MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > ながら運転違反対象の罰則内容は?減点数から反則金(罰金)一発免停のケースまとめ
カーライフ

更新

ながら運転違反対象の罰則内容は?減点数から反則金(罰金)一発免停のケースまとめ


あなたは、ながら運転の罰則内容をご存知ですか?ながら運転について警察庁の公式サイト上では、クルマの運転中にスマートフォンやカーナビを操作するなど「必要のない行為を並行して運転する」ことを指しています。

2019年12月1日より、日本政府は道路交通法を改正しました。今までの道路交通法でもながら運転による罰則が存在していましたが、より一層の罰則強化が実施されたのです。このページでは、ながら運転の違反となった場合の減点数や反則金の概要について紹介します。

ながら運転の対象は?

運転中のスマートフォン使用
©Molostock/stock.adobe.com

まず最初に、ながら運転の対象となる行為について罰則の概要を交えて紹介します。

道路交通法第71条『運転者の遵守事項』五の五「当該自動車が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他無線通話装置を通話のために使用、または持ち込まれた画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと。」

つまり、道路交通法の内容によれば、以下の例が違反の対象となるのです。

  • スマートフォンを手に持って通話する
  • スマートフォンを手に持って画面を目で確認する
  • カーナビの画面を操作・確認する

スマートフォンを手に持って通話する

運転中にスマートフォンを手に持って相手に通話する行為は、ながら運転にあてはまり、道路交通法違反となります。例をあげると、運転中に会社から急な仕事の連絡が入り、着信を受けてしまったとしても、ながら運転の対象です。

スマートフォンを手に持って画面を確認する

運転中にスマートフォンを手に持って画面を確認する行為は、ながら運転の対象となります。例えば、駅にいる友人をクルマで迎えにいったとしましょう。運転中に待ち合わせ場所がわからなくなり、インターネットで場所検索をするためにスマートフォンの画面を確認しただけでも、ながら運転の対象です。

カーナビの画面を操作・確認する

カーナビの画面を運転中に確認するだけでも、ながら運転の対象となるのです。例えば、運転中にお腹が空いてラーメン屋さんに行きたくなったとしましょう。ラーメン屋さん探しのためにルート検索をします。その時、カーナビの画面に目が行った状態で運転をしているならば、ながら運転の対象です。

ながら運転の基準とは?「保持」と「交通の危険」の違いって何?

運転中のスマートフォン使用
©fotofabrika/stock.adobe.com

ながら運転の基準について詳しく、わかりやすく解説しましょう。

道路交通法第71条五の五で「携帯電話機や無線通信機の通話および画面注視の禁止」事項として、スマートフォンやカーナビを始めとした「携帯電話などの使用」についての罰則が定められているのです。

携帯電話などの使用という単語が気になった方もいるのではないでしょうか。「保持」および「交通の危険」の2つの項目によって、罰則と違反点数に差が出てくるのです。以下、携帯電話などの使用について説明します。

保持

携帯電話などの使用の保持とは、「携帯電話を保持して通話したり画像注視したりした場合」が該当します。つまり、携帯電話を運転中に手で持った状態で操作していると「保持」に該当するのです。

例えば、以下の行動が「保持」にあてはまります。

  • 携帯電話を保持した状態での通話
  • 携帯電話を保持した状態での画像注視

交通の危険

携帯電話などの使用の「交通の危険」とは、「携帯電話の使用により事故を起こすなど交通の危険を生じさせた場合」を指します。つまり、携帯電話を使用して交通事故を起こしてしまうと、「交通の危険」に該当するのです。

例えば、以下の行動が「交通の危険」にあてはまります。

  • 携帯電話を保持した状態での通話
  • 携帯電話を保持した状態での画像注視(カーナビも含む)
  • 携帯電話を保持していない状態での画像注視(カーナビも含む)

