MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > タイヤ交換総まとめ|タイヤの寿命・交換時期から方法・工賃相場まで
役立つ情報

更新

タイヤ交換総まとめ|タイヤの寿命・交換時期から方法・工賃相場まで

タイヤの寿命と交換時期

タイヤの並んだ棚

タイヤは使い続けていたり、製造から時間が経過したりすると摩耗・劣化し、本来の性能を発揮できなくなります。タイヤの寿命や劣化のサインを見極め、新品への交換が必要です。

タイヤの寿命・交換時期をみきわめるポイントは、以下4つです。

  • タイヤの残り溝(スリップサインやプラットフォーム
  • タイヤ交換してからの走行距離
  • ゴムのヒビ割れや傷の有無
  • 製造からどれくらい年数が経過しているか

タイヤの寿命・交換時期のみきわめ方について、詳しくは以下記事をご覧ください。

スタッドレスタイヤの交換時期

スタッドレスタイヤを装着した車

雪が降る前には夏タイヤからスタッドレスタイヤへの交換を、道路から雪が消えたらスタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換を行います。東京都内を例に挙げると、夏→冬タイヤへの交換は12月上旬、冬→夏タイヤへの交換は3月下旬~4月上旬が一般的のようです。目安としては外気温7℃をボーダーにしてみてください。

夏タイヤでの雪道走行の危険性はよく知られていますが、タイヤが柔らかく制動距離の長いスタッドレスタイヤで乾いた道を走ることもお同様に危険です。安全な走行のため、季節や道路状況に合ったタイヤに交換しましょう。

スタッドレスタイヤへの交換、夏タイヤへの交換について、詳しくは以下記事をご覧ください。

タイヤ交換は自分でできる?時間と方法

ホイールナットを締める

タイヤ交換の手順は「タイヤの取り外し」と「タイヤの取り付け」。ジャッキ、輪止め、レンチがあれば自分で行うこともできます。かかる時間は4本のタイヤ交換に1時間程度が目安です。

自分でタイヤ交換を行う際の注意点は以下の通り。

  • 平坦で平らな場所でジャッキアップする(坂道、砂利の上、柔らかい土の上などはNG)
  • 車が動かないようサイドブレーキをかけ、輪止めをする
  • 必ずジャッキアップポイントにジャッキをかける
  • ホイールナットを緩める、締めるときは1箇所だけ回さず、各箇所を少しずつ回していく
  • ホイールナットを締めたあとは、トルクレンチを使って適正なトルクに調整する(手元にない場合は、ガソリンスタンドや最寄りの整備工場へ)

自分で行うタイヤ交換の手順・やり方について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

タイヤ交換を依頼できる店舗・場所と工賃の相場

タイヤ空気圧の調整

自動車ディーラーや整備工場、タイヤ販売店、カー用品店、ガソリンスタンドなどに、タイヤ交換を依頼することもできます。タイヤ交換工賃の相場は1本1,000円程度~。ただし、タイヤ販売店やカー用品店では、店舗でタイヤを購入することが前提となっている価格設定の場合もありますので、店舗に確認しましょう。

こうしたディーラーや工場、専門店にタイヤ交換を依頼するメリットは、交換からトルク、空気圧の調整まで全てをおまかせできる安心感があることです。ただし、こうした店舗はタイヤ交換シーズンは混み合っています。早めの依頼か、予約を行うのがおすすめです。

持ち込みタイヤ交換を依頼した場合の値段は?

スタッドレスタイヤを装着した車

タイヤ販売店やカー用品店に依頼する際、店舗でタイヤを購入せず、持っているタイヤへの交換ができる場合があります。自店でタイヤを購入してもらうほうが店にとって利益が出ることから「持ち込みのタイヤ交換は不可」としている店舗もありますので、持ち込みのタイヤ交換が可能かは事前に店舗に問い合わせてみましょう。

持ち込みでのタイヤ交換工賃の相場は1本2,000円程度~と、店舗で購入したタイヤに交換する際よりも高くなる傾向があります。

持ち込みタイヤ交換の工賃・料金について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

そのほかタイヤ交換に関して読んでおきたい記事

この記事の執筆者
MOBY編集部