「温泉番付」では、「草津温泉」に次いで二番手に格付けされているほど人気の温泉地です。

北温泉旅館(きたおんせんりょかん)

那須の秘境のような山奥に佇む温泉宿「北温泉旅館」。レトロな雰囲気漂う温泉宿で、映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地としても有名です。巨大な天狗のお面がかけてある「天狗湯」をはじめ、女性専用の展望風呂、男女別の露天風呂などのお風呂を楽しめます。中でもまるでプールのような大きな露天風呂の「泳ぎ湯」は、水着を着用して入ることができ、滑り台もありますので、子供連れにもおすすめ。タイムスリップしたような空間で日頃の疲れをじっくりと癒せるスポットです。

入浴時間・料金

利用時間:8:30~16:30
料金:大人700円/子供(1歳~小学生)400円

北温泉旅館公式サイト
http://www.kitaonsen.com/mokuj.htm

大丸温泉旅館(おおまるおんせんりょかん)

裏山にある自家源泉から流れ出る天然温泉を楽しめる一軒宿「大丸温泉旅館」。「メタケイ酸」を多く含むことから「美肌の湯」としても有名で、疲労回復や神経痛、冷え性、美肌効果などの効能があるとされています。また、飲泉することで胃腸病への効果も。混浴可能な「白樺の湯」、「あじさいの湯」、「あざみの湯」は、どれも四季折々の自然の中で入浴できる露天風呂。女性専用の露天風呂も利用できます。ロビーには「乃木希典将軍」のゆかりの品展示コーナーもありますので、興味のある方は覗いてみてはいかがでしょうか。

入浴時間・料金

利用時間:11:30~14:30(入浴は15:00まで)
料金:大人1,000円/子供(3歳~小学生)700円

大丸温泉旅館公式サイト
http://www.omaru.co.jp/

水清館(すいせいかん)

家族経営のアットホームで温かみのある雰囲気の一軒宿「水清館」。湯船たっぷりの源泉かけ流しの温泉を楽しめます。露天風呂の「長寿湯」では混浴を楽しむことができ、周囲を木造の仕切りで囲まれていますので安心して入浴可能です。透明感抜群の温泉が楽しめるタイル貼りの内湯もあり、レトロで懐かしい雰囲気を感じさせてくれます。

入浴時間・料金

※宿泊客のみ利用可能

板室温泉旅館組合公式サイト
https://www.itamuro.com/ryokancat/%E6%B0%B4%E6%B8%85%E9%A4%A8/

煙草屋旅館(たばこやりょかん)

那須連山に囲まれた大自然の中の温泉旅館「煙草屋旅館」。最短コースでも徒歩約2時間かかるため、奥那須の秘湯と言えるスポットです。周囲の遠くの山々が見渡せる野天風呂は、これぞ絶景という景色の中で入浴できます。昭和チックな山小屋で、自家発電、完全予約制の個室、さらにはスマホも利用できない環境にありますので、日常生活を忘れてゆっくりしたいという人に特におすすめ。山の中にある温泉旅館のため、毎年4月下旬頃から11月下旬頃までしか営業をおこなっていません。

入浴時間・料金

※宿泊客のみ利用可能

煙草屋旅館公式サイト
https://www.tabakoyaryokan.com/

【4位】栃木県・水上温泉郷

利根川源流部近くに集まる温泉地で形成されている群馬県の「水上温泉郷」。「奥利根温泉郷」の名でも知られています。渓流沿いの崖に温泉街を形成している「水上温泉」をはじめ、「谷川温泉」、「うの瀬温泉」、「湯檜曽温泉」、「向山温泉」、「藤原湖温泉」、「宝川温泉」など数多くの温泉地があります。素晴らしい渓谷美に囲まれた地が多く、自然の中でゆっくりと温泉を楽しめます。

汪泉閣(おうせんかく)

利根川の最上流、宝川渓流沿いの大自然の中に佇む一軒宿「汪泉閣」。巨石をふんだんに使用した大露天風呂が自慢の宿で、宝川の清流を感じながら入浴可能。源泉掛け流し100%の天然温泉の泉質は「単純温泉」。神経痛リュウマチ、病後回復、関節痛、筋肉痛、消化器、神経痛などに効能があるとされています。宝川温泉の象徴とも言われる「摩訶の湯」をはじめ、200畳もの面積を誇る広大な「子宝の湯」、子供でも安心して入浴できる浅めの「般若の湯」など、様々な温泉を混浴で楽しめます。湯浴み着の着用も可能なので、女性も安心です。

入浴時間・料金

利用時間:9:00~17:00(受付は16:00まで)
料金:大人2,000円/子供1,500円(湯浴み着付き)

汪泉閣公式サイト
https://www.takaragawa.com/

天狗の湯 きむら苑(てんぐのゆ きむらえん)

鳥のさえずりや川のせせらぎが聞こえる、自然に囲まれた静かな温泉旅館「天狗の湯 きむら苑」。温泉の泉質は「硫酸塩温泉」で無臭透明、神経痛や関節痛、運動麻痺、くじき、慢性消化器病、疲労回復、皮膚病、動脈硬化などに効能があるとされています。天狗橋を渡った先にある大露天風呂で混浴可能です。約100平方メートルにも及ぶ広々とした露天風呂で、大自然の中、ゆっくりと温泉を楽しめます。男女別の内風呂からも、四季折々の風景を眺めながら入浴できます。

入浴時間・料金

利用時間:10:00~17:00
料金:800円

天狗の湯 きむら苑公式サイト
http://www.tengunoyu.net/

金盛館せせらぎ(きんせいかんせせらぎ)

4つの源泉を100%かけ流しで楽しめる温泉旅館「金盛館せせらぎ」。温泉遺産にも認定されている上質な泉質が自慢です。泉質は「弱アルカリ単純泉」で、神経痛やリウマチ、胃腸病、冷え性、美肌効果などの効能があるとされています。谷川のほとりにある混浴露天風呂「せせらぎの湯」は、春には桜、夏には深緑、秋には紅葉、冬には雪景色を眺めながら湯あみを満喫できます。館内にある飲泉所で温泉を飲むこともでき、慢性の胃腸病や便秘などに効能があると言われています。容器を持参すれば無料で持ち帰ることも可能です。

入浴時間・料金

※宿泊客のみ利用可能

金盛館せせらぎ公式サイト
http://www.seseragi.co.jp/

【5位】群馬県・万座温泉

海抜1800メートルの高山にある温泉地の「万座温泉」。軽井沢の奥座敷として知られており、大自然の中から27種類もの泉質をもった温泉が湧き出ています。たくさんの緑に囲まれた上信越高原国立公園内の中にありますので、夏は避暑地、秋は紅葉、冬はスキーと四季折々の自然を楽しめるのが魅力。美肌効果を持った温泉も多く、女性からも人気の高い温泉地です。

万座プリンスホテル(まんざぷりんすほてる)

万座温泉スキー場のゲレンデと直結している便利な「万座プリンスホテル」。星に一番近い温泉として知られる万座温泉の露天風呂らしく、壮大な景観と夜は満天の星空を眺めながら入浴できます。泉質は「硫酸塩温泉」で、効能は神経痛や筋肉痛、冷え性、関節痛、疲労回復、運動器障害など。硫黄成分の含有量が日本一で、美肌の湯としても知られています。星空観賞会やスキー、ゴルフなど様々なレジャーと一緒に楽しめるスポットです。

入浴時間・料金

利用時間:11:00~16:00(最終受付15:00)
料金:大人1,300円/子供(小学生)650円

万座プリンスホテル公式サイト
https://www.princehotels.co.jp/manza/

豊国館(ほうこくかん)

効能豊かな「にが湯」の湯元を有す、温泉旅館「豊国館」。にが湯と呼ばれる温泉の泉質は「硫酸塩泉」で、胃腸病やリュウマチ、神経痛、呼吸器、婦人病などに効能があるとされています。乳白色の湯が特徴的で、露天風呂は広く深い開放感のある温泉になっています。露天風呂の浴槽は桧でできているため、肌あたりが良く、温かみのあるのが特徴。その他にも女性専用の露天風呂や男女専用の内風呂も利用可能です。隣にある万座ホテルに比べて、昔ながらの温泉旅館といった雰囲気になっています。

入浴時間・料金

利用時間:8:00~18:00
料金:大人500円/子供(小学生)300円

豊国館公式サイト
http://www.houkokukan.com/

【6位】栃木県・奥鬼怒温泉郷

栃木県日光市にある「奥鬼怒温泉郷」は、関東最後の秘湯とも言われる人里離れた場所にある温泉地。「加仁湯温泉」、「八丁の湯」、「日光沢温泉」、「手白澤温泉」の一軒宿が集まった温泉郷で「奥鬼怒四湯」とも呼ばれています。また、一軒宿以外にも自噴している野湯も。天然記念物に指定されている「湯沢噴泉塔」も有名です。人里離れた自然豊かな環境にありますので、日頃の喧騒を忘れてのんびりしたいという方におすすめです。

八丁の湯(はっちょうのゆ)

神秘的な森に囲まれた秘湯の宿「八丁の湯」。100%自然湧出のかけ流し温泉を楽しめ、泉質は「中性低張性高温泉」。中性のため湯が柔らかで刺激が、低張性なので身体への負担が少ないのが特徴です。昭和4年開業の歴史を持つ露天風呂「雪見の湯」をはじめ、正面に滝があるダイナミックな景観の中、入浴できる「滝見の湯」、滝の真横に位置する最も見晴らしの良い野天風呂「石楠花の湯」で混浴が楽しめます。女性専用の湯舟もあり、露天風呂ではタオルを巻いての入浴も可能です。

入浴時間・料金

利用時間:9:00~15:00
料金:大人800円

八丁の湯公式サイト
https://www.8tyo-no-yu.co.jp/index.php/topic/home_ja

加仁湯(かにゆ)

泉質の異なる5本の源泉が楽しめる温泉旅館「加仁湯」。加仁湯の源泉は「炭酸水素塩温泉」が主流を占めており、適度の遊離炭酸ガスを含むことから、血行促進するため体が温まり入浴感が得られます。露天風呂は三種類あり、どれも開放感溢れる造りで、うち二種類が混浴可能。5種類の小さなお風呂で5つの源泉を比較できる「利き湯 ロマンの湯」もおすすめです。また、水着が着用できる温泉プールも楽しめます。

入浴時間・料金

利用時間:9:00~15:00
料金:大人800円/子供(小学生)500円

加仁湯公式サイト
http://www.naf.co.jp/kaniyu/

日光澤温泉(にっこうざわおんせん)

標高約1,400mの高地にある「日光澤温泉」。泉質の異なる2つの露天風呂を利用でき、2ヶ所とも混浴です。泉質は「塩化物温泉」と「炭酸水素塩泉」。神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、慢性消火器病、冷え性、疲労回復、きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、高血圧症、糖尿病などに効能があります。日光国立公園内にあり、車での乗り入れができないため、約1時間半ほど歩いて訪れなければいけない秘湯スポットです。

入浴時間・料金

利用時間:9:00~15:00
料金:大人500円/子供300円

日光澤温泉公式サイト
http://www.nikkozawa.com/

【7位】群馬県・老神温泉

群馬県沼田市にある「老神温泉」は、「赤城山の神がこの地に出来た温泉で傷を癒した」という伝説が残る温泉地。片品川沿いに温泉街が広がっており、20件ほどの宿泊施設が点在しています。周辺には、「片品渓谷」や東洋のナイアガラと呼ばれる「吹割の滝」などの豊かな自然があり、尾瀬観光の宿泊所としても人気。4月から11月にかけて、名物の朝市が開かれており、関東一の朝市とも言われています。

金龍園(きんりゅうえん)

群馬県の老神温泉にある源泉かけ流しの温泉旅館「金龍園」。温泉の泉質は「単純温泉」で、効能は慢性皮膚病をはじめ、婦人病や冷え性、美肌効果、消化器病、五十肩、疲労回復、健康増進、切り傷です。露天風呂の「白根の湯」と内風呂の「皇海の湯」で混浴を楽しめます。女性専用の内風呂や貸切風呂も利用可能。全館畳敷きのため、ゆっくりとくつろげる温泉旅館です。

入浴時間・料金

利用時間:13:00~20:00
料金:平日500円/土日祝1,050円

金龍園公式サイト
http://kinryuen.com/info/hprenew/

伍楼閣(ごろうかく)

全国露天風呂百景に選ばれた露天風呂が自慢の宿「伍楼閣」。趣のある石造りの露天風呂「赤城の湯」と、片品渓谷の景観を眺めながら入浴できる露天風呂「岩鏡」で混浴が楽しめます。泉質は「単純泉」で、リュウマチや神経痛、筋肉痛、腰痛、呼吸器病、皮膚病、アトピー、疲労回復、うちみ、火傷、婦人病、美肌などに効能があるとされています。バラを浮かべた女性専用の大浴場「しぶつの湯」や「ひうちの湯」の脱衣所にはベビーベッドがありますので、子供連れの方にもおすすめです。

入浴時間・料金

利用時間:12:00~15:00
料金:1,000円(2時間)

伍楼閣公式サイト
http://www.gorokaku.com/

【8位】長野県・白骨温泉

長野県松本市にある「白骨温泉」は、中部山岳国立公園区域内にある、自然あふれる温泉地です。飛騨山脈の山々の麓に位置する山峡に温泉街を形成しています。白骨温泉は「3日入れば、3年風邪をひかない」とも言われている、霊泉的効能の高い温泉。胃腸病に効能のある飲湯のできる温泉で作った、名物の「温泉がゆ」もおすすめです。

泡の湯旅館(あわのゆりょかん)

信州の秘湯、白骨温泉の山々の中にひっそりと佇む温泉宿「泡の湯」。春は桜、夏は緑いっぱいの山々、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の風情を感じながら浸かれる混浴露天風呂が自慢です。空気に触れることで乳白色に代わる美しい色の温泉で、泉質は「炭酸水素塩温泉」。慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病、高血圧症、慢性消化器病、病後回復期、疲労回復、神経痛、筋肉痛、関節痛などに効能があるとされています。混浴露天風呂のお湯は濁り透けませんので、女性も目線を気にすることなく温泉を楽しめます。

入浴時間・料金

利用時間:10:30~13:30(14:00退館)
料金:大人1,000円/子供(3歳~小学生)600円

泡の湯旅館公式サイト
https://www.awanoyu-ryokan.com/

丸永旅館(まるえいりょかん)

昔ながらの温泉情緒を感じる温泉旅館「丸永旅館」。源泉かけ流しの露天風呂では白骨温泉ならではの白濁の湯を、白骨の大自然を眺めながら楽しめます。神経痛や筋肉痛、運動麻痺、慢性消化器病、冷え性、疲労回復、皮膚病、慢性婦人病、便秘、痛風、糖尿病、高血圧、貧血、リュウマチなど様々な効能があり、泉質は「炭酸水素塩水」。バスタオルを着用したまま入浴できますので女性でも安心です。入って効果あり、飲んで効果ありの白骨の湯は、飲泉においては胃腸などの局所的に良いとされるほか、全身に作用する効果があると言われています。

入浴時間・料金

利用時間:11:00~14:00
料金:600円

丸永旅館公式サイト
http://www.maruei.in/

【9位】神奈川県・箱根温泉

神奈川県足柄下郡箱根町にある「箱根温泉」は、全国的にも有名な温泉地のひとつです。箱根の玄関口にある「箱根湯本温泉」をはじめ、「強羅温泉」に「蛸川温泉」、「木賀温泉」など、数多くの温泉が湧出。箱根火山の麓から中腹までに、数多くの温泉街が形成されています。温泉だけでなく、たくさんのアクティビティが楽しめますので、家族連れやカップルなど様々な方に人気のスポットです。

湯さか荘(ゆさかそう)

箱根で唯一混浴庭園露天風呂が楽しめる温泉旅館「湯さか荘」。男女両方の内湯から露天風呂に入れますので、カップルや家族連れで湯あみを楽しめます。女性は湯あみタオルが着用可能。泉質は「単純温泉」で、無色透明無臭。神経痛、筋肉痛、関節痛、うちみ、くじき、慢性消化器病、疲労回復、健康増進などに効能があるとされています。檜の貸切半露天「早雲の湯」は、夏は窓を開いて半露天でゆっくりと浸かれます。おむつ替台とベビーソープもありますので、小さな子供連れの方におすすめです。ミニ卓球台や漫画や本、無料のコーヒーなどが楽しめるロビーラウンジも利用できます。

入浴時間・料金

日帰り入浴プランあり(要確認)

湯さか荘公式サイト
https://www.yusaka.jp/

箱根小涌園ユネッサン(はこねこわきえんゆねっさん)

箱根温泉にあるアミューズメントパーク「箱根小涌園ユネッサン」。箱根の自然を堪能しながら遊べる野外温泉アミューズメントや、全天候型の屋内温泉アミューズメントなど、水着で楽しめる温泉がたくさんあります。温水プールのような広大な浴槽はもちろん、ワイン風呂やコーヒー風呂、ドクターフィッシュの足湯など、他ではなかなか体験できないお風呂も。水深30cmの子供用の浴槽もありますので、小さな子供連れも安心です。箱根外輪の絶景を眺めながら露天風呂が楽しめる、本格温泉施設の「森の湯」もおすすめ。

入浴時間・料金

水着エリア
利用時間:10:00~18:00(土日祝・繁忙期9:00~19:00)
料金:大人2,500円/子供1,400円
温泉エリア
利用時間:11:00~19:00(土日祝・繁忙期11:00~20:00)
料金:大人1,500円/子供1,000円

箱根小涌園ユネッサン公式サイト
https://www.yunessun.com/

【10位】東京都・式根島

東京から高速船で約3時間の場所にある「式根島」。透明度の高い海と白い砂浜などの大自然に囲まれた島で、釣りや海水浴、サイクリングなど様々なアクティビティが楽しめます。また、温泉でも定評がある島で、水着を持参すれば、24時間いつでも入浴できる露天風呂も。すべて無料で楽しめますので、島でいっぱい遊んだ後は温泉でゆっくり…などといった楽しみ方もおすすめです。

足付温泉(あしつきおんせん)

式根島で唯一、無色透明のお湯が楽しめる「足付温泉」。海辺の大きな岩によって形成されたワイルドな温泉です。温泉の泉質は「塩化物強塩温泉」で、切り傷、擦り傷、筋肉痛、冷え性、痔、皮膚病に効能があります。別名「外科の湯」と呼ばれ、医療機関のなかった頃は住民の命の水として大変貴重な泉だったとのこと。式根島のパワースポットとしても有名な式根松島の壮大な景観を観ながら温泉が楽しめる、ということでも人気の温泉になっています。

入浴時間・料金

利用時間:24時間
料金:無料

新島村公式サイト
http://www.niijima.com/facility/spa/onsen_shikine_ashituki.html

地鉈温泉(じなたおんせん)

まるで岩山をナタで割ったような珍しい地形の絶景温泉「地鉈温泉」。神経痛や冷え性に効能があることから、別名「内科の湯」とも呼ばれています。温泉評論家の「野口冬人氏」が選定した露天風呂番付で、東の張出横綱に番付けされていることでも有名な温泉です。地鉈温泉に行く途中の壁に空いている「湯加減の穴」は、地中の温泉の源泉と繋がってるため、手を入れるとほんのり温かさを感じます。昼間の入浴も良いですが、夜に訪れると満天の星空の下での湯あみを満喫できます。

入浴時間・料金

利用時間:24時間
料金:無料

式根島公式サイト
https://shikinejima.tokyo/hotspring/jinata/

松ヶ下雅湯(まつがしたみやびゆ)

地鉈温泉に入るためには、長い階段を上り下りしなければいけないため、もっと気楽に温泉を楽しんでもらいたいということで作られた温泉が「松ヶ下雅湯」です。海岸にある地鉈温泉や足付温泉と違って、潮の干潮を気にせず快適に入浴することが可能。泉質はほとんど地鉈温泉と変わりません。夜に訪れると、ほんのりと灯りが灯っていますので、風情のある中での入浴が楽しめます。

入浴時間・料金

利用時間:24時間
料金:無料

新島村観光情報サイト
https://www.niijima.com/kankou/shikinejima/spot/miyabiyu.html

この記事の執筆者
成谷 アキラ

関連キーワード