懲役の可能性も?ながら運転の罰則や反則金について

運転中のカーナビゲーション使用
©miya227/stock.adobe.com

ながら運転の罰則について紹介します。罰則は携帯電話などの使用の「保持」および「交通の危険」に沿って状況に応じ異なります。

以下、政府広報のサイト上で明記されている罰則や反則金を簡単に解説します。改正前と、2019年12月1日以降の改正後の違いについて触れておきましょう。

罰則の一覧

以下、罰則の一覧をまとめたので解説します。

項目 改正前 改正後(2019年12月1日以降)
携帯電話の使用など(保持のみ) 5万円以下の罰金 6ヶ月以下の懲役 or 10万円以下の罰金
携帯電話の使用など(交通の危険) 3ヶ月以下の懲役 or 5万円以下の罰金 1年以下の懲役 or 30万円以下の罰金

罰則のポイントとしては、道路交通法の改正によって、交通事故の有無に関係なく懲役を受ける可能性が設けられた点です。

改正前までは携帯電話を持って通話や画面に注視していた状態での検挙であれば、懲役を受けることはありませんでした。しかし、法律の改正によって携帯電話を持った状態のみでの検挙であっても、6ヶ月以下の懲役、もしくは10万円以下の罰金が科せられるシステムに変更となりました。事故の有無に関係なく、懲役を受ける可能性があるのです。

懲役に加え、罰金の金額も引き上げられました。懲役もしくは罰金のいずれかが罰則として科せられます。保持のみでも最大10万円、交通の危険に該当する場合でも最大30万円が科せられる可能性があるのです。

反則金の一覧

以下、反則金の一覧をまとめたので解説します。

項目 改正前 改正後(2019年12月1日以降)
携帯電話の使用など(保持のみ)大型車:7,000円
普通車:6,000円
二輪車:6,000円
原付自転車:5,000円
大型車:25,000円
普通車:18,000円
二輪車:15,000円
原付自転車:12,000円
携帯電話の使用など(交通の危険)大型車:12,000円
普通車:9,000円
二輪車:7,000円
原付自転車:6,000円
適用なし(罰則が課せられる)

反則金のポイントは、道路交通法改正後の反則金額の設定が見直された点です。

「交通の危険」に該当する場合、改正によって反則金の適用がなくなりましたが、反面罰則が厳しくなり、1年間の懲役もしくは最大30万円の罰則が課せられます。また、「保持」のみでも、普通車の場合は改正前の反則金が6,000円でしたが、改正後は3倍の1万8,000円に変更されました。

道路交通法の改正に伴い、罰則と同様に反則金に関しても厳しくなったのです。

一発免停?ながら運転の違反点数について

免許証の画像
©巧 小川/stock.adobe.com

ながら運転の違反点数について触れていきます。罰則や反則金同様、違反点数も携帯電話などの使用の項目で「保持」「交通の危険」によって異なるのです。また、ながら運転による違反により、免許停止処分になってしまう例を紹介します。

ながら運転の違反点数

ながら運転の違反点数をまとめたので、解説します。

項目/改正前後 改正前 改正後(2019年12月1日以降
携帯電話の使用など(保持のみ)基礎点数:1点基礎点数:3点
携帯電話の使用など(交通の危険) 基礎点数:2点 基礎点数:6点

違反点数のポイントは、道路交通法改正後の点数が「保持」「交通の危険」問わずに3倍づつ引き上げられました。特に、交通の危険に該当した場合は、無事故無違反で過去に違反点数が無かった場合でも免許停止処分を受けるのです。

違反点数の計算方法

ながら運転も含めた、交通事故や違反を犯した際の点数計算方法があります。
以下、簡単に概要をまとめたので、参考にしてみて下さい。

  • 交通違反や交通事故をした日から起算して、過去3年間の点数が計算される
  • ただし、過去1年以上の間、無事故、無違反で過ごした場合は累積点数が加算されない
  • 運転免許の取消しや停止処分を受けて、無事故、無違反で取消し期間、又は停止期間を過ごした場合は累積点数が加算されない
  • 軽微な違反行為(3点以下の交通違反)を過去2年間に違反行為をしたことがなく、かつ、軽微な違反行為をした後、3ヶ月間に違反行為をしなければ累積点数が加算されない(「3ヶ月ルール」とも呼ばれる)
  • 軽微な交通違反を繰り返し、累積点数が6点となり、違反者講習を受講した場合は累積点数が加算されない

免許の種類や違反状況によっては一発免停に

車の中で悲しんでいる男性
©Photographee.eu/stock.adobe.com

所有している免許の種類、過去の違反状況によって免許停止処分を受けるか受けないかが変化します。以下、例をあげているので参考にしてみてください。

初心者(免許取得後1年未満)がながら運転の罰則を受けた場合

免許を取得して1年未満の例をまとめてみました。

違反状況累積の違反点数 処分内容 
無事故無違反の状態 3点以上 「初心運転者講習」を受ける義務が生じる
「初心運転者講習」を受講し、合格後 3点以上 再試験まで受験し不合格、もしくは辞退した場合
「免許取消処分」
「初心運転者講習」に不合格、もしくは受講しなかった場合 点数該当なし 再試験まで受験し不合格、もしくは辞退した場合
「免許取消処分」

普通自動車免許や原付自転車免許、普通二輪車免許、大型二輪車免許を取得し、1年以内は初心運転者期間制度が設けられています。しかし、1年以内に累積で3点以上の累積違反点数となった場合は、初心運転者講習を受ける義務が発生するのです。

初心運転者講習に不合格、または辞退した場合は再試験が行われます。再試験でも不合格であった場合、免許が取り消しとなります。また初心運転者講習を受験し合格した場合でも、累積の違反点数が3点以上となれば再試験を受けなければなりません。

累積違反点数が3点以上の初心者が対象。現行の道路交通法の場合携帯電話などの使用の保持が違反点数3点となるので、無事故無違反の場合でも即、初心運転者講習にあてはまるのです。

初心者以外の運転者がながら運転による罰則を受けた場合

違反状況累積の違反点数処分内容
1年以内に違反歴がある状態6点以上免許停止処分
1年以内に違反歴がある状態 5点以下累積に加点される
1年以上、無事故無違反の状態6点以上免許停止処分
2年以上、無事故無違反の状態6点以上免許取消処分
2年以上、無事故無違反の状態5点以下累積に加点される
2年以上、無事故無違反の状態初回の違反で、3点までの違反の場合『3ヶ月ルール』の適応

上記の違反状況に問わず、6点以上の交通違反を犯した場合は、免許停止処分を受けることとなります。ながら運転の場合、携帯電話などの使用で「交通の危険」にあたる場合は6点の違反点数が科せられるので、免許停止処分となります。

携帯電話などの使用で「保持」の場合は、違反点数が3点ですが、2年以上、無事故無違反で違反した場合は「3ヶ月ルール」が適用されます。初回の違反をして3ヶ月以上無事故無違反で過ごせば、違反した3点までの点数が累積として加算されないのです。

ゴールド免許で違反した場合

お持ちの免許証の色がゴールドの状態で違反した場合、3ヶ月ルールを守れば違反点数は累積加算されません。ただし、違反した履歴は残るので、次回の免許更新時は免許証の色がブルーとなります。違反により、自動車保険の割引を受けられなくなる恐れがあるので、常に安全運転を心掛けましょう。

ながら運転の罰則強化の背景

運転中にスマートフォンを使う男性
©Paolese/stock.adobe.com

なぜ、ながら運転の罰則は強化されているのでしょうか。
理由として、携帯電話やカーナビを使用した交通事故件数の増加があげられます。

以下、年度別の事故件数を簡潔にまとめました。

事故件数/年度 2014 20152016 2017 2018
総事故件数 2,192 2,537 2,605 2,832 2,790
うち死亡事故件数 31 39 36 40 42

2014年の2,192件以降、事故件数は右肩上がりを続けており、2018年には1.25倍の2,790件まで増加しています。よって、事故件数の増加が罰則強化に影響を与えているのです。

また、警察庁の公式サイトでは自動車が2秒間に進む距離について触れており、「時速60kmで走行している場合、2秒間で約33.3m進む」と明記しています。スマートフォンやカーナビに気を取られているうちに、重大な事故につながると示しているのです。

ながら運転の罰則内容まとめ

ここまで、ながら運転の違反、罰則の内容を紹介してきました。以下、簡単なおさらいです。

  • 道路交通法改正により罰則も違反点数も最大3倍と厳しくなっている
  • 懲役の可能性もある
  • 「運転の危険」に該当すれば一発免停となる
  • 免許の種類や違反状況で処分が変わる

あなたも、安全運転を心掛けて、一発免停などの違反がない優良ドライバーを目指しましょう。

すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY第3編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード